magazine

お手入れ

2020.05.02

【専門家が解説】犬の毛玉取りを安全におこなう方法とは?便利なグッズもチェック!

犬にできてしまった毛玉、どうしてますか?ハサミで切る、ブラシをかけるといった方法がありますが、何もせずに放っておくと毛玉は大きくなってしまいます。毛玉は皮膚炎の原因になるので、早めに取ってあげることが大切です。ここでは、認定動物看護師でありドッググルーミングスペシャリストの資格を持ちトリミングもおこなっている筆者が、犬の毛玉の予防方法や取り方、便利グッズをご紹介していきます。

#Goods

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

犬の毛玉を予防するには

犬 毛玉取り

毛玉予防の基本はブラッシングです。ブラッシングには被毛をきれいな状態に保つだけでなく、皮膚を刺激することにより血行を促したり、新陳代謝を活性化する効果が期待できます。また、犬の身体を触ることで皮膚病などの早期発見にも繋がることがあります。毛玉を作らないためのブラッシングのポイントや注意点をご説明します。

ブラッシングは毎日行うことが大切

犬のお手入れを怠ると被毛が絡み合って毛玉になってしまいます。ブラッシングは毎日の習慣として行いましょう。

毛玉対策にはスリッカーブラシがおすすめ

ブラシには様々な種類がありますが、被毛がもつれやすかったり、毛玉ができやすい子にはスリッカーブラシがおすすめです。スリッカーブラシを使用すると、もつれた被毛を割いてふわっとさせることができます。

シャンプー前にもブラッシングを

被毛にもつれがある状態で水に塗らすと、余計に毛が絡み合い毛玉を作ってしまいます。シャンプー剤のすすぎ残しの原因にもなるので、シャンプー前には必ずブラッシングしてもつれや毛玉を取り除いておきましょう。

犬の毛玉取りの方法

犬 毛玉取り

毛玉ができた場合、根元からハサミで切ってしまえば楽ですが、見栄えが悪くなってしまいます。おすすめの毛玉の取り方をご紹介します。

スリッカーブラシとコームを使う

被毛のもつれや軽度の毛玉であれば、スリッカーブラシとコームで取ることができます。まずは犬が毛玉を引っ張られて痛い思いをしないよう、利き手と逆の手で毛玉と皮膚の間を押さえます。そして、スリッカーブラシで毛玉の先から少しずつほぐし、毛玉がほぐれたらコームで毛の根元からすきます。

ハサミで切る

しっかりと固まった毛玉ではハサミを使用します。まず、毛玉に対し縦にハサミでいくつか切り込みを入れます。このとき、刃先で皮膚を切らないよう十分注意して下さい。その後、スリッカーブラシとコームで少しずつほぐします。

バリカンで刈り取る

毛の根元からびっしり毛玉になっている場合には、ミリ数の小さいバリカンで刈り取る必要があります。皮膚に対して平行に、皮膚に沿わせるようバリカンをかけます。耳のひだになっている部分などは怪我をさせやすいので慎重に行いましょう。

トリミングサロンにお願いする

無理に毛玉を取ろうとすると、皮膚が炎症を起こしたり怪我のもとにもなります。飼い主さん自身で毛玉を取ることが難しいようであれば、あまり気負わずプロにお願いしましょう。

犬の毛玉取りに関連した便利グッズをご紹介

犬 毛玉取り

毛玉取りに必要なグッズや、あると便利なお手入れ用品をご紹介します。

トリマー推奨のスリッカーブラシ

伝統の技術でペット用品を製造する岡野製作所のスリッカーブラシです。錆びにくいステンレス針を使用しており、極厚ラバーで強度があります。トリマーさん推奨製品です。

商品名:岡野ONSスリッカーブラシ武蔵PROソフト

プロ仕様のコーム

こちらも、岡野製作所の製品です。手に持ちやすく、ほどよい重みがあり使い勝手の良いコームです。

商品名:岡野ONS高級両目金櫛

毛玉をほぐしながらお手入れできる毛玉取りカッター

毛を切りすぎずに毛玉をほぐせる毛玉取りカッターです。ステンレス製で錆びにくく、手に持ちやすいフォルムです。

商品名:マットブレーカー毛玉ほぐし

スプレータイプで予防&除去もおすすめ

ティーツリーオイルやユーカリオイルを使用した、毛玉防止剤です。シャンプー前に使用すると、毛玉除去にも効果を発揮します。

商品名:A.P.D.C.グルーミングスプレー

犬の毛玉は、予防と早めの対処が大切です

犬 毛玉取り

毛玉ができる主な原因は、ブラッシング不足です。毛玉ができやすい場所をブラッシングすることで予防できるので、毎日欠かさずお手入れしましょう。また、毛玉ができてしまったら無理に引っ張らず、怪我に注意しながら少しずつ毛玉をほぐしてあげましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!