magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.06.15

愛しい犬の天然な行動10選|コレだから可愛い、犬の天然な行動とは

普段はクールな犬やのんびり屋さんの犬でも、何かのきっかけで「え?」と思うような行動をとることはありませんか?誰に教えられたわけでもないのに、思わず笑ってしまうような犬の天然な行動。そんな行動を見ると、どんなに嫌なことがあっても忘れてしまいそうになります。また「犬と一緒に暮らしていて良かった!」そう感じる瞬間です。今回は、たまらなくかわいい犬の天然な行動を集めてみました。

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

犬は元から天然な行動をする動物

犬 天然 行動

人間目線で見ると「天然」と思う行動も、犬にとってはごく自然な行動の一つ。人間と違い犬は、打算や邪念がない純粋な生き物。そんな犬のピュアな行動が私たちには“天然”として映るんですね。

ですが、「え?なんでそうなるの?」と思えるような行動も多々あります。そんな犬たちの天然な行動を見ると、それがたとえイタズラであったとしてもついつい笑って許してしまいそうになります。そんな犬の天然な行動を観れるのも飼い主の楽しみの一つ。ぜひ、犬の行動をじっくり観察してみてくださいね。

おもわず笑ってしまう犬の天然な行動10タイプ!

犬 天然 行動

「なんでそうなるの?」とおもわず笑ってしまう犬の天然な行動。嬉しそうにくわえてきた枝が柵にひっかかって前に進めなくて困った!という動画をよく目にしますが、犬の天然な行動はそれだけではありません。ここでは、そんな犬の天然な10タイプの行動を集めてみました。

1.鏡や水面に映った自分が気になる

犬 天然 行動

犬は、鏡や水面に自分の姿が映っていることが理解できません。人間と暮らしている犬は、もしかしたら自分の姿が人間と同じ形だと思っている可能性もあります。そのため、映っている自分の姿を見て他の犬がいると思ってしまい、吠えたり、触ろうとしたり、匂いを嗅ごうするなどの行動をとります。

また、ステンレスのフードボウルに映る自分の姿を怖がる犬もいます。特に、子犬の頃に多く見られる天然と言える行動で、成長するにつれ、映っている犬には会えないと理解できるようですが、いつまでも吠えたり、触ろうとする場合には、ストレスとなる場合もあるので、鏡にカバーをするなどしてあげましょう。

また、ステンレスのフードボウルを怖がり、ご飯を食べなくなってしまう場合もあるので、その際にはフードボウルを陶器のものに変えてあげましょう。

2.鳥を捕まえられると思っている

犬 天然 行動

鳥を追いかける行動は、レトリバーなどによくある行動です。レトリバーの場合は、本能から鳥を追いかける可能性がありますが、その他の犬種も地上から飛び立つ鳥が気になってしかたない子は多くいます。中には、犬のそんな行動を見てからかいに来る鳥もいます。

鳥と上手に遊んでいるうちはいいのですが、鳥の中には犬を攻撃するツワモノもいます。そのような場合は、鋭いくちばしで急所である目を狙ってくる可能性が高いので、あまりしつこく鳥を追いかけている場合はやめさせるようにしましょう。

3.眠いのに頑張って起きている

犬 天然 行動

クタクタに疲れているはずなのに、必死に目を開けながらもコックリコックリ。たまに、はっと目を開けて「寝てませんよ」とアピール!家族が楽しそうにしていたり、人間の食事時などによく見られる行動です。

自分も仲間に入りたいという一心から、一生懸命目を開けて起きようとしているようですが、あまりに疲れていると感じる時や子犬の場合は、暗く静かな場所にハウスを移動して、安眠できるようにしてあげましょう。

4.ゴロスリしていて斜面を転がって落ちる

犬 天然 行動

綺麗に刈られた芝生や雪が積もっている斜面を見ると、犬たちはゴロゴロスリスリと転げ回って遊びたがります。ゴロスリを始めると楽しくなってしまい興奮する犬も多く、気がつけばゴロスリしながら斜面を転がり落ちることもよくあります。あまり急な斜面や下に壁や木があり場合は、怪我をする可能性が高いので注意が必要ですね。

