magazine

健康管理 / 病気

2020.05.19

シャーペイの平均寿命はどれくらい?かかりやすい病気・体重管理のこと

全身シワだらけのユニークな外見が特徴的なシャーペイは、日本ではあまり見かけることのない希少な犬種です。そんなシャーペイを家族に迎えるにあたって、愛犬とどれだけの時間を一緒に過ごせるかという点が気になりますよね。ここでは、シャーペイの平均寿命やかかりやすい病気、長生きしてもらうために大切な体重管理について紹介していきます。

#シャーペイ

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

シャーペイの寿命は?

シャーペイの子犬が寝ている様子

シャーペイの平均寿命は、8~12年程度と言われています。

なぜ、シャーペイの平均寿命に4年もの開きがあるかというと、遺伝性疾患が起こりやすく個体差が大きいためです。中国の政治的な理由により飼い犬たちが大量に処分されてしまい、シャーペイも絶滅の危機に陥りました。わずかに生き残った血統の近い個体を近親交配することで数を回復させために、遺伝性疾患が起こりやすいとされているのです。

シャーペイの健康寿命を延ばすために|かかりやすい病気を知っておこう

シャーペイの子犬が芝生で横たわっている様子

愛犬の健康寿命を伸ばすためには、犬種特有のかかりやすい病気についての知識を取り入れる必要があります。特にシャーペイは遺伝性疾患が起こりやすいことで知られていますから、家族に迎える際にはしっかりと頭に入れておきましょう。

シャーペイのかかりやすい病気|1.眼病

シャーペイのかかりやすい病気として特に多いのが眼病です。

主に、眼圧が高まることで視神経を障害する緑内障や、目頭の内側にある第三眼瞼腺が飛び出して赤く腫れ上がるチェリーアイ、まぶたが内側に巻き込まれることで角膜を傷つける眼瞼内反症などが挙げられます。

シャーペイのかかりやすい病気|2.皮膚疾患

シャーペイの特徴とも言えるシワシワの皮膚は汚れが溜まりやすいため、皮膚疾患が起こりやすいと言われています。 主に、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、ムチン沈着症などが挙げられます。聞き慣れないムチン沈着症は、ムチン(粘液に含まれる糖蛋白)が皮膚に沈着する疾患で、シャーペイでは比較的よく見られますが、他の犬種では稀な病気です。

シャーペイのかかりやすい病気|3.家族性シャーペイ熱

名前に犬種名があるようにシャーペイ特有の自己炎症性疾患です。 生後18ヵ月以前に発症することが多く、症状としては原因不明の発熱が数日続いたり、後ろ足の関節の腫れ、元気消失などが見られます。原因は不明ですが、ストレスによって発症する可能性が高いと言われています。

シャーペイの健康寿命を延ばすために|体重管理をしよう

シャーペイがこっちを見ている様子

愛犬により長く健康に過ごしてもらうためには、様々な病気の原因になり得る肥満を防ぐことが大切です。食事や運動によって体重管理を心がけましょう。

ごはんの量

愛犬に与えるごはんの量が適正であるかどうかを見極めるには、与えているフードパッケージに記載された給与量を参考にしながら、うんちの固さをチェックしましょう。

うんちを摘んだ時にシートに少し跡が残る程度の固さであれば適量で、それよりも緩ければ量が多い、固ければごはんの量が少ないサインになります。体重測定を定期的にすると共に、うんちの状態をチェックしながら愛犬にあったごはんの量を見つけましょう。

散歩の目安

シャーペイは、活発な性格ではありませんが、闘犬として活躍していた体力のある中型犬のため、ある程度の運動量は必要です。 散歩は、30分程度を1日2回は行い、人に合わせて歩くだけでなくジョギングなどを取り入れてあげると、ストレス発散になります。

好きな運動

おっとりとした印象があるシャーペイですが、想像以上に体力があるため、広い公園などで自由に走らせる機会を作ってあげましょう。闘犬として素質を持っている犬種ですから、ストレスが溜まると問題行動を起こす原因にもなるため、散歩に加えて走らせたり、室内でのゲームによって運動量を満たしてあげましょう。

シャーペイの平均寿命は8~12年

シャーペイが立っている姿

シャーペイは、遺伝性疾患が多い犬種として知られているため、日頃から愛犬の様子をよく観察しましょう。特にシワシワの皮膚は皮膚炎を起こしやすいため、皮膚のお手入れをこまめに行う必要があります。皮膚のお手入れや適度な運動、そして愛情をたっぷりとかけて愛犬がストレスフリーな生活を送れるよう心がけましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

この記事をシェアする