magazine

犬 威嚇 鳴き声
犬の生態 / 気持ち

2021.03.04

犬が威嚇しているときの鳴き声とは?犬が唸る原因と威嚇をやめさせる方法

犬が威嚇して唸り声をあげ、困っているという飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。犬は知らない人が近付いてきたときに警戒したり、大切なものを取られそうになって吠えることもあります。ここでは、犬が威嚇して鳴くときの理由や、やめさせる方法、威嚇する犬の鳴き声についてご紹介します。

江野 友紀/認定動物看護士

犬が威嚇するように鳴く理由

犬 鳴き声 威嚇

威嚇する犬の鳴き声は、ときにご近所問題になってしまうこともあります。犬が威嚇する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

犬が威嚇する理由1. 警戒心や恐怖心を抱いている

犬は基本的に、警戒心が強い動物です。見知らぬ人や聞いたことのない音には敏感で、警戒心から威嚇することがあります。また、苦手な犬や人が近づいてきたり、車やバイクなどの大きな音、ほかの犬の鳴き声に反応して警戒し、唸り声をあげることもあります。

犬が威嚇する理由2. 要求を通そうとしている

犬はおやつが欲しい、ケージから出してほしいなど、要求する気持ちをアピールするために唸り声をあげることがあります。ここで飼い主さんが要求を呑んでしまうと、犬は「唸り声をあげれば飼い主さんは自分の言いなりになる」と考え、さらに鳴くようになってしまいます。

犬が威嚇する理由3. 物に対して執着心がある

物を独占したいという欲が強く、お気に入りのおもちゃで遊んでいるときやごはんを食べているときに、他の犬が近づいたり人が手を出そうとすると「取られる!」と思い、威嚇することがあります。

犬が威嚇する理由4. 自分が優位であると示している

犬は縦社会を築く生き物なので、自分が相手よりも優位であることを誇示するために威嚇行動を取ることがあります。

犬が威嚇するときの鳴き声はどんな声?

犬 鳴き声 威嚇

威嚇するときの犬の鳴き声や鳴き方には個体差がありますが、一般的には低い唸り声を出したり、短い声でワン!と吠えます。どんな声で威嚇しているのか、実際の犬の鳴き声をご紹介します。

低く長いうなり声を出す

犬が低い声で「ヴー」と唸り声をあげるときは、相手に対して警戒したり、攻撃的になっているときです。こちらのわんちゃんの場合は、大好きなぬいぐるみで遊んでいるときに飼い主さんにちょっかいを出されて怒り、唸り声をあげています。わんちゃんは必死ですが、ちょっと可愛らしい動画ですね。

低い声で短く吠える

犬の鳴き声が「ワン」と短く低い声のときは、不審なものや知らない相手へ警戒心を抱いているときです。こちらのわんちゃんは、怪しい動きをする車のおもちゃに驚き警戒し、時々吠えながら様子を伺っています。

犬の威嚇をやめさせる方法

犬 鳴き声 威嚇 やめさせる

犬が威嚇する理由は様々で、やめさせる方法は威嚇の理由によっても異なります。ここでは、玄関チャイムなどに反応して鳴く場合と、物に対して執着して唸る場合の対処法についてご紹介します。

玄関チャイムや騒音に対する威嚇の場合

来客時のインターホンの音や屋外からの騒音に対し、威嚇して鳴くことがあります。このとき飼い主さんが犬の鳴き声に対し「こらこら!」「ダメだよ」と声をかけると、犬は言葉の意味よりも声のトーンなどに反応し、飼い主さんが応援してくれている、と勘違いして余計に吠えるようになることがあります。犬が威嚇するときは「ハウス」など、しつけができている言葉でコマンドを出し、ハウスが出来て唸ることをやめたらご褒美をあげましょう。

物に対する執着心による威嚇の場合

自分がお気に入りのおもちゃや食餌が入っていた食器など、執着のあるものを奪われそうになると相手を威嚇することがあります。もし犬が執着しているものを取り上げたいときには、大好きなおやつなどを見せて「ちょうだい」と声をかけて、唸ることをやめたらおやつと交換しましょう。

威嚇する犬の鳴き声|心理を知って正しく接しよう

犬の鳴き声 威嚇

いかがでしたか?犬の威嚇は、エスカレートすると咬みつきなどの問題行動に発展してしまうこともあるので、幼い頃からきちんとしつけることが大切です。もし威嚇してしまう場合には、犬の心理状態を考えながらどのように対処すべきか考えましょう。

  • 公開日:

    2020.04.06

  • 更新日:

    2021.03.04

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 江野 友紀
  • 認定動物看護士
  • 地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。 ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。 普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。 ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。