5.動くものが生き物に見えて捕まえようとする

犬 天然 行動

仔犬の頃によくあるのが、動くもの全てを生き物だと思う天然な行動です。転がっているボール、動くぬいぐるみ、時計など動くものすべてが生き物に見えて、気になって手で捕まえようとしたり、ワンワン吠えてみたり、クンクン匂いを嗅いでみたり。純粋な子犬だからこその天然な行動は、見ていて飽きない可愛さがあります。成長するにつれ、生き物ではないと認識するようになりますが、成犬になっても続くようであれば生き物ではないことをきちんと教えてあげましょう。

6.テレビの中のボールが取れると思っている

犬 天然 行動

サッカーやテニスなどを見ている時に、そのボールをキャッチしたくてテレビに近づく犬が多くいます。テレビの周りをいったりきたり、犬にとっては見えているのにキャッチできないボールが不思議でたまりません。

また、テレビの中の犬に会えると思い、一生懸命匂いを嗅いだり、テレビの裏側に回って探してみたり、テレビを見ている犬の思わずクスッと笑ってしまう天然な行動はたくさんあります。中には、テレビが大好きになりずっとテレビを見続ける犬もいるほど。犬にとってテレビは玉手箱なのかもしれません。もし犬が長時間テレビを見る場合は、テレビの音量に気をつけてあげましょう。

7.飼い主を間違える

犬 天然 行動

「わ~い、ママが来た!」とばかりに走りより、「あっ違った!」とバツの悪そうな顔をして、すごすご帰ってくるなど、飼い主やその家族とよく似た雰囲気を持っている人を飼い主だと勘違いして、嬉しそうに近づいていったり飛びついてしまったりすることはありませんか。

犬は、聴覚や嗅覚に比べて視覚はやや劣ります。近くのものを見るのは得意ですが、遠くのものを見るのが苦手で、また、色も人間と同じように何色も識別できるわけではありません。そのため、飼い主と同じような髪の長さの女性や似たような色のアウターを着た男性などを飼い主と勘違いしてしまうことがあります。おもわず笑ってしまう犬の天然な行動に見えますが、全く関係のない人に走り寄ったり飛びついてしまっては危険なので、普段から飛びつきなどはさせないようにしましょう。

8.自分の影を追いかける

太陽や電気の光で映し出される自分の影が犬にとっては気になるようです。もう一頭自分にくっついてくる犬がいると勘違いして、影を一生懸命追いかけては捕まえようとしていることはありませんか。時には、尻尾の影を追いかけてくるくる回り続けたり、プレイバウをして一緒に遊ぼうよと誘ってみたり。

典型的な犬の天然ぶりがわかる行動ですが、あまりしつこく自分を追いかける場合や成犬になっても尻尾を追いかけぐるぐる回るような場合は、ストレスから発症する常同障害の可能性があるので注意しましょう。

9.電柱にぶつかってビックリ!

お散歩中に匂いに夢中になって下ばかり見ながら歩いていたり、後ろから来る車などの音が気になって後ろを振りかえりながら歩いていて目の前の電柱にぶつかることがあります。電柱にぶつかり「え?」とビックリして立ち止まった顔を見ると思わず笑ってしまいます。

犬なのに注意力が散漫と思ってしまいますが、電柱にぶつかり怪我をすることもあります。お散歩中は、リードを上手にコントロールして前方を見て歩くようにさせましょう。

10.反射した光を追いかけて捕まえようとする

鏡に反射した光を生き物と勘違いして、必死に捕まえようとしている行動もよくあります。口でパクッとしようとしたり、手で捕まえようとしたり、そんな行動を見ていると思わず笑ってしまいます。

犬は何かを追いかけていると、だんだんと犬は興奮してだんだん動きが激しくなることもあります。周囲に危ないものがないかよく確認して、怪我をしないようにすることが大切です。また、あまり興奮させないように、追いかけている光を遮るなどして、適当なところで止めさせましょう。

人間から見て天然な行動も犬にとっては真剣だったりする

犬 天然 行動

犬との暮らしは発見の連続。犬の行動をよく観察していると、日々天然な行動を発見することができます。なぜそうなる?思わず笑ってしまう天然な行動など、私たち飼い主の想像を超えるアクションをする犬たち。私たちから見れば、天然な行動に見えても犬にとっては真剣そのものな時もあります。犬の天然な行動は可愛さ百倍ですが、中には怪我をする可能性もあるので、何度も繰り返し同じ行動をする場合や危険な場所では十分に気をつけてあげてください。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士、犬の東洋医学生活管理士2級

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

  • 公開日:

    2020.04.24

  • 更新日:

    2020.06.15

この記事をシェアする