magazine

健康管理 / 病気

2020.05.25

オールドイングリッシュシープドッグの寿命は?かかりやすい病気・必要な運動量を知ろう

豊富な被毛に覆われてぬいぐるみのような外見が人気のオールドイングリッシュシープドッグ。性格も穏やかで家庭犬向きと言われており、家族に迎えたいと考えている方も少なくないでしょう。そこで今回はお迎えするに当たり、気になる平均寿命やかかりやすい病気、健康寿命を延ばすために知っておきたい必要な運動量などについてご紹介していきます。

#オールドイングリッシュシープドッグ

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

オールドイングリッシュシープドッグの平均寿命は?

オールドイングリッシュシープドッグの顔面

オールドイングリッシュシープドッグの平均寿命は10~12歳と言われています。犬の寿命は体が小さいほど長く、体が大きいほど短くなる傾向にあり、大型犬のオールドイングリッシュシープドッグも平均寿命が14歳前後の小型犬と比べると短命になります。

オールドイングリッシュシープドッグの健康寿命を延ばすために|かかりやすい病気とは?

子犬のオールドイングリッシュシープドッグ

オールドイングリッシュシープドッグを迎えるのであれば、頭に入れておきたいのが犬種特有のかかりやすい病気についての知識です。愛犬により長生きしてもらうためには、愛犬の異変を早期発見・治療することが鍵ですから、症状などについて知って起きましょう。

拡張型心筋症

心筋症とは、心臓の筋肉に異常が起こり心臓の働きが弱くなる病気です。拡張型は筋肉が薄くなり収縮力が弱まってしまうことで血液循環不全が起こります。 大型・超大型犬に多くみられる病気で、メスよりもオスに多く発症すると言われています。

症状としては、初期段階では無症状ですが、元気や食欲がなくなる、体重が減少していく、運動を嫌がる、咳などがみられます。重症化すると失神してしまったり、亡くなってしまうこともあります。原因が究明されていないため予防することはできませんが、早期発見・治療によって進行を遅らせることが可能ですから、上記のような異常が見られた場合早めに病院へ相談しましょう。

外耳炎

外耳炎とは、耳介(じかい)から鼓膜までの部分である外耳の皮膚が炎症を起こしてしまう病気です。オールドイングリッシュシープドッグのような垂れ耳の犬は起こりやすいと言われています。

痒みや痛みによって首を振ったり、後ろ足で首元をかくなどの行動が見られたり、耳の赤みや悪臭、耳垢が増えるなどの症状も見られます。耳掃除を定期的に行い、清潔にしておくことで外耳炎を予防できるとともに、掃除する際に耳垢の量や色、匂いなどが普段と違わないかのチェックも欠かさず行うことで異変にすぐに気づくことができるでしょう。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌量が減少してしまうホルモンの病気です。甲状腺ホルモンは、体の代謝を活発にするホルモンで、これが減少することにより元気がなくなり、脱毛や肥満を引き起こしたり、体温が低下し寒くないのに震え出すなどの症状が見られます。

中・大型犬の中年齢以降に発症すると言われており、予防法は特にありません。そのため、定期的な健康診断によって早期発見・治療を心がけましょう。

オールドイングリッシュシープドッグの健康寿命を延ばすために|必要な運動量とは?

運動しているオールドイングリッシュシープドッグ

オールドイングリッシュシープドッグは、家畜を誘導しながら移動させる使役犬として活躍していた過去を持つ犬種のため、スタミナがあり運動量は多く必要になります。また、太りやすい体質のため毎日1回60分程度の散歩を1日2回行いましょう。

ただ飼い主のペースに合わせて歩くだけでは、体力の発散にはならないため特に若い間はジョギングを取り入れるなどしましょう。散歩に加えて、ボール遊びや引っ張りっこなどのゲーム、ドッグランや広い公園などで存分に走り回れる機会を作ってあげるといいですね。

オールドイングリッシュシープドッグと長く楽しく暮らすために

芝生に横たわるオールドイングリッシュシープドッグ

オールドイングリッシュシープドッグは、肥満になりやすいため、適度な運動と食事による体重管理が、長寿への近道になります。また、スキンシップを兼ねた被毛のお手入れにより愛犬に異常がないかチェックする習慣をつけるのも早期発見に繋がり、長生きの秘訣となるでしょう。日常のストレスも長生きの大敵になりますから、愛情をたっぷりと注いであげながら愛犬との楽しい時間を過ごしてくださいね。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.05.25

この記事をシェアする