magazine

食べもの

2020.04.03

少しだけなら大丈夫?絶対にダメ!犬にお酒を飲ませる危険性と誤飲した場合の対処法とは

夕食後の晩酌タイムに愛犬がそばに寄ってきて、興味津々でこっちを見ている・・。少しだけなら犬にお酒をあげてもいいの?いいえ、犬にとってお酒は非常に毒性が高いため与えてはいけません。
ここでは、犬にお酒を与える危険性や中毒について解説します。また、こんな状況は要注意、犬がお酒を誤って飲んでしまわないようにするポイントをご紹介します。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

犬がお酒を飲ませてはいけない理由

犬 お酒

犬にとってお酒は非常に毒性が高い飲み物です。アルコールに含まれるアセトアルデヒトは、犬の体内で分解することができない有害物質です。自分でアルコールを分解できないとなると、脳幹の働きを鈍らせてしまいます。また、体内に分解されていないアルコールが残り続けると、重い中毒症状を引き起こす危険性があります。
これは犬の命にかかわる問題ですので、まずもって犬にお酒は厳禁です。

少量のお酒をたまに飲ませるのもダメ?

少量のお酒を犬に飲ませて何も症状がないからと、少しずつ愛犬にお酒を飲ませることは絶対にやめてください。
犬のお酒の致死量は、1kgあたり5.6mlとされています。一口舐めさせただけでも簡単に摂取できてしまう量です。体格が小さい小型犬でしたら、それだけで十分中毒になる可能性があります。
そして、あくまでこれは致死量の話です。人間であっても、少しお酒を飲んだだけで相当に気分を悪くする人がいるように、致死量よりも少ない量であったとしてもあなたの愛犬が重度の中毒になる可能性は否定できないのです。

犬がお酒を飲んだらまず動物病院へ

目を離した隙に、愛犬がお酒を舐めていた。絶対に起こってほしくない状況ですが、もしそんなことになったらなるべく早くかかりつけの獣医師に相談してください。
体内でアルコールを分解できない犬にとって、中毒症状は時間が経ってから出る可能性があります。飲んですぐはけろっとしているように見えても油断はせず、かならず獣医師に指示を仰ぎ動物病院で診察を受けるようにしましょう。

犬がお酒を誤飲してしまった・・どうなる?

犬 お酒

犬がお酒を誤飲してしまった場合、アルコールに対する中毒症状で命を落としてしまう可能性があります。アルコールに対する体の反応には個体差があり、ほんの少量のお酒でも場合によっては中毒を引き起こしてしまうことも考えられるのです。

犬のアルコール中毒の症状は

嘔吐、低体温、興奮などの症状が出ます。深刻になると、意識が朦朧(もうろう)としてきて昏睡状態に陥り、心肺機能が低下していきます。昏睡状態から呼吸困難に陥ることもあれば、自分の嘔吐物を喉に詰まらせて窒息してしまうことも。最悪の場合は死に至ります。

犬のアルコール中毒の治療法は?

アルコール中毒の疑いがある場合は、摂取してしまったアルコールを吐き出すための処置を行います。また、胃洗浄を行い、胃の中から有害物質を無くす方法がよく用いられます。さらに深刻なケースになると、犬の体内からアルコールを押し出すための点滴治療が行われます。

こんな状況は作らないで!愛犬がお酒を飲むのを防ぐことが何よりも大切です

犬 お酒

「犬がうっかりお酒を飲んでしまった」そんな事態は何があっても避けたいです。愛犬がそもそもお酒を飲まないように、飼い主がしっかりと環境を整えてあげなくてはいけません。
ここでは、実は多く見られる犬がお酒を誤飲する可能性がある状況と、犬にお酒を近づけないためのポイントをご紹介します。

お酒を出しっぱなしにしない

当たり前ですが、液体のままのお酒を絶対に出しっぱなしにしないようにしましょう。犬たちの中には好奇心が旺盛な子も多いです。机に出しっぱなしにされているお酒の匂いに興味を持って、舐めてしまうことだって考えられます。
愛犬と暮らしている飼い主さんとして、お酒を飲まれる際は後片付けまでしっかりできる程度に留めておく、という意識がとても大切ですね。

家族や友人にお酒の危険性を伝える

愛犬に関わる全ての人に、犬にお酒をあげる危険性を伝えることもとても大切なことです。お酒の事故は「危険性を知らなかった」という無知が原因のものも多く、知識さえあれば防げていた悲しいケースが見られるのが現状です。「知らなかった」が原因の事故を防ぐために、家族や友人にも犬にお酒を与えてはいけないことを伝えておきましょう。

こぼれたお酒には犬を近づけないように

お酒がこぼれたら、お酒の始末の前にすぐに犬を別の場所に連れて近づけないようにしましょう。こぼれたお酒を片しているあいだに犬がこぼれたお酒に興味を持って、ついつい舐めてしまうことが考えられます。犬をこぼれたお酒に近づけないことで、不意の事故を防ぐことができます。

犬にお酒は絶対にダメ!飼い主が責任を持って犬の健康を守ろう

犬 お酒

人間にとっての嗜好品であるお酒は、犬にとって非常に危険なものです。まずは、誤飲を防ぐ環境づくりが肝心ですが、万が一愛犬がお酒を飲んでしまった場合は、すぐに獣医師に相談し、動物病院で診察を受けてください。愛犬の健康は飼い主さんが守ってあげてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.04.03

この記事をシェアする