magazine

犬種図鑑

2020.04.01

イタリアン・ポインティング・ドッグの全て|歴史・特徴・性格・飼い方のコツまで

「イタリアン・ポインティング・ドッグ」という大型犬をご存知でしょうか?ヨーロッパ諸国では「ブラッコ・イタリアーノ」の名で知られており、あらゆる獲物の狩りに熟練する高い能力をもつ猟犬と言われています。ここでは、イタリアン・ポインティング・ドッグの歴史や特徴、性格などについてご紹介します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

イタリアン・ポインティング・ドッグの歴史

イタリアン・ポインティング・ドッグ

イタリアン・ポインティング・ドッグの原産国はイタリアです。4~5世紀頃の記録に紹介されており、最も古いポインティング・ドッグの一つと考えられています。また、他のポインティング・ドッグの祖先とも言われています。

犬種グループについて

世界畜犬連盟(FCI)やJKC(ジャパンケネルクラブ)に於いて、イタリアン・ポインティング・ドッグは第7グループ「ポインティング・ドッグ」に分類されます。獲物を探し出し、その位置をハンターに示す猟犬です。

イタリアン・ポインティング・ドッグの性格

イタリアン・ポインティング・ドッグ

イタリアン・ポインティング・ドッグは粘り強く、落ち着きがあります。時々頑固になることもありますが、狩りをするとき以外は優しく穏やかで、家族のそばで過ごすことが大好きです。

向いているしつけの方法

飼い主に従順で理解力があるので、しつけ訓練がしやすいでしょう。性格は温厚ですが、猟犬として能力を発揮していた犬なので狩猟本能が残っています。しつけが十分でないと道端で出会った小動物を追いかけ、飼い主さんが引っ張られて転倒したり、よその犬に咬みつくなどの事故にも繋がるかもしれません。子犬の頃からしつけを徹底し、噛み癖や無駄吠えなどの問題行動に繋がらないようにしましょう。

イタリアン・ポインティング・ドッグの寿命

イタリアン・ポインティング・ドッグ

イタリアン・ポインティング・ドッグを迎えたら、1日でも長く健康に過ごしてもらいたいですよね。健康を維持するには、日々の食餌管理や運動管理が大切になります。猟犬として活躍して活躍していたイタリアン・ポインティング・ドッグにはかなりの運動量を必要とするので、なるべく伸び伸び走り回れるような環境が用意できるとよいでしょう。

平均寿命はどのくらい?

イタリアン・ポインティング・ドッグの平均寿命は10~14年くらいと言われています。日本ペットフード協会によると2019年度の犬全体の平均寿命は14.44才、中型・大型犬の平均寿命は13.69才であり、大型犬としては平均的と言えるでしょう。

イタリアン・ポインティング・ドッグの被毛の特徴

イタリアン・ポインティング・ドッグ

イタリアン・ポインティング・ドッグのカラーにはホワイト、ホワイト&オレンジ、ホワイト&ペール・オレンジ、ホワイト&チェスナットなどがあります。被毛は短毛なので、お手入れは簡単です。

被毛のお手入れ方法

ブラッシングにはラバーブラシや獣毛ブラシを使用します。シャンプーをしても良いですが、被毛が汚れたときに固く絞ったタオルで拭く程度のお手入れでも構いません。垂れ耳で耳の中が蒸れやすいので、耳の中も定期的にチェックしましょう。また、たるんだ皮膚の間に汚れが溜まるので、皮膚の間を定期的に拭いてあげる必要があります。

イタリアン・ポインティング・ドッグは優れた猟犬

イタリアン・ポインティング・ドッグ

猟犬として長年活躍してきたイタリアン・ポインティング・ドッグは、粘り強く飼い主に従順です。子犬の頃からしつけを徹底すれば、良きパートナーになってくれるでしょう。運動量がかなり必要なので、都会での狭いスペースでの飼育は難しいかもしれません。飼育を検討するようであれば、イタリアン・ポインティング・ドッグの特徴や性格について調べ、十分に理解した上で飼育しましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.04.01

この記事をシェアする