magazine

犬種図鑑

2020.04.29

ミックス犬「マルパピ」が大人気な理由とは?身体や性格の特徴、被毛の性質をチェック!

マルパピは、クリクリとした大きな瞳で愛らしい表情のマルチーズと、優美さを兼ね備えたパピヨンとの間に生まれたミックス犬です。容姿も性格も両犬種の魅力がバランスよく掛け合わさっていることから、多くの人気を集めています。そんなマルパピの体の大きさや性格、被毛の性質などについて詳しくご紹介していきます。

#ミックス犬

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

マルパピの身体の特徴|体重やサイズはどのくらい?

マルパピの両親犬であるマルチーズもパピヨンも、標準体重が5kg以下の超小型犬なので、マルパピも個体差はありますが基本的に小柄な体格です。マルパピの平均的なサイズは、体高18~25cm、体重2~3kgであることが多い傾向にあります。

ミックス犬であるマルパピは、正式な犬種として認められていないことから、純血犬種のように標準サイズの基準が設けられていません。よって、どのぐらいの大きさに成長するかは、成犬になってみないと分かりません。それぞれ違った個性が見られるのが、マルパピをはじめとしたミックス犬の魅力でもあるので、家族として迎え入れる前に、そのような点も理解しておくようにしましょう。

食事量により体の大きさをコントロールしようとするのはNG

マルパピをはじめとしたミックス犬は容姿の個体差が大きいので、予想していたよりも小柄だったり、大きかったりすることも少なくありません。よって、思っていたよりも体が大きくなりそうだからといって、子犬の成長期にフードの量を減らして食事制限をしたりするのはNGです。体の大きさは基本的に遺伝によって決まるので、食事量を調整しても体のサイズはコントロールできません。

体のさまざまな機能が形成される大切な成長期に、必要な栄養を摂取させないと健康に悪影響を及ぼします。どのぐらいのサイズに成長しても、それを個性として受け入れてあげてください。

マルパピはどんな性格の持ち主?

マルパピはマルチーズの温厚で愛情深い性格や、パピヨンの社交的で人懐っこい性格を受け継いでいることから、基本的に朗らかな性格です。また、活発で遊び好きなのも特徴です。

加えて、知的で賢いので、教えたことはしっかりと覚えていかれます。ただし賢いがゆえに、甘やかしてその時々で態度を変えて接すると、それを察知しわがままな性格になることがあるので注意が必要です。

マルパピの被毛の特徴とは?

マルチーズ寄りの被毛の場合は、少しウェーブがかったフワモコの被毛になります。一方、パピヨン譲りの被毛の場合は耳周りに飾り毛があり、直毛ぎみの被毛になることが多いです。両親犬とも、光沢のある柔らかな美しい被毛なので、マルパピもその性質を受け継いでいます。

マルパピの毛色は、パピヨンの性質が入ることから、ホワイト&ブラウン、ホワイト&ブラック、ホワイト&ブラウン&ブラックのパーティーカラーなどの種類があります。

抜け毛

マルチーズもパピヨンも下毛が生えていないシングルコートの犬種です。シングルコートの場合、下毛が生え変わる換毛期がないため、マルパピは抜け毛が少ないです。とはいえ、1年を通して少しずつ古い毛が抜けて、新しい毛に生え変わっているので、抜け毛は生じます。そのため、週2~3回はブラッシングをして整えてあげましょう。

必要に応じてトリミング

マルチーズ譲りの被毛を受け継いだ場合は、伸び続ける毛質になるので、1~2ヶ月に1回程度トリミングが必要です。テディベアカットやパピーカットなど、さまざまなカットスタイルを楽しむのもよいでしょう。

一方、パピヨン寄りの被毛だった場合は、ある一定の長さまでしか伸びません。そのため、口周りやお尻周りなどの汚れやすい部分を少し短くカットする程度でも大丈夫です。

愛情をたっぷり注いてマルパピを育てよう

マルパピは優美な飾り毛がある立ち耳のコや、垂れ耳でフワモコの被毛をしたマルチーズ寄りのコなど、それぞれの個性がありそれが魅力です。また、成犬になってみないと体の大きさが分かりませんが、どんな姿になるのか想像しながら成長を見守れるという楽しみもあります。

快活で賢く、初心者でもしつけはしやすい方ですが、甘やかしてしまうと聞き分けのない性格になってしまうため気をつけてくださいね。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!