magazine

食べもの

2020.05.17

【栄養士監修】スーパーフード入りで話題の犬用フード「プラペ!」を徹底調査

世界160カ国に配信されている「ディスカバリーチャンネル」の中でも、自然と動物に特化した番組「アニマルプラネット」とのコラボレーションによって設立されたイギリスのプラネットペット社がリリースするドッグフードが「プラペ!」です。最高品質の自然素材を使用して作られているドッグフードとは、どのようなものなのでしょうか。プラペ!のこだわりや原材料、口コミをご紹介します。

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

プラペ!の特徴とは

プラペ!のこだわりは、グレインフリー、添加物、香料不使用、オールナチュラル、人間が食べられるハイクオリティで新鮮な原材料を使用しているところ。また、13種類のスーパーフード入りであることや徹底した品質管理が行われているところも大きな特徴です。さらに、販売業者を介さず、直接ペットオーナーに届けられるという独自のシステムによって、リーズナブルな価格帯で提供されていることも大きな魅力なのではないでしょうか。

13種類のスーパーフードとは?

プラネットペット社の創設者が、ある日宣告されたステージ2のガン。プラペ!のドッグフードには、この創設者のガンとの戦いが活かされています。世界中のガン専門医から得た知識をもとに、開始した食事療法によってガンが完治したことから編み出されたレシピが、この13種類のスーパーフードなのです。プラペ!のドッグフードは、基本となる13種類の食材に加え、ハーブやプレバイオティクスなどが原材料に加わっています。

ガンと食事の関係に注目したレシピ作り

近年犬のガンも増え続け、そのために命を落とす犬が急増しています。そこに着目したプラペは、毎日犬が食べるフードは最高品質であるべきだと考え、犬の健康を守るために13種類の必須スーパーフードを配合したドッグフードの開発を開始。その結果、プラネットペット栄養学チームによって、人間が食べることができるハイクオリティフードが仕上げられたのです。

たんぱく質の含有量は50%以上

犬は肉食であったオオカミの遺伝子を持つ動物です。そのため、最も消化・吸収しやすい食材は肉類。プラペ!の原材料として使用されているチキン、ターキーはスコットランドの農家によって放し飼いで飼育されたハイクオリティなもの。また、魚類もイギリスの漁師から直接届けられた新鮮なものを使用しています。

化学成分フリー・グレインフリーであること

プラペ!が注目する成分がドッグフードに欠かせない成分の一つ、防腐剤です。防腐剤にはさまざまなタイプがありますが、安価なドッグフードには発ガン性のある添加物が使用されていることが多く、ドッグフードの安全性について疑問が生じます。プラペ!では、この防腐剤も天然由来のものを使用し、『化学物質を一切含んでいないドッグフード』に仕上げています。
また、多くの高品質なドッグフードが掲げているグレインフリー。プラペ!もアレルギーや健康被害をもたらす穀物は不使用。犬には穀物を消化するための消化酵素アミラーゼが少ないことに加え、トウモロコシや小麦などが有毒な化学物質に汚染されている場合に起こる健康被害を重要視した結果と言えます。

どのタイプも同じ価格が嬉しい

通常のドッグフードは主原料によって価格が異なりますが、プラペ!の特徴はすべてのドッグフードが2kg3800円(税抜き)であること。また、特典付きの定期購入は直販だからこそのお得感があります。いつも同じフードでは飽きてしまうという子も、プラペ!なら同価格でフードローテーションを組むことが可能です。

プラペの基本情報

犬 フード プラぺ

プラペの特徴でもあるのが低温調理法です。高温で加工する通常のドッグフードに比べ、低温調理された食材は本来食材が持つ栄養素を逃すことなく閉じ込めることが可能です。
プラペ!のドッグフードは、CPシニア、ターキー&クランベリー、CPチキン&ターキー、ラム、サツマイモ&ミント、ツナ&トラウト&ブロッコリーの5タイプ。すべてのドッグフードには13種類のスーパーフードが配合されています。ここでは、5タイプに使われている原材料についてご紹介します。

配合されているたんぱく質は50%以上

プラペ!のドッグフードには、どのタイプにも50%以上の動物性たんぱく質が配合されています。品質に徹底的にこだわったプラペ!の主原料を見ていきましょう。

イースト・アングリア産フリーレンジチキン

フリーレンジとは、「放し飼いで育てられたチキン」のことを指します。オーガニックの餌でストレスなく育てられたチキンは、アミノ酸が豊富なことで知られています。

バークシャー産フリーレンジターキー

オメガ6が豊富に含まれるターキーは、アレルギー体質の犬でも食べることができる人間にも美味しい食材です。

ウェルシュ&イングリッシュラム

牧草だけで育てられた羊は、犬の健康維持に有効な良質なたんぱく質源となり、体を温める作用がある食材としても知られています。その他、アレルギー体質の犬、シニアの犬に向いています。

