magazine

食べもの

2020.04.30

人気の犬用フード【BUTCHI(ブッチ)】がおすすめの理由とは?安全安心な無添加フード

ニュージーランド産のチルド型のドッグフード【BUTCH(ブッチ)】をご存知でしょうか?こだわりの原材料を使用し、飽きのこない味で愛犬家にはリピーターも続出しています。今回は、BUTCHの特徴や品質管理、製品特徴などについてご紹介します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬用フード「BUTCH」の特徴やこだわり

犬 フード BUTCH

BUTCHは、世界一環境規制が厳しいと言われているニュージーランドで徹底的に品質管理されている無添加のドッグフード・キャットフードです。

豊富な水分含量

BUTCHの最大の特徴は、肉食獣に理想的な水分含量を実現しているということです。ドライフードを食べていて、あまり水を飲みたがらないペットは水分不足になりがちです。BUTCHはそこに着目し、すべてのフードを生肉と同じくらいの水分含有率(70%程度)に調整しています。
毎日食餌から十分に水分を摂取することで、消化吸収をスムーズにして愛犬・愛猫を健康的な代謝サイクルへ導きます。

風味が残る独自の加熱処理

ドライフードの多くは高温加熱処理されているので、素材本来の風味や栄養が損なわれてしまいます。そのため、多くのドッグフードは加工した後に栄養成分や香料などが添加されています。
BUTCHの場合、100℃未満の低温で15分以内に食材を加熱。その後すぐにパッケージングし、自然な栄養価がなるべく損なわれないよう製造されています。
調理から梱包まで、ニュージーランドの食品衛生関連省庁からライセンスを得た安全性の高い工場で行っています。

ニュージーランド産ミートを使用

食に対する意識が非常に高いニュージーランドでは、輸出される食肉は必ず第一次産業省の厳しい検査を受ける必要があり、これはペットフードの原材料も同じです。
BUTCHのミートフードには、人間用の食肉と同様の検査に合格したビーフ、ラム、チキン、フィッシュなどの原材料のみ使用しています。

「BUTCH」のドッグフードをご紹介

犬 フード BUTCH

BUTCHのドッグフードは3種類あり、そのすべては「AAFCO(米国飼料検査官協会)」の定めたオールステージ対応の基準をクリアしている総合栄養食です。それぞれの特徴をご紹介します。

ブラック・レーベル

BUTCHで一番人気のベストセラー商品です。ニュージーランド産の新鮮なビーフとラムを主体にし、チキンやヘルシーな野菜類をブレンドしています。オメガ3脂肪酸や海藻を追加して、ビタミンやミネラル類などがバランス良く配合されています。どのレーベルを購入するか迷ったら、まずはブラックレーベルを試してみると良いでしょう。

ホワイト・レーベル

赤身肉が苦手で、消化器官や皮膚がデリケートな愛犬におすすめです。赤身肉の痕跡が一切無い製造設備で加工・製品化されています。総量の8割に新鮮で高品質なチキンを使用。野菜類や玄米をバランス良くブレンドし、オメガ3や海藻を配合しています。

ブルー・レーベル

科学的な研究結果に基づき、犬と猫のために開発された商品がブルー・レーベルです。猫の網膜や心臓などの重要な臓器の健康維持に欠かせないタウリンを強化することで、犬にも猫にも健康的な総合栄養食が作られました。ニュージーランド産の新鮮なチキンをメインに、ムロアジを主とした魚肉や、厳選された玄米などの穀物をブレンドしています。

「BUTCH」を愛用する飼い主さんのインスタグラムの投稿

BUTCHを愛用し、インスタグラムに投稿している飼い主さんもいます。こちらのボーダーコリーの飼い主さんはBUTCHのリピート購入をしていて、愛犬に朝ご飯をあげわすれたお詫びとして夜ご飯にBUTCHをあげたそうです。お詫びやご褒美に活用できるのは、嗜好性が高いフードならではですね。

BUTCHはインターネットで購入することができます。公式通販サイトでは、便利でお得な定期コースもあります。

詳しくはこちら

無添加で品質管理の行き届いた「BUTCH」、おすすめです!

犬 フード BUTCH

愛犬には、安心・安全で美味しいドッグフードを与えたいと思いますよね。品質管理が徹底されたBUTCHの製品は、厳重な検査を通した食肉を使用し、独自の低温加熱処理を施すことで風味を損なわず嗜好性の高いフードを実現しています。一般的なフードよりも高級に感じられるかもしれませんが、食欲の促進や、ご褒美として与えるには最適と言えるでしょう。フード選びに迷ったら、「BUTCH」を試してみませんか?

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.04.30

この記事をシェアする