magazine

お手入れ

2020.05.18

犬の毛のタイプ「カーリー」とは?毛質の特徴やお手入れ方法を解説!

犬の被毛の「カーリー」とは、巻き毛のことです。巻き毛の犬と聞くと、まずプードルをイメージする人が多いのではないでしょうか。カーリータイプの犬は水鳥猟で獲物を回収する水猟犬に多く見られ、その被毛は撥水性があり、乾きやすいという性質があります。ここでは、カーリーコートをもつ代表的な犬種や、被毛のお手入れ方法などについてご紹介します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

カーリーとはどんな毛のタイプ?毛質の特徴について

犬 毛 カーリー

犬の被毛タイプのひとつである「カーリー」は巻き毛のことで、カーリーコートをもつ犬は全身をくるくると巻いた被毛で覆われています。巻き毛の癖は犬種や個体によって様々で、きつく巻いたものやスパイラルに巻いたもの、ゆるやかなウエーブ状などがあります。
カーリーコートは水中作業を得意とするウォータードッグ系の犬種に多く見られ、その被毛は撥水性に優れ、水に濡れても乾きやすいという特徴があります。

カーリーコートの犬は毛のもつれに注意

カーリーコートはくるくると巻いた癖のある毛質であるため、手入れを怠るとすぐにもつれたり、毛玉になってしまいます。

カーリータイプの被毛の犬|代表犬種5種

犬 毛 カーリー

カーリーコートの犬の中から、代表的な5犬種についてご紹介します。

カーリーコーテッドレトリバー

犬 毛 カーリー

カーリーコーテッドレトリバーは、17~18世紀頃からイギリスで狩猟犬として活躍してきました。レトリバー種の中では最も早く認定されたとされています。気品があり賢く、全身を特徴的な巻き毛で覆われています。

プードル

犬 毛 カーリー

カーリーコートの犬の中で私達に最も馴染みのある犬と言えば、プードルですね。利口でしつけやすく、マンションや集合住宅での飼育にも向いているため日本でも高い人気を誇ります。国際畜犬連盟(FCI)ではサイズによって、スタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルの4種類に分類されています。

コモンドール

犬 毛 カーリー

まるでモップのような風貌が印象的なコモンドールは、ハンガリーの山間で500年以上にわたって牧羊犬として活躍してきました。被毛はその土地で飼育されていた「ラッカ羊」の群れの中に紛れるよう、このような容姿に改良されてきたと考えられています。

ポーチュギーズウォータードック

犬 毛 カーリー

ポーチュギーズウォータードッグは、はるか昔からポルトガル海岸の至るところにいたため、純粋のポルトガル犬としてこの犬種名が付けられています。漁師のために網を持ってきたり、魚を捕ったりする使役犬として活躍していました。

アイリッシュウォータースパニエル

犬 毛 カーリー

豊かな強い巻き毛をもつアイリッシュウォータースパニエルは、泳ぎが得意な猟犬です。しっぽはラット・テールと呼ばれるネズミの尾のような独特のスタイルで、尾の付け根は太く緻密な巻き毛に覆われていますが、先端はほとんど毛が生えていません。

カーリーコートのお手入れ方法

犬 毛 カーリー

ブラッシング

カーリーコートの犬のお手入れの基本は、こまめなブッシングです。
巻き毛の犬は抜け毛が少ない傾向にありますが、癖のついた毛はもつれやすく、被毛にはゴミや葉っぱなどが絡まりやすい性質があります。散歩の後にはブラッシングをして被毛を清潔に保ちましょう。

カーリーコートのブラッシングの注意点

犬種によって差はありますが、撥水性に優れたカーリーコートは非常に乾きやすく、無理にブラッシングをすると毛が切れてしまうことがあります。専用のコンディショナーなどをスプレーして多少の湿り気を与えながら行うと良いでしょう。

トリミングサロンの利用

カーリーコートの犬の被毛は、基本的に長く伸び続けます。自宅でのブラッシングやシャンプーなどのお手入れに加え、定期的にトリミングサロンでカットしてもらいましょう。

カーリーコートは定期的にお手入れしましょう

犬 毛 カーリー

直毛の犬と比べ、カーリーコートタイプの犬は被毛が絡まりやすい性質があります。健康的な被毛を維持するためにも、散歩の後にはブラッシングし、毛が伸びてきたらトリマーさんにカットをお願いしましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.05.18

この記事をシェアする