magazine

犬種図鑑

2020.05.05

犬種グループってなに?10グループに分類される理由とそれぞれの特徴とは

世界中には現在約700〜800種類の犬がいると言われています。その中でも、人間のパートナーとして使役をこなす犬、愛玩犬として一緒に暮らす犬など、人間と生活を共にしている犬を、国際畜犬団体(FCI)ではその性質や使役ごとにグループ分けをしています。日本では、ジャパンケネルクラブがFCIのグループ分けに則った10のグループ分けをしています。今回は、ジャパンケネルクラブが分類している10のグループそれぞれにどんな犬がいるのか、各グループの犬種特性や代表的な犬種をご紹介します。

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

犬種グループを知る前に|ジャパンケネルクラブとは?

犬種グループ

1949年「全日本警備犬協会」としてその歴史をスタートしたジャパン・ケンネル・クラブ(JKC)は、日本ではじめて正式に認可された公の純粋犬種登録団体です。その後、日本畜犬連盟を結成、1979年には世界89カ国が加盟する国際畜犬連盟(FCI)への単独加盟国となり、登録頭数世界第2位のケネルクラブとなっています。

現在は、一般社団法人ジャパンケネルクラブとして「有能・優良犬の普及、畜犬の飼育の指導奨励、動物愛護精神の普及」をモットーとして掲げ、活動を行っています。

ジャパンケネルクラブの主な活動内容

ジャパンケネルクラブでは、純粋犬種の犬籍登録、血統書の発行、ドッグショーの開催の他に、災害救助犬の育成、BH(ベーハー)同伴犬訓練試験、訓練競技会、アジリティー、フライボール、トリミングなどの各種競技会などを開催しています。

また、犬の素晴らしさや犬と暮らす楽しさを広く伝える一環として、「犬の絵コンクール」や「愛犬とのふれあい写真コンテスト」などを開催。さらに動物愛護精神向上のため、JKC公認資格制度を創設するなど多彩な事業を行っています。

その他、FCIの加盟国として、FCIワールドドッグショーへの審査員派遣、さらに日本でのFCIワールドドッグショー開催なども行っています。

JKCに登録されている犬種は142犬種(2020年現在)

ジャーマンシェパード・ドッグの登録団体としてスタートしたJKCは、日本犬のみならず洋犬種までの純粋犬種の犬籍登録を行っています。現在では人気犬種のトイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフントをはじめ希少犬種であるファラオ・ハウンドやチェコスロバキアン・ウルフドッグ、タイワン・ドッグなど293,659頭(2019年現在)が登録されています。

犬種グループの概要と代表犬種

FCIでは、正式に認定している352犬種(2020年現在)を、生存目的や犬種特性、犬種の使役などによって10のグループに分類しています。JKCではFCIの分類に従って、現在登録されている142犬種をグループ分けしています。グループ分けされた犬種は、各犬舎、原産国、FCIなどによって定められたその犬種の容姿、性質などの犬種標準(スタンダード)が記載され、繁殖やドッグショー出陳の基準となっています。

犬種グループ 1G|牧羊犬・牧畜犬

犬種グループ

牧羊犬・牧畜犬グループには、主に、羊や牛などの家畜を外部から侵入する野生動物から保護することや群れを決まった場所に誘導することを使役としている犬種が属し、賢く運動能力が高いことが特徴です。また、警戒心が強く、判断力が高いこともこの犬種グループの特徴と言えます。

主な犬種

ウェルシュ・コーギー・(ガーディガン、ペンブローク):主に牛追い犬として活躍する意義知る原産の犬種です。
オールド・イングリッシュ・シープッドッグ:イギリス原産の牧羊犬。
シェットランド・シープドッグ:イギリス・シェットランド諸島原産の犬種で、羊を吠えながら追い立てることが得意です。
ボーダー・コリー:牧羊犬の中で最も作業能力・運動能力が高いと言われている犬種で、近年ではドッグスポーツで活躍指定ます。
ジャーマン・シェパード・ドッグ:ドイツ原産の多目的な使役犬で、コンパニオンドッグ、ハーディング・ドッグ、防衛犬、番犬と多彩な能力を持っている犬種です。
・その他:オーストラリアン・ケルピービアテッド・コリーラフ・コリーブービエ・デ・フランダースプーリーなどが属しています。

犬種グループ 2G|使役犬

犬種グループ

使役犬グループには、番犬、護衛、作業をする犬種、ピンシャー&シュナウザー、モロシアン種、マウンテンドッグなどの大型犬が多く属しています。番犬向きの警戒心が強い犬種や重い荷物を牽引する作業犬といった力の強い犬種が特徴です。

