magazine

お手入れ

2020.05.16

ヘアレスドッグには何故毛が生えないの?代表犬種5種と遺伝に隠された秘密とは

犬の種類は沢山ありますが、その中でも毛がない「ヘアレスドッグ」に分類される犬種はほんの数種類しか存在していません。犬の被毛には紫外線や外部刺激から皮膚を保護し体温を保つ役割などがありますが、ヘアレスドッグにはどうして毛が生えてこないのでしょうか?
今回は、ヘアレスドッグに毛が生えない理由を解き明かし、代表的なヘアレスドッグやそのお手入れ方法を紹介していきます。

Author :明石則実/動物ライター

この記事をシェアする

犬の毛の不思議。ヘアレスドッグにはなぜ毛が生えていない?

犬 毛 ヘアレス

まずは、ヘアレスドッグの起源と毛が生えてこない理由について、そのメカニズムを見ていきましょう。

ヘアレスドッグの歴史は長い

世界に数種類しかいないヘアレスドッグですが中には起源が古い犬種もあり、南米大陸やアフリカ大陸が原産と考えられています。
起源が古いとされるメキシカン・ヘアレスドッグの場合は、人間の寝床を暖める目的で繁殖されていた時代もありました。また、ヘアレスドッグは中国大陸にも渡った後、王侯貴族たちに珍重されていたとされています。

毛がない理由は「遺伝子変異」によるもの

ヘアレスドッグと呼ばれるものの、同犬種の中には「パウダーパフ」「コーテッド」などと呼ばれる毛がしっかり生えている子もいます。これは、ヘアレスドッグが生まれる過程に「遺伝子変異」が大きく作用しているからです。

ヘアレスドッグに分類される犬の中には、「FOXI13」と呼ばれる遺伝子が突然変異することによって胎児になる前の「外肺葉(がいはいよう)」の形成に異常をきたすことがあります。外肺葉は、神経や歯、皮膚などに分化する種のような要素なので、これに異常をきたした個体は毛がないだけでなく、犬歯や臼歯、あるいは切歯がない状態で生まれてくることもあるのです。

ヘアレスドッグが生まれる過程

ヘアレスになる遺伝子は優性遺伝子のため、両親いずれかから優勢遺伝子を受け継げばその子犬はヘアレスとなります。
一方で、両親ともにヘアレスだった場合、体内で正常に胎児の育成が出来なくなってしまいます。そのため、必ずコーテッド(毛のあるタイプ)とヘアレスを掛け合わせる必要があることが分かっています。

つまり、ヘアレスの個体のみが増え続けてしまって毛がある個体を掛け合わせられなくなってしまうと、子犬が生まれてこなくなっていずれ種が淘汰されてしまうことになります。今もなお毛がない個体が存在するということは、太古の「ブリーダー」のあいだでも長きの経験からこの過程が理解されていたと言えるでしょう。

ヘアレスドッグの代表的犬種4種

犬 毛 ヘアレス

それでは、ヘアレスドッグの代表的な犬種をご紹介していきましょう。

1.メキシカン・ヘアレスドッグ

犬 毛 ヘアレス

最も古いヘアレスドッグとされている犬種で、中南米のメキシコが原産のメキシカン・ヘアレスドッグが有名でしょう。
メキシカン・ヘアレスドッグは、アフリカ大陸や中国大陸へと伝播されやがて世界中で広く知られるようになりました。19世紀に入ると、よく吠えるという特性から番犬として珍重され1959年にはアメリカン・ケネルクラブに公認されるに至りました。

2.チャイニーズ・クレステッド・ドッグ

犬 毛 ヘアレス

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、アフリカ原産のアフリカン・サンド・ドッグが中国へ伝播し作出された犬種です。中国の伝説の動物「麒麟(きりん)」に風貌がよく似ていて、縁起が良いという理由から王侯貴族たちに愛されました。
「中国人のようなとさかのある犬」という意味で、頭や尻尾など一部にしか毛が生えていません。ちなみにコーテッドタイプは、毛がふさふさしていてマルチーズのようです。

3.ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

犬 毛 ヘアレス

ペルービアン・ヘアレス・ドッグの原産地はペルーです。中国から移住してきた人が持ち込んできた説と、遊牧民と共にやって来た説があります。ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、インカ文明の装飾にも描写されているほどなので古代から存在していた可能性も考えられます。
小型、中型、大型と3種類の体の大きさがあるのが特徴です。

4.ペルービアン・インカ・オーキッド

犬 毛 ヘアレス

ペルービアン・ヘアレス・ドッグと同じペルー原産ですが、途中で枝分かれした犬種だとされています。
ペルービアン・インカ・オーキッドのほうが肌色に関してはやや薄く、紫外線に弱いために夜間しか散歩に行けなかったそうです。そのため「ムーンフラワー・ドッグ」の別名を持ちます。

5.アメリカン・ヘアレス・テリア

犬 毛 ヘアレス

従来のヘアレスドッグとは違う固有種ともいえる存在で、アメリカ原産のアメリカン・ラット・テリアの突然変異で生まれました。
生まれた時からヘアレスというわけではなく、まばらな毛が生えた状態で生まれてきます。やがて2ヶ月ほどのうちに毛が抜け落ち、それからは2度と毛が生えてこないという特徴を持っています。
他のヘアレスドッグとは異なり、変異する遺伝子の種類も違えば、遺伝形式も違うという珍しい犬種だと言えるでしょう。

ヘアレスドッグのお手入れ方法

犬 毛 ヘアレス

ヘアレスドッグの場合はシャンプーの頻度が高すぎるとかえって肌荒れを起こす可能性があるため、月に1~2回を目安にシャンプーをするのがよいでしょう。肌を傷つけないよう定期的に優しく拭いてあげるのがおすすめです。
肌がむき出しで乾燥しやすいため、こまめに保湿クリームなどを塗ってあげましょう。紫外線には弱いので、照り付ける太陽の下での散歩などは禁物です。また寒さに弱いので、寒い時の外出の際は厚めの服を着せてあげましょう。

ヘアレスドッグに毛が生えないのは遺伝子変異のため

犬 毛 ヘアレス

ヘアレスドッグの中でも毛がないのは、特殊な遺伝子の変異を起こした個体だけだということが分かりました。また、代表犬種の中でもそれぞれの原産地や毛の生え方に違いが見られ、お手入れの方法はもちろん毛のある犬種と比べて特異なものとなっています。
あまり日本で見かけることのないヘアレスドッグですが、ショーなどで見かけることがもしあれば、その起源や生まれるまでの過程を思い返してみてくださいね。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石 則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

この記事をシェアする