スコットランドサーモン

ドゥアート湖産の最高品質のスコットランドサーモンを使用。サーモンには、犬にとって有効なビタミンやパントテン酸、オメガ3、オメガ6など犬の健康維持に必要な栄養素が豊富に含まれています。

ウィルトシャー州産トラウト

エイボン川産の高品質なトラウトを使用。サーモンと同じく豊富な栄養が含まれています。

13種類のスーパーフードとは

健康に役立つとされる13種類の原材料を厳選し配合している、プラペ!のドッグフード。気になる13種類は次の通りです。
血糖値の上昇を抑えるさつまいも、抗菌性が高く消化を助けるココナッツオイル、抗酸化物質が豊富なリンゴ、βカロチンと殺菌作用のある天然成分ファルカリノールが豊富なニンジン、免疫力を高める物質を含む有機セレン、抗菌作用、抗コレステロール作用の他に体を温める効果もあるショウガ、炎症の抑制をはじめさまざまな効果が期待できるウコン、βカロチン豊富で栄養価の高いかぼちゃ、鉄分、ビタミンAが豊富なほうれん草、フラボノイドを含むブロッコリー、犬には欠かせないミネラルが豊富な海藻、カテキンの抗酸化物質が期待できる緑茶、ビタミンC、タンニンを含むクランベリー。
この13種類の食材がすべてのドッグフードに配合されています。

プラペ!の原材料を種類別に検証

CPチキン&ターキー

アレルギーのある犬や胃腸の弱い犬にも対応するプラペ!の主力ドッグフードです。
対応犬種:全犬種
主原料:チキン&ターキー60%以上
原材料:チキン&ターキー60%(新鮮に調理されたチキン、新鮮に調理されたターキー、乾燥チキン、乾燥ターキー、鶏脂、チキンストック2%を含む)、サツマイモ、ヒヨコ豆、レンズ豆、エンドウ豆、卵、アルファルファ、サーモンオイル、ビタミン、ミネラル、ココナッツオイル、リンゴ、にんじん、ターメリック、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリ、ショウガ、海藻、クランベリー、緑茶エキス、ローズマリー、ユッカ・シジゲラ(480mg/kg)、グルコサミン、プロバイオティクス(エンテロコッカス・フェシウム) 、 メチルサルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン硫酸、プレバイオティクスFOS

CPシニア

シニアのために作られた消化・吸収に優れたレシピ。筋肉量の維持、代謝維持、認知機能低下防止などを考慮したアンチエイジングを目指したフードです。
対象犬種:シニア全犬種
主原料:チキン&ターキー60%以上
原材料:チキン&ターキー60%(新鮮に調理されたチキン、新鮮に調理されたターキー、乾燥チキン、乾燥ターキー、鶏脂、チキンストック2%を含む), サツマイモ, ヒヨコ豆、レンズ豆,アルファルファ、 エンドウ豆、卵、サーモンオイル, 亜麻仁, ビタミン、ミネラル、ココナッツオイル、リンゴ、にんじん、ターメリック、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリ、ショウガ、海藻、クランベリー、グルコサミン(950mg/kg), コンドロイチン硫酸(750mg/kg), 緑茶エキス、ローズマリー、ユッカ・シジゲラ(480 mg/kg), L-カルニチン(480mg), プロバイオティクス(善玉菌-エンテロコッカス・フェシウム, ラクトバチルス菌) 、メチルサルフォニルメタン(MSM)、有機セレン、プレバイオティクスFOS

ラム、サツマイモ&ミント

皮膚が敏感な犬や胃腸の弱い犬のために考慮された低アレルギーのフードです。
対象犬種:全犬種
主原料:ラム50%以上
原材料:ラム50%(新鮮に調理されたラム26%、乾燥ラム、ラムストックを含む)、サツマイモ、エンドウマメ、亜麻仁、サーモンオイル、ビタミン、ミネラル、野菜消化物、ミント、プロバイオティクス(エンテロコッカス・フェシウム) 、メチルサルフォニルメタン(MSM)、有機セレン, プレバイオティクスFOS

トラウト、サーモン&アスパラガス(シニア)

