magazine

犬種図鑑

2020.05.27

【イタリアン・スピノーネ】中世文学に登場する歴史ある犬の秘密

イタリアン・スピノーネは、名前の通りイタリア原産のポインティング・ドッグで、起源がとても古い犬種です。別名イタリア・ポインターとも言われるこの犬は、優れた嗅覚を持ち、狩猟能力がとても高かったことで知られており、その狩猟能力の高さから中世の文学にも登場しています。そんな優れた狩猟犬であるイタリアン・スピノーネの歴史、特徴、育て方について紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

イタリアン・スピノーネのルーツと歴史

イタリアン・スピノーネ

イタリアン・スピノーネの起源は非常に古く、少なくとも紀元前500年にまでさかのぼります。ここでは、古い歴史をもつイタリアン・スピノーネのルーツについて紹介していきます。

イタリアの絵や文学に登場する犬

イタリアン・スピノーネは、別名を「イタリア・ポインター」とも呼ばれており、イタリア北西部のピエドゥモンテ州付近が発祥の地と言われています。この地域から来たグリフォンとイタリアン・セターなどの獣猟犬を交配して誕生した犬種と考えらます。

1450年頃には、著名な画家アンドレア・マンテーニャがマントゥアの城壁に残した『The Return of Cardinal Gonzago』にイタリアン・スピノーネのような犬が描かれており、他にも様々な画家の絵にも登場していました。中世の文学にも登場するほど、狩猟能力の高さが認められていましたが、狩猟の仕方が変化して銃猟用犬が用いられなくなったことから、イタリアン・スピノーネの繁殖数も比例して激減したようです。

しかし、1950年に入ると犬種の復活を目指した交配が組織的に行われ、2000年にはアメリカンケネルクラブのスポーティング・グループにて公認犬種とされました。

イタリアン・スピノーネの身体の特徴

イタリアン・スピノーネ

イタリアン・スピノーネは、ダンディーな印象を与えるふさふさな眉毛と口髭が特徴的な大型犬です。ここでは、イタリアン・スピノーネのさまざまな特徴について紹介していきます。

がっしりとした筋肉質な体型

イタリアン・スピノーネの理想体高は、オスが60~70cm、メスが58cm~65cmとされており、体重はオスが32~37kg、メスが28~30kgが理想とされています。
がっしりと角張った筋肉質な体型で、尻尾は付け根から約13~20cmの長さに断尾します。

針金のように固い被毛が特徴的

イタリアン・スピノーネの毛色は、単色のホワイト、ホワイトベースにオレンジマーキングや斑点があるもの、ローンまたはブラウンローンです。トライカラー、タン・マーキング、ブラックのすべてのコンビネーションの毛色は許容されていません。

毛質は、寒さに強く生い茂った藪の中でも皮膚を守るために分厚く硬い短毛が密集しています。硬く針金のような被毛は、ゴワゴワとした感触をしています。

お手入れは比較的楽で、ブラッシングは週1回程度の頻度で大丈夫です。抜け毛は多くありませんが、季節の変わり目などは抜け毛が増えるため、死毛を取り除いてあげる必要があります。

大型犬特有のかかりやすい病気がある

イタリアン・スピノーネの平均寿命は約12~14歳です。

気をつけたい病気は、遺伝性疾患の小脳性失調症、大型犬特有の股関節形成不全があります。小脳性失調症は、命にも関わる脳の病気なので、子犬を迎える前に血統図をよく確認しましょう。また、耳が大きく垂れているため外耳炎も起こしやすくなっています。

イタリアン・スピノーネの育て方

イタリアン・スピノーネ

イタリアン・スピノーネは、優しく温厚で物静かな性格で飼い主や家族には愛情深さを見せてくれます。
独立心が弱いため、外見に似合わず寂しがり屋な一面があり長時間ひとりでお留守番させるとストレスを溜めてしまうようです。ここでは、そんなイタリアン・スピノーネの育て方について紹介していきます。

しつけ|家族全員で一貫性を持った態度を

イタリアン・スピノーネは、飼い主に従順で、共に仕事をすることが大好きです。とても賢くトレーニングも入りやすいですが、頑固な性格でもあるため一貫性のない指示を出していたりすると言うことを聞かなくなることもあります。
そのため、ひとりひとり違う指示の出し方をするのではなく、家族全員が一貫性を持った訓練をするようにしましょう。加えて、力がとても強いため飼い主がしっかりとコントロールする必要があり、初心者向きの犬種ではありません。

運動量|散歩以外にも発散できる機会を

優秀な猟犬だったイタリアン・スピノーネは、スタミナがありパワフルです。そのため、この犬の運動量を満たしてあげるためには、1日1時間の散歩を2回は行う必要があります。散歩に加えて、リードなしで走り回れるドッグランや、ランニング、水泳、頭を使うゲームなどを行いストレスを発散させてあげましょう。

イタリアン・スピノーネと過ごす幸せな時間

イタリアン・スピノーネ

狩猟犬として優れた能力を持つイタリアン・スピノーネは、運動神経が抜群で運動量もとても多くなります。そのため、愛犬と一緒にさまざまなスポーツを行ったり、お出かけしたりと時間を作って体力を発散させてあげる必要があります。

また、大きな体で力も強いので事故が起きないよう、子犬のうちからしっかりとした主従関係を築き、どんなときもコントロールできるようにしつけることが大切です。よき家族のパートナーになれるよう、信頼関係を築きながらイタリアン・スピノーネとの楽しいワンコライフを送ってくださいね。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.05.27

この記事をシェアする