magazine

犬種図鑑

2020.04.18

【スパニエル3犬種徹底比較】イングリッシュスプリンガースパニエル|イングリッシュコッカースパニエル|アメリカンコッカースパニエル

スパニエル系の犬種は、とても古い歴史を持っています。世界各地で確認されており、特徴のあらわれ方もそれぞれ違いがあるんですよ。原産国が違っていても、実は先祖が同じ系統だったということもあります。
そんなスパニエル系の犬種の中から、今回は【イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル】【イングリッシュ・コッカー・スパニエル】【アメリカン・コッカー・スパニエル】を比較し、その共通点や違いを見ていきましょう。

#アメリカンコッカースパニエル / #イングリッシュコッカースパニエル / #イングリッシュスプリンガースパニエル

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

スパニエル3犬種|似ている名前の由来とは?

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

この3犬種の名前を並べて見てみると、非常によく似ているように思えます。スパニエル種なので、もともとは鳥猟犬として狩りの現場で活躍してきた犬種ということが分かりますね。
それぞれ微妙に異なる名前を持っていますが、それぞれどういった意味を持つのか見ていきましょう。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの名前が持つ意味

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、原産国イギリスでは単に「スプリンガー・スパニエル」と呼ばれたり「スプリンガー」と短く呼ばれています。
「スプリンガー」は英語の「spring(スプリング)」から来ており、「バネのように急に素早く飛び跳ねる」といった意味があります。ここから鋭敏に動く高い身体能力の持ち主であることが分かりますが、実際に、まだ猟銃がない時代にはものすごいスピードで獲物の鳥を追いかけて人間が待ち受ける網まで追い込んだり、そのまま鳥に飛びかかって猟の手助けをして活躍してきた犬種とされています。
とにかく俊敏な犬種だということが名前から見て取れますね。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの名前が持つ意味

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの名前にある「コッカー」という言葉は、英語の「cock(コック)」つまりヤマギシに由来します。古くからイギリスでは、ヤマギシ猟で活躍する鳥猟犬として愛されてきました。
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと同様、猟のときにハンターの合図で獲物に飛びかかることで鳥を飛び立たせる「フラッシング・ドッグ」として活躍してきました。

アメリカン・コッカー・スパニエルの名前が持つ意味

アメリカン・コッカー・スパニエルの場合は、イギリス人の開拓者たちとともにアメリカにやって来たイングリッシュ・コッカー・スパニエルがもととなっています。
アメリカに渡ったイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、より家庭犬としての特性を強める交配が重ねられた結果、アメリカン・コッカー・スパニエルとして独立した犬種として認められるようになりました。

スパニエル3犬種|共通の歴史

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとイングリッシュ・コッカー・スパニエル、そしてアメリカン・コッカー・スパニエルの一番の共通点は、祖先が同じということです。
このスパニエル3犬種の祖先犬はランド・スパニエルと呼ばれるスペインに存在した犬種で、14世紀頃になりイギリスへ渡ってきたと言われています。同じ祖先から、どのような歴史をたどったのか見ていきましょう。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの歴史

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

イギリス原産のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、スパニエル犬種の中では最も古い歴史を持つと言われている犬種です。すさまじいダッシュ力を持ち、ものすごいスピードで鳥を追い込んだり、撃ち落とした鳥を運んだりして活躍していました。もともとはイングリッシュ・コッカー・スパニエルと同じ犬種とされていましたが、19世紀後半になると大きさや狩猟の用途別に、それぞれ別の犬種として認められるようになりました。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの歴史

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

イギリス原産のイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、ヤマシギ鳥の狩猟犬として活躍していました。1620年にメイフラワー号でアメリカへ渡るまでは、単に「コッカー・スパニエル」と呼ばれていました。

アメリカン・コッカー・スパニエルの歴史

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

アメリカへ渡ったイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、その後丸い顔をしたマールボロー系のスパニエルが掛け合わされ、現在のアメリカン・コッカー・スパニエルの姿になったと言われています。愛玩犬として愛される性格や容姿を重視され、その後イングリッシュ・コッカー・スパニエルとは区別されるようになります。

スパニエル3種|体格や見た目の違い

それぞれの犬種には、体格と体型に少しずつ違いがあります。
身体が大きい順に、【イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル】→【イングリッシュ・コッカー・スパニエル】→【アメリカン・コッカー・スパニエル】です。それぞれの特徴を交えてご紹介していきます。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの大きさと体型

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの体重は約15~23kg、体高は約48~55㎝ほどです。スパニエル系の中では足が長く、しっかりとした筋肉質な体型をしています。頭は緩やかな丸みをおびており、太めで少し長めの鼻先と、長く大きなたれ耳が特徴です。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの大きさと体型

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの体重は約11~15kg、体高は38~41㎝ほどです。長い足に引き締まった体型をしています。丸い頭にシュッとした長めの鼻先、長めのたれ耳。あまり長くはならない細い絹糸のような被毛が特徴です。

アメリカン・コッカー・スパニエルの大きさと体型

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエルの体重は約9~13kg、体高は約32~38㎝ほどです。短めのがっちりとした足みほどよい筋肉質な体型です。丸い頭に短めの鼻先、大きめのたれ耳とまんまるな目をしています。3つの犬種の中で一番毛量があり、やわらかい被毛が特徴です。

スパニエル3種|性格の違いと共通点は?

性格面で最も違うのは、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルが我慢強くひとりでの留守番もできるタイプなのに対して、コッカー・スパニエルの2種はどちらかと言うと一人でいることが苦手な性格をしているところでしょう。留守番の時間が長くなるとストレスから体調を崩したり、問題行動起こすようになる側面も持っています。
性格の共通点としては、他の犬や人に対して友好的なところでしょう。特に遊び好きなので、子どもとも仲良く遊ぶことができます。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

明るく活発な性格をしています。やや興奮しやすい面もありますが、狩猟犬だったこともあり、しつけはしやすい方だと言えます。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルとアメリカン・コッカー・スパニエルの性格

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

どちらの犬種も陽気で優しい性格をしています。寂しがりやなところがあるため、常に人がいるところや、気配を感じれる環境を作ってあげることが必要です。

スパニエル3種|犬種それぞれの特徴を知ろう

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとコッカー・スパニエル2種の共通点や違いについてご紹介しました。同じ先祖を持つ犬種同士なので見た目はよく似ていますが、性格や体型などそれぞれの特徴があることがわかりましたね。その特徴を知ることで、より犬の魅力に気づくことができるのではないでしょうか。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!