主な犬種

グレート・デーン:ドイツ原産の大型犬で、警備犬として活躍していることで知られています。
グレート・ピレニーズ:フランス・ピレネー産地原産で、真っ白いもふもふの豊かな被毛が特徴で、家畜の群れの敬語や番犬として活躍する大型犬です。
・シュナウザー(ジャイアント、スタンダード、ミニチュア):ドイツ原産の犬種で、作業能力の高さが特徴です。人気のミニチュアシュナウザーは、コンパニオンドッグとして最適な賢く、忍耐強いことが特徴です。
ドーベルマン:ドイツ原産の大型犬で、経過芯が強く力強い警備犬、護衛犬に適した性質が特徴です。
バーニーズ・マウンテン・ドッグ:スイス原産の農場のガードドックとして活躍していた犬種です。大きな荷車を牽引する姿が有名ですが、飼い主には献身的で怖いもの知らずな性格が特徴です。
・その他:ピンシャー種、マスティフ種、シャー・ペイセント・バーナード土佐犬ニューファンドランドブルドッグボクサーロットワイラーなどが属しています。

犬種グループ 3G|テリア

犬種グループ

主な犬種

エアデール・テリア:イギリス原産の犬種で、キング・オブ・テリアとも呼ばれているテリア種の中では最も大きい犬種です。カワウソ猟を得意としていますが、敏捷で勇敢、知的なことから軍用犬としても活躍しています。
ジャック・ラッセル・テリア:イギリス原産で、主にキツネの巣穴に潜り追い立てるために作出された犬種です。小さいながら大胆不敵で運動能力が高く、知的な性質が特徴のワーキングテリアです。
ヨークシャー・テリア:イギリス原産で、ヨーキーの愛称で家庭犬として親しまれている美しい被毛が特徴のテリアです。小柄ながら勇敢で、用心深いテリア気質を持っています。
ワイヤー・フォックス・テリア:イギリス原産のテリアの中では、最も古い犬種と言われています。キツネ狩り用の犬種として作出され、敏捷で、些細なことにも反応し、怖いもの知らずな性質です。
・その他:アメリカン・スタッフォードシャー・テリアウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアウェルシュ・テリアケアーン・テリアスコティッシュ・テリアノーフォーク・テリア、日本テリアなどが属しています。

犬種グループ 4G|ダックスフンド

犬種グループ

ドイツ原産の犬種で、地下の動物を狩るのに適している短い脚、長い胴を持つ狩猟犬として作出された犬種です。ドイツ語で、ダックスは「アナグマ」、フンドは「ハウンド(獣猟犬)」を意味します。地下ではアナグマやウサギの巣穴に潜り込み、地上では獲物の捜索や追跡を行う有能な狩猟犬です。

現在は、家庭犬としてスタンダードのダックスフンドを小型化したミニチュア・ダックスフンドが人気ですが、スタンダード、ミニチュアより小型のカニーヘンの3サイズがあり、被毛タイプにはスムース、ワイアード、ロングの3タイプがあります。家庭犬として人気のある明るくフレンドリーな犬種ですが、獣猟犬らしい頑固さ、粘り強さがあり運動能力が高いことが特徴です。

犬種グループ 5G|原始的な犬・スピッツ

犬種グループ

このグループは、日本犬を含む古来より存在し、オオカミにより近い犬種であると言われているスピッツ種が属しています。スピッツとはドイツ語で「尖った」を意味し尖ったマズルが特徴で、オオカミのような巻尾、立ち耳がこのグループの特徴です。家庭犬として人気の犬種も多くいますが、警戒心が強く独立心が強い性質もこのグループの特徴です。日本犬の多くはこのグループです。

主な犬種

秋田犬:日本原産の天然記念物で、近年人気がある犬種です。熊猟をするマタギ犬を基礎犬とする大型犬として作出された犬種です。飼い主に忠実で、警戒心が強い性質が特徴です。
サモエド:ロシア北部およびシベリア原産で、サモエド族のパートナーとしてそり犬、猟犬の使役を担っていた真っ白な犬種で日本スピッツの祖先犬です。いつも笑っているように見える「サモエドスマイル」と、フレンドリーな明るい性質が特徴です。
柴犬:日本古来の土着犬で、小さな犬を意味することから柴犬と名付けられています。日本海に面した山地で、鳥や小型の動物の猟犬として活躍していた歴史を持ち、飼い主に忠実で警戒心が強い性質が特徴の犬種です。ハチ公をモデルにした映画「HACHI約束の犬」がヒットしたことから、日本のみならず海外でも大人気となっています。
シベリアン・ハスキー:エスキモー犬の一種であるとされているアメリカ原産の古くからいるスピッツ種です。ソリやボートを引く犬としてシベリアに住むチュクチ族のパートナードッグでしたが、南極大陸探検隊、北極点探検隊とともに活躍したことから有名になりました。友好的な性格ながら用心深い一面があることが特徴で、遠吠えの声がかすれていることからハスキーと名付けられたことでも知られています。
ポメラニアン:ドイツ原産の小型犬で、サモエドが祖先犬と言われています。甲高い声でよく吠えることが特徴で、活発で訓練性の高いことでも知られています。
・その他:アラスカン・マラミュート日本スピッツチャウ・チャウバセンジー、ファラオ・ハウンド、北海道犬四国犬甲斐犬などがこのグループです。

