magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.04.10

愛犬が木の枝を持ち帰る、意外すぎる理由とは?木の枝の取り扱い注意点と共に解説

愛犬がお散歩中に木の枝を見つけて持ち帰るので、家には木の枝がたくさんたまって困っている!こんな犬の木の枝にまつわる悩みを抱えている人は決して少なくありません。“木の枝を家に持ち帰る”という声は多く、犬にそれをやめさせるのは意外にも大変です。しかし、犬はなぜここまで木の枝が好きなのでしょうか?ここでは、犬が木の枝を持ち帰る理由に加え、持ち帰らなくするための対策や木の枝で遊ぶ危険性についても解説していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬が木の枝を持ち帰るのはどうして?

犬 木の枝 持ち帰る

散歩に行くたびにどこからか木の枝を見つけてきて、毎日のように家に持ち帰る犬はたくさんいます。犬はなぜこれほど木の枝を犬に持ち帰ることが好きなのでしょうか?ここでは、犬が木の枝を持ち帰る理由について詳しく解説していきます。

犬の木の枝への愛

犬の木の枝に対する愛は深いです。犬が木の枝をここまで好む理由ははっきりとはわかっていませんが、犬の本能に深く関係しているのではないかと考えられています。木の枝は細くて長く、動物の骨によく似ています。この点から犬が木の枝を好むのではないかと考える人がいます。また、木の匂いが犬にとっては魅力的であることから熱心に集めるのではないかと考える説もあります。

犬が木の枝を好む理由は今でもはっきりとはしていませんが、もしかすると犬によって木の枝が好きな理由も異なるのかもしれませんね。

木の枝を家に持ち帰る心理は?

犬が家に木の枝を持ち帰るのは木の枝が好きだからです。犬が好きなものを持ち帰るのは自然な行動で、収集癖がある犬の場合は、咥えやすい枝はさらに魅力的です。その木の枝を独占したり、所有したいという理由で自分の家に持ち帰りますが、大抵持ち帰った木の枝は持ち帰ったままで、遊ぶことも滅多にない場合が多いです。

犬が木の枝を持ち帰るのは危険?

犬 木の枝 持ち帰る

犬が木の枝を持ち帰るのは無害なように感じるかもしれません。しかし、犬が木の枝を持ち帰るのには危険な点がいくつかあります。木の枝の危険性をしっかりと理解し、予期せぬアクシデントを事前に防ぐようにしてくださいね。

木の枝を誤飲してしまう危険性

犬が小さな枝を咥えていたり、木の枝を噛むのが好きなのであれば、誤飲に十分に注意しなくてはいけません。木の枝は体内で消化することができず腸閉塞の原因になってしまう他、喉や腸など消化器官に刺さる危険性があります。また、喉に詰まって窒息してしまうと大変です。

木の枝が口内に刺さってしまう危険性

犬が木の枝を咥えているときに何かにぶつかってしまうと、木の枝が口内に刺さってしまう危険性があります。意外にも犬は自分が咥えている枝の幅を認識していなかったりします。口内に木の枝が刺さるのは出血や炎症を引き起こす場合がありますし、刺さりどころが悪ければ大きなダメージを及ぼす危険性もあります。

犬が木の枝を持ち帰るのをやめさせる方法

犬 木の枝 持ち帰る

犬が木の枝を持ち帰り、家に木の枝がいっぱいある。また、犬が怪我をしないように木の枝を持ち帰るのをやめてほしい。理由がなんであれ、犬が木の枝を持ち帰るのをやめさせたいと考える人はたくさんいるのではないでしょうか?しかし、犬が木の枝を持ち帰るのをやめさせるのは意外に大変です。ここでは、犬が木の枝を持ち帰るのをやめさせる方法を紹介していきます。

1.おやつやおもちゃと交換するようにしよう

犬が木の枝を持ち帰ろうとしたら、それをおやつやおもちゃと交換するようにしましょう。木の枝を持っている犬の気をおやつやおもちゃで紛らわせることで、効果的に木の枝が取り上げられます。また、犬が木の枝を無視できた場合は、おやつやおもちゃでよく褒めてあげることで、木の枝を咥えないように教えることができます。

咥えている枝を無理に取ろうと、「ひっぱりっこ」と勘違いする場合や、口腔内を傷つける危険性が高く、無理に取ることで犬がさらに力を入れて噛んでしまうことがあるので気をつけましょう。

2.「ちょうだい」のコマンドを教える

木の枝を持ち帰る長期的な解決策としては、「ちょうだい」のコマンドを教えることがおすすめです。「ちょうだい」というと犬が口に咥えているものを離せるように日頃から練習しておきましょう。

木の枝を持ち帰ることでもう悩まない

犬 木の枝 持ち帰る

ここでは、犬が木の枝を持ち帰る行為について詳しく解説していきました。犬が木の枝を持ち帰るのは、実は本能に深く関係しているのかもしれません。しかし、その反面、木の枝を持ち帰るのには危険な点がいくつかあり、きちんと注意しなくてはいけません。どうしても犬が木の枝を咥えてしまうという場合には、安全に最大限気を配るようにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

  • 更新日:

    2020.04.10

この記事をシェアする