magazine

犬を迎える

2020.04.02

ラブラドールレトリバーの子犬はやんちゃ?楽しい新生活を送るための秘訣

ラブラドールレトリバーの子犬はまん丸としてとても可愛いですよね。そんな可愛いラブラドールレトリバーの子犬に一目惚れをして、ラブラドールレトリバーを迎えようと決心した飼い主も多いのではないでしょうか?しかし、ラブラドールレトリバーの子犬を迎えたものの、疑問がいっぱいで困ってしまう飼い主も少なくはありません。ここでは、そんなラブラドールレトリバーの子犬に関する疑問に答えていきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ラブラドールレトリバーの魅力を引き出す育て方は?

ラブラドールレトリバー 子犬

ラブラドールレトリバーの子犬を育てる場合は、まずどんな成犬に育ってほしいかをイメージしてみましょう。自分の子犬が自分のイメージ通りの成犬に育つとは限りません。しかし、目標を持つことでしつけの道筋などが明らかになることがあります。

ここでは、ラブラドールの魅力を最大限に引き出すための子犬の育て方を紹介していきます。

子犬の頃からしつけにしっかりと取り組もう

ラブラドールレトリバーは非常に知能が高い犬種です。しかし、知能が高いからと言ってしつけをしなくてもいいわけではありません。子犬の頃からしてもいいことと、してはいけないことをしっかりと教えるようにしましょう。家のルールを明確に決めておくことで、成犬になってもラブラドールと飼い主が共に快適な生活を楽しむことができます。

人とのスキンシップを大切にしよう

ラブラドールレトリバーは飼い主と過ごすのが大好きな犬種です。そのため、子犬の頃からスキンシップの時間をしっかりと確保し、ラブラドールと信頼関係を築けるようにしましょう。ラブラドールをペットとしてだけではなく、家族の一員として迎えることで、さらに楽しい毎日になるに間違いありません。

ラブラドールレトリバーの子犬が散歩・シャンプーを始める時期

ラブラドールレトリバー 子犬

ラブラドールレトリバーの成犬は運動量などを時間で管理することができますが、子犬の頃は運動量の目安がわかりにくいですよね。また、シャンプーのしすぎで被毛や皮膚が傷つくのを心配している飼い主も多いのではないでしょうか?ここでは、子犬の散歩・シャンプーを始める時期を解説していきます。

子犬の頃の運動量に注意しよう

ラブラドールレトリバーの子犬も適度な運動が必要です。しかし、過度な運動は体に負担をかけてしまい、成犬になったときに関節の不調の原因になってしまいます。そのため、ラブラドールが子犬の頃は自由運動を心がけ、無理な運動をさせないように心がけましょう。また、屋外での散歩は必要なワクチンを終えてからにするようにしましょう。

シャンプーは子犬にとって楽しい時間に

子犬はいつ頃からでもシャンプーをして大丈夫です。しかし、子犬の頃は低刺激なシャンプーを選び、汚れた時だけのシャンプーをするようにしましょう。ラブラドールは水が大好きな犬種ですが、シャンプーが怖い時間だと、水が嫌いになってしまう可能性があります。そのため、シャンプーの時間は必ず子犬にとって楽しい時間にすることが大切です。

ラブラドールレトリバーの子犬の餌の量と種類

ラブラドールレトリバー 子犬

ラブラドールのレトリバーの子犬は成長の真っ盛りです。そのため、ラブラドールの子犬に合ったクオリティーの高い餌を与えることが大切です。ここでは、ラブラドールの子犬の餌の量と種類について詳しく解説していきます。

年齢にあった餌の種類と量を

ラブラドールレトリバーの子犬の年齢に合った餌を選ぶことは非常に大切です。子犬は成長期なので、成犬とは必要な栄養が異なります。また、ドッグフードは必ず推薦給与量が表示されているので、その量を目安に餌の量を調整するようにしましょう。

おやつのあげすぎには注意を

ラブラドールレトリバーは他の犬種と比較して太りやすい傾向があります。そのため、おやつの与えすぎにはくれぐれも注意をするようにしましょう。肥満が心配な場合は茹でチキンなどの低カロリーのおやつがおすすめですよ。

ラブラドールレトリバーの子犬と楽しい生活を

ラブラドールレトリバー 子犬

ここではラブラドールレトリバーの子犬の育て方について詳しく解説していきました。ラブラドールレトリバーはあっという間に大きくなってしまうからこそ、子犬のうちにしっかりとしつけをしなければいけません。また、体がしっかり成長できるようにしっかりと運動や食事にも注意する必要があります。ラブラドールレトリバーの子犬時代をしっかりと過ごし、ラブラドールとの楽しい生活を楽しんでくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.04.02

この記事をシェアする