犬種グループ 6G|嗅覚ハウンド

犬種グループ

セント・ハウンドとも呼ばれている嗅覚ハウンドは、鋭い嗅覚で獲物を探し出し、大きなほえ声で獲物をハンターに教える使役の獣猟犬です。クンクン匂いを嗅ぎワンワン吠えるのがこのグループの特徴です。また、このグループには、古くから人間とともに狩りをしていた犬種が多く属しています。

主な犬種

バセット・ハウンド:イギリス原産ですが、フランスのシカ狩りの犬が祖先犬です。古代犬の血統を持った犬種で、忍耐強く、集団で猟をする本能と響きのある独特の吠え声が特徴です。
ビーグル:家庭犬として人気のあるイギリス原産のハウンドの中で最も小さい犬種です。ビーグルとは、フランス語で「小さい」という意味を持ち、野ウサギ狩りの犬として活躍していました。不良本能が強く、大胆でスタミナがある体力と決断力のある性質が特徴です。
・その他:アメリカン・フォックスハウンドグランド・バセット・グリフォン・バンデーンダルメシアン、ブラッド・ハウンド、ローデシアン・リッジバックなどがこのグループです。

犬種グループ 7G|ポインター・セター

犬種グループ

獲物を探し、見つけるとその位置をハンターに教えるポインティング・ドッグとも呼ばれている猟犬です。主に、鳥猟で活躍する犬種で、片足を上げて(ポイント)または伏せ(セット)をして獲物の存在を静かにハンターに教えます。鳥猟犬は、ハンターと一緒に仕事をするため、人間が大好きで協調性が高い性格が特徴です。

主な犬種

アイリッシュ・セター:アイルランド原産の美しい被毛が特徴の大型犬がアイリッシュ・セターです。優秀で鋭敏、賢く、エネルギーに溢れた性質で、家庭犬としても人気があります。
イングリッシュ・ポインター:ポインティング・ドッグの代名詞とも言えるポインターは、ヨーロッパ各国に数多くいますが、その中でもイギリス原産のイングリッシュ・ポインターはイギリスの傑作犬種とも言われている狩猟能力の高い犬種です。
ワイマラナー:ドイツ原産で最古のポインティングドッグがワイマラナーです。鋭い嗅覚と根気のある性質で、ポインティングドッグとしてだけではなく、水中での作業や獲物の回収も行えるHRP(ハント、レトリーブ、ポイント)犬種とも呼ばれているオールマイティな犬種です。
・その他:イングリッシュ・セターブリタニー・スパニエル、ゴードン・セターなどがこのグループです。

犬種グループ 8G|鳥猟犬

犬種グループ

7G以外の鳥猟犬、撃ち落とした鳥を回収するレトリーバー、隠れている鳥を驚かせて飛び立たせるフラッシング・ドッグ、水の中での作業が得意なウォーター・ドッグがこのグループに属しています。このグループの犬種は、獲物を直接狩るのではなく、人間の指示を待って作業をする犬種のため、人が大好きで訓練性が高いことが特徴です。

主な犬種

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル:イギリス原産で、極めて古い歴史を持つ猟犬です。名前のごとく、スプリング(バネ)の効いた飛びだしのスピードが特徴で、鳥を飛び立たせる(フラッシング)仕事をします。
ゴールデン・レトリーバー:イギリス原産で家庭犬としても人気のある大型犬です。ハンターが撃ち落とした鳥をくわえてくる回収犬として作出されました。人間が大好きで優しく、フレンドリーな性格が特徴です。
ラブラドール・レトリーバー:イギリス原産で、非常に賢く、嗅覚に優れた犬種です。その賢さから、現在では、鳥猟犬よりも盲導犬、麻薬探知犬などの使役犬として活躍していることで知られています。
・ポチュギーズ・ウォータードッグ:ポルトガル原産で、泳ぎと潜りが得意な犬種です。鳥猟犬としてではなく、漁船や財産を守る番犬として、また魚を獲りに水中へ潜ることもできる漁師にとって最良のパートナードッグとして活躍しています。
・その他:アメリカン・コッカー・スパニエルなどのスパニエル種、コーイケルホンディエスパニッシュ・ウォータードッグフラットコーテッド・レトリーバーなどのレトリーバー種。

