magazine

住まい / 生活

2020.04.17

【専門家監修】動物専門学校では何が学べるの?活躍できる就職先もチェック

動物専門学校とは、その名のとおり動物についての専門的な勉強ができる専門学校のことです。学校ではどのような授業を受け、卒業後の就職先にはどのようなところがあるのでしょうか。ここでは、動物専門学校の選び方や、卒業後に就ける仕事についてご紹介します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士(監修:阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師)

この記事をシェアする

動物専門学校で学べる事

動物専門学校

動物専門学校は全国に複数ありますが、主に「動物看護師」「トリマー」「ドッグトレーナー」の3つの学科を置いている学校が多いようです。

動物看護師

受付や診療補助、入院動物の管理などのほか、動物の身体のしくみや病気、犬種による特徴など、動物病院の業務全般の知識と技術について学びます。

トリマー

犬学や飼養管理学、ハンドリング理論、グルーミング理論など、トリマーになるための技術や知識学ぶことができます。

ドッグトレーナー

犬学、動物行動学、ペット健康管理学、動物看護、動物心理などがあり、ドッグトレーナーに必要な知識を学びます。また、実習では実際に犬にトレーニングを行いながら、トレーナーとしての基礎を身につけていきます。

動物専門学校を卒業して就ける職業

動物専門学校

動物専門学校で学んだ後に就ける職業には、動物看護師やトリマー、ドッグトレーナーなどがあります。

動物看護師

主に動物病院で獣医師の診療補助を行います。診察時に動物が暴れないよう抑えたり(保定と言います)、体温や脈拍の測定、血液検査などを行います。そのほか、受付や会計、入院動物の世話、手術の助手、器具の消毒・滅菌など幅広い業務をこなします。

トリマー

犬のトリミングをします。爪切りや肛門腺しぼり、シャンプー、カットでペットをきれいに、魅力的に仕上げます。飼い主さんの好みや希望を把握しつつ、ペットに似合うスタイルを提案したり、健康状態をチェックし飼い主さんに報告することも大切な仕事です。
トリミングサロンや、トリミング施設のある動物病院で活躍します。

ドッグトレーナー

犬をしつける専門家で、犬と人が一緒に暮らせるよう、専門的な訓練を実施します。犬の訓練のみならず、飼い主さんへしつけ方のアドバイスも行います。
主な就職先は犬のしつけ教室、警察犬学校、盲導犬協会などが挙げられます。

その他

動物園や水族館、ペットショップ、観光牧場、しつけ教室、ドッグカフェなど、動物がいる様々な場所で活躍します。

動物専門学校の選び方

動物専門学校

数ある動物専門学校にはそれぞれ特徴があり、将来何の仕事を目指すかによって学校の選び方も変わってきます。

動物看護師を目指す場合の選び方

現在、動物看護師を国家資格化する法律が成立しており、早ければ2023年にも国家試験が実施され、国家資格者である愛玩動物看護師が誕生する予定です。現時点では動物看護師認定機構が認定する民間資格「認定動物看護師」の資格取得が、動物看護師になるための近道と考えられます。
学校のカリキュラムなどを確認し、認定動物看護師の資格取得に対応している学校を選ぶと良いでしょう。

トリマーを目指す場合の選び方

トリマーを養成するための学科がある学校を選びましょう。グルーミングなどのお手入れや動物との接し方などを学べるほか、動物を扱った実習を通してトリマーになるために必要な、専門的な技術を身につけることができます。
JKC公認トリマー養成機関の中のトリマー協力校に指定されている学校であれば、カリキュラム修了後にJKC公認トリマーC級の受験資格が得られます。

ドッグトレーナーを目指す場合の選び方

ドッグトレーナーコースがある学校を選びましょう。ドッグトレーナーは経験が大切な仕事になるので、どのような実習があるのかカリキュラムをよく確認しましょう。また、就職支援などのサポートがある学校を選ぶことも大切です。

目的に合った動物専門学校を選ぼう

動物専門学校

いかがでしたか?動物専門学校にはそれぞれ特色があり、将来就きたい仕事によって選び方が変わることがわかりました。将来の夢を叶えるためにも、十分にリサーチして、後悔のない学校選びをしましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.04.17

この記事をシェアする