magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.04.09

犬が嫌がる音ってどんな音?嫌がる音の種類から犬が音を嫌がるときの対処法まで解説

あなたは自分の犬が苦手な音を知っていますか?人の生活の中には犬が嫌がる音がたくさん潜んでいます。しかし、多くの飼い主は犬が嫌がる音を知らず、犬がその音を聞いてパニック状態になるまで気が付きません。パニック状態の犬を落ち着かせるのは非常に困難で、犬だけでなく飼い主もストレスを感じてしまいます。ここでは、犬が嫌がる音の種類や、犬が嫌がる音を聞いたときの対処法について詳しく解説していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー(監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

犬が嫌がる音にはどんな種類があるの?

犬 嫌がる音

毎日の生活の中で犬が嫌がる音はいくつかあります。犬が嫌がる音にはその犬しか嫌がらないような個体特有のものもあれば、多くの犬が共通して嫌がる音もあります。自分の犬を観察し、自分の犬の嫌がる音を見つけることはもちろん大切です。しかし、まず初めは、多くの犬が共通して嫌がる音を知っておきましょう。。

犬が嫌がる音

・雷の音
・掃除機の音
・花火の音
・車などのエンジンの音
・電動ドリルの音
・ドライヤーの音

犬が特定の音を嫌がるのはなぜ?理由を解説

犬 嫌がる音

犬が特定の音を嫌がる理由はいくつかありますが、最も一般的な理由は犬がその音を理解できないということです。ドライヤーやドリルの人工的な音は犬とっては非常に不自然な音で、犬はそれが何の音かを理解することがでません。また、雷や花火の不規則で予測できない音に恐怖心を抱く犬が多いです。このように犬は理解できないものに対して不快感を抱く習性が関係しているのです。

また犬は嫌な思い出と音を関連づけることもあります。犬が怖い経験や痛い経験をしたときに聞こえた音を記憶します。似たような音を聞くだけで、辛い経験を思いだしてしまいます。そうした辛い経験と関係している音を嫌がるようになります。

犬が特定の音を嫌がるときの対処方法は?

犬 嫌がる音

犬が嫌がる音を聞いたときの反応は犬によって異なります。不安そうな表情を顔に浮かべるだけの犬もいれば、パニック状態になり、震え出してしまう犬もいます。
犬が嫌な音にどのように反応するにしても、犬が嫌がっているのであれば、きちんと対処してあげなければいけません。
ここでは、犬が音を嫌がるときにどのように対処すればいいのかを解説していきます。

犬が安心できる狭いスペースを確保する

犬は狭いスペースに入ることで安心する習性があります。そのため、犬が嫌がる音を聞いて不安になっているときは、犬が安心できるスペースを用意してあげましょう。

犬の気をそらす

犬の嫌がる音が聞こえるときは、おやつやおもちゃで犬の気をそらしてあげるようにしましょう。おやつやおもちゃで犬の気をそらすことで、犬の恐怖心や不快感を和らげてあげることができます。

苦手な音を愛犬に慣れてもらうときの注意点は?

犬 嫌がる音

犬の嫌がる音がない環境を整えてあげられるのがベストです。しかし、掃除機やドライヤーを使わずに生活をするのは大変です。また、雷や花火は飼い主の力ではどうすることもできません。そのため、嫌な音を避けるだけではなく、犬を嫌がる音に慣らしておくのも非常に大切です。ここでは、犬を嫌がる音に慣らさせるときの注意点を解説していきます。

犬を絶対に叱らないように

犬が嫌がる音を聞いてパニック状態になってしまっても、絶対に叱らないようにしましょう。犬が嫌がっている音は犬にとってネガティブなものです。飼い主が犬を叱ってしまうと、その音をさらにネガティブなものにし、逆効果になってしまう可能性があります。
犬を音に慣れさせる場合は失敗を叱るのではなく、落ち着いた行動を褒めてあげるようにしましょう。

嫌がる音に慣れさせるのには時間がかかる

犬を嫌がる音に慣れさせる場合は焦らないことです。時間をかけてゆっくりと慣れさせてあげるようにしましょう。

愛犬と快適に暮らすために“音”にも耳を傾けよう

犬 嫌がる音

ここでは、犬が嫌がる音について詳しく解説していきました。犬が嫌がる音を知ることで、その音を避け、適切に対処することが可能になります。飼い主の小さな心がけで、犬が嫌な思いをするのを避けることができます。犬の生活環境の音に注意を向け、犬がさらに快適で安心できる生活ができるようにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

  • 更新日:

    2020.04.09

この記事をシェアする