シニアや肉アレルギーのある犬にマッチする低アレルギー性・低脂肪のドッグフードです。
対象犬種:全犬種(特にシニア、アレルギーのある犬)
主原料:トラウト&サーモン50%
原材料:トラウトおよびサーモン50%(新鮮に調理されたトラウト30%、乾燥サーモン11%、新鮮に調理されたサーモン4%、サーモンオイル3%、サーモンストック2%を含む)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウマメ、ビートパルプ、エンドウタンパク質、亜麻仁、ポテトタンパク質、ミネラル、ビタミン、野菜ストック、アスパラガス、グルコサミン(1kg当たり170mg)、MSM(1kg当たり170mg)、コンドロイチン硫酸塩(1kg当たり125mg)、フラクトオリゴ糖(1kg当たり92mg)、マンナンオリゴ糖(1kg当たり23mg)、有機セレン、L-カルニチン(1kg当たり480mg)

ツナ&サーモン&ブロッコリー

肉アレルギーの犬におすすめの魚を主原料にしたドッグフードです。
対象犬種:全犬種(特にシニア、アレルギーのある犬)
主原料:ツナ&サーモン50%
原材料:ツナ&サーモン50% (新鮮に調理されたツナ、乾燥サーモン、 サーモンオイル),サツマイモ、エンドウマメ、亜麻仁、ビタミン、ミネラル、野菜ストック、ブロッコリ、プロバイオティクス(エンテロコッカス・フェシウム) , MOS (23mg/kg), FOS(92mg/kg),プレバイオティクス,有機セレン>

プラペ!の口コミ

最高品質の主原料や原材料を使用した、クオリティの高いフードという印象を受けるプラペ!ですが、口コミはどうでしょうか?インスタグラムでの口コミをご紹介します。

この投稿をInstagramで見る

#repost @saku.shibachan #ぱるのび . わーいわーい! 私のごはんが届いたよ?? #プラペごはん 一粒たりとも残したこと ございませんー?? . 毛並みがすごく変わったし 体にいい原材料ばかり . たまにブロッコリーや ささみをトッピングしてます . さっそく一緒に送って頂いた おもちゃで遊ぶ→即ちぎる笑 . 手術翌日のさくだけど いつも通りになって一安心?? . . 2019.7.5 . . #柴 #柴犬 #いぬすたぐらむ #saku #shiba #しばすたぐらむ #sakuの成長記録 #しばいぬ #生後6ヶ月 #グレインフリー #ペット #赤柴 #いぬ #ペットのいる生活 #わんこ #いぬのきもち #ドッグフード #プラペごはん #プラペ #プラネットペット #安心安全

parnovi@ペットサービスのクチコミSNSさん(@team.parnovi)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

☆ 健康優良児出っ歯のハルキチ 基本何でも食べるし食べられればなんでも良い??下痢もしたことないし吐きもしない、ご飯も一度も残した事ない。食いしん坊極まり無い?? 唯一の涙が出ることはこのプラペが解消!たまに浮気しながらやっぱりプラペに戻るかな。 ☆ ハルキチママとパパの2日連チャンバースデースタート?プレゼント交換しました??今日は私、明日はパパが。また今年も2日続けてお互いに「おめでとう??」を言い合う日。お祝いは1回だからエコな夫婦かな?? ☆ ☆ #ハッピーバースデー#夫婦1日違い#血液型も一緒#20,21日#7歳差#パパが下よ#息子も7月#プラペ#涙解消

ハルりくさん(@harukun0609)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

グレインフリー、オールナチュラルなドックフード、プラペ! \3800の現品をお試ししました。 チキン、ターキー、サーモンを60%以上使用していてサツマイモとニンジンをミックスしたドックフードです。美味しい匂いがするみたいで、食べる前からおすわりをして待っていました。 食いつきもとてもよくあっという間に完食! 最近ドックフードの食べ残してしまったり、食いつきが良くなかったので久しぶりに美味しそうに食べている姿が見られて嬉しかったです。 #プラペ #ドックフード #グレインフリー #オールナチュラル

むぎさん(@03mugi06)がシェアした投稿 -

安心安全、コストパフォーマンスに優れたプラペ!

犬 フード プラぺ

ペットショップなどでは販売せず、飼い主に直販するプラペ!は、高品質高機能フードと位置付けできるドッグフード。日本ではあまり販売されていないターキーを使用したフード、魚を主原料としたフードがあるのも嬉しいところです。ドッグフードに悩んでいる方や愛犬のアレルギーに悩む方には是非おすすめしたいフードです。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士、犬の東洋医学生活管理士2級

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!