magazine

犬種図鑑

2020.05.31

ミニチュアダックスフンドは3種類?被毛・毛色の種類まで画像付きで解説!

誰もが知っている人気犬種のダックスフンドには、身体の大きさ別にスタンダード・ミニチュア・カニンヘンに分類されます。なかでも日本で1番ポピュラーなサイズが“ミニチュア”ダックスフンドなのですが、具体的に何を基準に分けられているのでしょうか?また、ミニチュアダックスフンドは毛質の違いによって3タイプに分類されます。今日はダックスフンドの分類からミニチュアダックスフンドの毛質の違い・豊富なカラーバリエーションについて詳しくご紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

ダックスフンドの大きさは3種類

ダックスフンドの種類

ダックスフンドには体格が大きい順に、スタンダード・ミニチュア・カニンヘンの3種類に分類されています。3種類の中で、中間の大きさに当たるのがミニチュアダックスフンドで、国内でもっともポピュラーなサイズになっています。最近では、より小さなカニンヘンダックスフンドの人気も徐々に上がっていますが、変わらず人気を得ているのがミニチュアダックスフンドです。

ダックスフンドの種類は胸囲で決まる!

ダックスフンドのサイズは、胸囲で決まってきます。ミニチュアダックスフンドの大きさは、生後15ヶ月を過ぎた時点で測定した胸囲が30~35cm、体重は5kg以下と規定されています。胸囲35cm超え、体重約9kgになるとスタンダードなダックスフンドに、生後15ヶ月を経過した時点で胸囲が30cm以下であるとカニンヘン・ダックスフンドに分類されます。

ただ、国内でのミニチュアダックスフンドの人気が高まったことにより、無理な繁殖が行われたこと等も理由に、体重が5kgを超えた大きめのサイズも多くなっています。

ミニチュアダックスフンドの毛質は3タイプ

ミニチュアダックスフンドには、毛質別に「スムース・ヘアード」「ロング・ヘアード」「ワイヤー・ヘアード」の3タイプがあります。

ロングヘアードとワイヤーヘアードは、それぞれ別の犬種を掛け合わせて誕生したため、もちろん個体差はありますが、毛質によって性格の傾向も違います。3タイプそれぞれの毛質や、性格の違いについて紹介していきます。

スムース・ヘアード

スムース・ヘアードのミニチュアダックスフンド

スムース・ヘアードとは、短く密集した被毛のことを言い、このタイプがミニチュアダックスフンドの原型とされています。換毛期の抜け毛が3タイプのなかで1番少ないのが特徴で、日々のお手入れも楽に行えます。狩猟犬としての気質を濃く受け継いでおり、好奇心旺盛で活発なアクティブな性格です。自己主張が強く、頑固な一面もありますが飲み込みが早く、飼い主に忠実です。

ロング・ヘアード

ロング・ヘアードのミニチュアダックスフンド

日本でもっとも飼育頭数の多いロング・ヘアードは、滑らかな光沢のあるウエーブのかかった柔らかい被毛が特徴で、スパニエル種をかけてつくらました。定期的なトリミングは必要ではありませんが、3種類の中でも抜け毛が多く、耳や尻尾など毛が長い部分は毛玉ができやすいため、こまめなブラッシングが必要です。
性格は、落ち着いており他の毛質に比べて1番穏やかで大人しい性格と言われています。人懐っこく、社会性があるため子どもや他の犬とも友好的に接することができます。

ワイヤーヘアード

ワイヤーヘアードのミニチュアダックスフンド

ワイヤーヘアードタイプは、針金状の硬く短い剛毛で覆われており、眉毛と口ひげがチャームポイントです。手入れは基本的にロングヘアードと同じで大丈夫ですが、被毛を特殊なナイフで抜いていく「プラッキング」という方法を行う場合もあります。ピンシャー種を交配させた後に、ダンディ・ディンモント・テリアを掛け合わせているため、外見も性格もテリアよりになっています。

そのため、3種類の中ではやや気が強い傾向で、勇敢でいたずら好きな性格と言われており、しつけが難しく飼い主がしっかりとリーダーシップを取る必要があります。

ミニチュアダックスフンドは毛色の種類も豊富

ミニチュアダックスフンドの魅力のひとつに毛色のバリエーションがとても豊富なことがあげられます。分類すると「単色」「2色」「その他」の3タイプに分けられます。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

単色

単色のミニチュアダックスフンド

単色には、レッド、イエロー(クリーム)、レディッシュ・イエローなどがあります。単色と言われていますが、耳や背中、尻尾の部分に黒っぽい濃い毛が混じることもあります。

2色

2色のミニチュアダックスフンド

濃いブラウン(チョコレート)かブラックをベースカラーに、顔周り、胸元、足先に淡い色の斑が入っているまるで眉毛があるかのようなブラックタン、ブラックイエロー、チョコイエローなどが存在します。

その他

その他の毛色のミニチュアダックスフンド

単色と2色のほかに、斑やまだら模様のダップルと縞目のブリンドルがあります。ダップルは、ブラック、レッドやグレーのベースカラーにグレーやベージュのまだら模様があるのが特徴です。ブリンドルは、ベースカラーにレッドまたはイエローの濃い縞があります。さらに、ワイヤーヘアードにはワイルドボア(野猪色)やデッド・リーフ(枯葉色)が追加されます。

ダックスフンドはバリエーション豊かな魅力的な犬種!

ミニチュアダックスフンドの種類

ダックスフンドには、サイズ・毛質・毛色とすべてにおいてバリエーションが豊富であることが分かりました。毛質によって性格の傾向が異なることを知らなかった方も多いのではないでしょうか?個体差もあるので、一概には言えませんが、ミニチュアダックスフンドを迎える際には、外見だけでなくそれぞれの性格について理解を深めてみましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.05.31

この記事をシェアする