magazine

犬種図鑑

2020.05.23

アメリカン・エスキモー・ドッグってどんな犬種?特徴を画像でチェック

アメリカン・エスキモー・ドッグは日本では珍しく、あまり馴染みがない犬種のひとつです。一見、日本スピッツのような外見をしていますが、歴史や性格は大きく異なります。ここでは、アメリカン・エスキモー・ドッグに歴史や特徴について詳しく解説していきます。また、性格を踏まえて育て方のポイントも解説していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

アメリカン・エスキモー・ドッグの歴史

アメリカン・エスキモー・ドッグ

アメリカン・エスキモー・ドッグは1800年代頃からアメリカで発展した犬種です。この頃、多くのドイツ移民がアメリカの中西部を開拓していました。そしてドイツ人の作業犬として活躍していたのがジャーマンスピッツと呼ばれる犬種でした。ジャーマンスピッツは農場で様々な作業をこなし、後にはサーカス犬として高い人気がありました。

第一次世界大戦が始まった頃、アメリカ人のドイツへ対する偏見や嫌悪感は高まりつつありました。そのため、ジャーマンスピッツのジャーマン(英語でドイツという意味)を「アメリカン・エスキモー」に改名したのです。アメリカン・エスキモー・ドッグとジャーマンスピッツは現在では別犬種として登録されていますが、とても深い関わりがあるのです。

アメリカン・エスキモー・ドッグの特徴

アメリカン・エスキモー・ドッグ

アメリカン・エスキモー・ドッグはまだまだ知名度が低い犬種ですが、魅力的な特徴はたくさんあります。ここでは、性格、サイズ、外貌など、基本的な特徴を解説していきます。

家庭犬に向いた愛情深い性格

アメリカン・エスキモー・ドッグは非常に愛情深く、フレンドリーな性格をしています。しかし、見知らぬ人に過剰にフレンドリーになることはなく、控え目な面もあります。アメリカン・エスキモー・ドッグはシャイになったり攻撃的になったりすることは好まれず、ドッグショーなどでは減点の対象になります。

アメリカン・エスキモー・ドッグの知能は高く、新しい芸などもすぐに覚えることができます。そのため、しつけや訓練などに苦労することはありません。

サイズには3つのバラエティがある

アメリカン・エスキモー・ドッグのサイズには、スタンダード、ミニチュア、トイの3つのバラエティがあります。そのため、自分のライフスタイルに合ったサイズを選ぶことができるのが大きなメリットです。それぞれのサイズは以下の通りです。

・スタンダード:体高38cm~48cm
・ミニチュア:体高30~38cm
・トイ:体高22cm~30cm

いかにもスピッツのような外貌

アメリカン・エスキモー・ドッグの被毛は長くて真っ白です。マズルは広くて短く、頭は幅がやや広いのが特徴です。また、体全体位は正方形に近い形をしており、バランスが整っています。アメリカン・エスキモー・ドッグはいかにもスピッツなような外貌をしており、とても可愛らしいですね。

アメリカン・エスキモー・ドッグの育て方

アメリカン・エスキモー・ドッグ

アメリカン・エスキモー・ドッグのいくつかの育て方のポイントを知ることで、さらにスムーズな生活を楽しむことができますよ。ここでは、アメリカン・エスキモー・ドッグの育て方のポンとを紹介していきます。

こまめなグルーミングは欠かせない

アメリカン・エスキモー・ドッグは白くて長い被毛がチャームポイントです。しかし、グルーミングをきちんとしないと被毛の汚れが落とせなくなったり、毛がからまったりすることがあります。そのため、ブラッシングやシャンプーをこまめに行い、被毛を清潔に保つようにしましょう。

適度な運動で問題行動を防ごう

アメリカン・エスキモー・ドッグを運動させることは非常に大切です。運動不足になるとストレスがたまり、吠え癖や噛み癖などの問題行動が発生するかもしれません。日頃から適度な運動を心がけ、ストレス発散ができるようにしてあげましょう。

なるべく多くの時間を一緒に過ごそう

アメリカン・エスキモー・ドッグは飼い主と時間を過ごすのが大好きな犬種です。そのため、飼い主と過ごせる時間をなるべく長くできるようにしてあげることで、喜びますよ。アメリカン・エスキモー・ドッグとお出かけやトレーニングをし、スキンシップの時間を楽しんでくださいね。

アメリカン・エスキモー・ドッグと楽しい生活を

アメリカン・エスキモー・ドッグ

ここでは、アメリカン・エスキモードッグについて詳しく解説していきました。見た目はサモエドや日本スピッツに似ていますが、とてもユニークな特徴と魅力をたくさん持った犬種です。そんなアメリカン・エスキモー・ドッグは世界的に知名度が低く、数もまだまだ少ないのが残念ですよね。この犬種に興味がある人は、さらにアメリカン・エスキモー・ドッグについて知識を深めてみましょう。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.05.23

この記事をシェアする