犬種グループ 9G|愛玩犬

犬種グループ

コンパニオン・ドッグ、トイ・ドッグと呼ばれる犬種がこのグループです。人間の良きパートナーとして作出された犬種が多く、小型犬と超小型犬が登録されています。体が小さく可愛い犬種がメインのグループですが、プライドが高い、警戒心が強いなど、しっかりとしたしつけが必要な犬種が多いことが特徴です。

主な犬種

チワワ:メキシコ原産の世界で最小の犬種です。小さいことから、おとなしいと思われがちですが、活発で勇敢な性質が特徴です。
パグ:中国原産で、鼻ぺちゃ、ブサカワ犬として人気の犬種です。オランダ王室のシンボルともなっているパグは、明るく、活発な性格が特徴です。
・プードル:フランス原産のスタンダード・プードルから、ミニチュアサイズ、トイサイズが作出されました。プードルは、鳥猟犬として有能で水の中の作業を得意とするため、愛玩犬であるトイ・プードルも活発で運動能力が高く、賢い性質が特徴です。
・その他:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルシー・ズーパピヨンビション・フリーゼフレンチ・ブルドッグペキニーズマルチーズなどがこのグループです。

犬種グループ 10G|視覚ハウンド

犬種グループ

サイトハウンドとも呼ばれている優れた視覚と走力で獲物を追跡し、捕獲する猟犬です。世界最古の猟犬サルーキもこの視覚ハウンドグループに属しています。すべての猟犬種の中で、最も速く走ることができる筋肉質のスレンダーな体が特徴です。

主な犬種

グレーハウンド:イギリス原産で、スレンダーながらしっかりとした筋肉質で均整のとれた体つきで、犬界最速の足を誇るグレーハウンド。十分なスタミナと持久力のあることが特徴で、コーシングと呼ばれる動くものを追う能力に優れている歴史の古い犬種です。
ウィペット:グレーハウンドにテリア種を加えて作出された犬種がイギリス原産のウィペットです。機能美ともいえる美しいボディラインとたくましい筋肉が特徴で、走る姿が鞭を入れて走る馬のように見えることから鞭犬(ウィペット)と名付けられたと言われています。
サルーキ:風の犬」の異名を持つサルーキは、中東で何千年にもわたりハウンドドッグとして活躍してきた犬種です。アラブでは、「アラーからの贈り物」として門外不出の犬として大切に育てられてきました。グレーハウンドに負けずとも劣らないスピードでフェザリングのある尻尾をなびかせて飛び跳ねるように走る姿の美しさが特徴です。
ボルゾイ:ロシア原産で、その優雅な姿から多くの皇帝や著名人に愛されたボルゾイ。ハウンドドッグらしからぬ美しい被毛と風格ある体つきですが、ひとたび獲物を見つけると、突然興奮することが特徴です。鋭い視覚、素早い反応と、ハウンドドッグとしての才能を十分に持ち合わせています。
・その他:アフガンハウンドイタリアン・グレーハウンドアザワクスルーギディアハウンドなどがこのグループです。

犬種グループを見れば犬の特性がわかる!

犬種グループ

犬種グループ分けは、全世界共通のグループ分けがされているものではありません。JKCでは、FCIのグループ分けに基づいたグループ分けがされています。

FCIでは、犬本来の使役や性質に基づいたグループ分けが基準となっているため、狩猟犬種が細かく分けられているように感じます。アメリカンケネルクラブAKCでは、家庭犬としての犬種分けを前提に、スポーツグループ、ワーキンググループなど、家庭犬を選ぶ基準としてわかりやすい8つのグループ分けがされています。

また、世界で最初に設立されたイギリスのケネルクラブKCは、ガンドッググループ、パストラルグループ、ユーティリティグループなど7グループに分けられています。

グループ分けの基準を見てみると、現在でも実際に狩猟犬の能力を求める人が多くいるイギリス、犬と一緒に生活を楽しむアメリカと、国ごとのライフスタイルの違いが見えてきます。

グループ分けの基準こそ異なりますが、登録されている純血種の犬の8割は狩猟犬であることに気がつかれましたか?もし、これから犬を探したいと思っているのでしたら、可愛さだけではなくその犬が本来持っている性質や特性をよく理解して迎えてあげてくださいね。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士、犬の東洋医学生活管理士2級

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

  • 更新日:

    2020.05.05

この記事をシェアする