magazine

食べもの

2020.05.25

【栄養士監修】犬はオクラを食べても大丈夫?手作りご飯の前にオクラの栄養素・与え方をチェック

ネバネバとした食感が特徴のオクラ。夏には、夏バテ予防として食べることも多い夏野菜ですが、オクラを犬に与えても大丈夫なのでしょうか?今回は、オクラの栄養や効能、美味しく食べるコツと目安量について紹介します。

Author :関 ゆりな/ドッグライター(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬はオクラを食べても大丈夫?

犬がご飯を食べる前の様子

結論から言うと、オクラは犬に与えても大丈夫な食材です。犬にとっての中毒成分は含まれていないので、問題なく与えることができます。しかし、与え方には注意が必要ですので、後半の説明をしっかり読みましょう。

愛犬にご飯を作る前に|オクラの主成分・効能って?

ざるに入ったオクラ

日本では6~8月に旬を迎えるオクラは緑黄色野菜のひとつで、ビタミンやミネラル、食物繊維などが多く含まれています。ここではオクラには、どんな栄養素があり効果効能があるのかをご説明していきます。

ペクチン

オクラは食物繊維が豊富で、キャベツの2.5倍の量が含まれています。 ペクチンとは、オクラのネバネバ成分である水溶性食物繊維のこと。このペクチンは、腸内の善玉菌を増やしてお腹の調子を整える整腸作用や、体内でコレステロールが吸収されるのを防ぎ、血糖値の急激な上昇を抑制する作用もあります。また、大腸ガンのリスクを減らす効果が期待されています。 食物繊維が豊富なので、愛犬が便秘気味のときに少量を与えるのもいいでしょう。

カリウム

カリウムはミネラルの一種で、塩分を摂りすぎないよう排出する作用があり、血圧を下げる働きがあります。また、利尿作用を促進させて、体内の水分調節を行っています。

βカロテン

βカロテンは、強い抗酸化作用があると言われており、皮膚や胃腸などの粘膜を強化。犬の健康維持を助けます。また、免疫力を高めて感染症を予防したり、ガン予防や視力の維持なども期待されています。

犬にオクラを美味しく食べてもらうコツ・与える目安量は?

切ったオクラ

オクラには、犬に必要な栄養素が含まれていることが分かりました。特に手作りごはんを食べている犬は、積極的に与えたいところですね。ここでは、オクラを犬が美味しく食べて、栄養素を吸収させるための注意点について紹介します。

細かく刻む

犬にオクラを与える場合、生で与えても大丈夫ですが、初めて与える場合にはサッと茹でて柔らかくして与えるようにしましょう。長時間加熱してしまうと栄養素が流れ出てしまうので、軽く火を通す程度で十分です。

また、生でも加熱して与えるにしてもオクラは食物繊維が多いので、できるだけ細かく刻んで与えるようにしましょう。種は消化できないので、ミキサーなどでペースト状にすると尚良いですね。

産毛を取り除く

オクラには、細かな産毛が生えています。産毛を取り除かずに与えてもいいのですが、チクチクとしていて不快感を感じて食べない子もいます。また、産毛が腸壁を刺激してお腹がゆるくなってしまうことも。

産毛は洗ったオクラに塩を適量振りかけ、まな板で板ずりすると簡単に取ることができます。板ずりした後は、表面についた塩をよく洗い流してから与えてください。 特に、生で与える場合は板ずりをして産毛を取り除いて与えるのがおすすめです。

目安量

オクラを犬に与える目安量としては、体重5kgの犬であれば2本程度、体重10kgであれば4~5本とされています。この数字は、オクラ一本を10gとして算出いるので、一本の大きさによっても与える量は異なります。愛犬の体質によっても差が生じますので、愛犬の体調を見ながら与える量を調節しましょう。

オクラのネバネバの力で愛犬も元気に!

犬 オクラ

オクラは栄養豊富な食材で、犬の免疫力を高めてくれる野菜です。しかし、食物繊維が豊富なので、与えすぎるとお腹をゆるくしてしまうことも。栄養バランスの取れた総合栄養食を与えている場合は、少量をフードにトッピングして与えるなど、食べさせる量に気をつけながら愛犬の食事に取り入れてみましょう。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.05.25

この記事をシェアする