magazine

犬種図鑑

2020.04.28

ミックス犬のポメマルってどんな犬?身体(からだ)の特徴と性格を見てみよう

ポメマルは、純血種のポメラニアンとマルチーズを掛け合わせたミックス犬です。クリクリとした大きな瞳でかわいい表情のポメラニアンのチャームポイントと、ぬいぐるみのようなフワモコの真っ白な被毛のマルチーズの特徴を受け継ぎ、ミックス犬の中でも高い人気を誇っています。そんなミックス犬「ポメマル」の体格や性格、被毛の特徴などをご紹介します。

#ミックス犬

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

ポメマルの身体(からだ)の特徴|サイズや体重

ポメマル

ポメマルの平均的なサイズは、体高が20cm程度、体重2~3kgです。ポメラニアンもマルチーズもこのぐらいの大きさなので、ポメマルも同じ程度の大きさに成長することが予想されます。

ただし、ポメラニアンの被毛の特徴を強く受け継ぎ、顔の周辺や胸元の毛が長く、扇のように広がった飾り毛が尻尾に生えている場合は、平均的なサイズであっても少し大きく感じるかもしれません。
ポメマルの一般的な見た目は、顔立ちはマルチーズ譲りで、体格はポメラニアン寄りな印象を受けます。

おおよその成犬時の大きさを知りたいときは?

ポメマルをはじめとしたミックス犬は、正式な犬種として認められていないため、体の大きさの基準が設けられていません。そのため個体差が大きく、平均的なサイズよりも小柄なこともあれば、思っていたよりも大きく育ったといったことがよくあります。つまり、成犬時の体の大きさが予想しにくいということです。

成犬になったとき、どのくらいの大きさになるのか、おおよそでもいいから知りたいという場合は、販売主から親犬の情報を教えてもらうとよいでしょう。ただし、あくまでも目安にしかならないので、どんな大きさに成長しても、そのコの個性として受け入れてあげてくださいね。

ポメマルの性格的特徴とは?

ポメマル

ポメマルの性格は、どちらかの犬種の性格が強く出ることもよくありますが、両犬種に共通した性格の特徴が現れやすい傾向にあります。ポメマルはどのような性格なのか見ていきましょう。

快活で遊びが大好き

ポメラニアンもマルチーズも明るく活発な性格なので、その性格を受け継ぎポメマルも快活で天真爛漫です。飼い主さんと一緒に遊ぶことが大好きなので、遊びを通じて絆を深めていくことができるでしょう。

知的で飼い主に従順

知的で従順なところも、ポメラニアンとマルチーズの共通の性格です。そのためポメマルは物覚えがよく、飼い主の指示をよく聞いてくれるので、しつけはしやすい方でしょう。

警戒心が強い

警戒心が強く、知らない人や他の犬などに吠えることも少なくありません。そのため、子犬の頃から家族以外の人や、よその犬や猫などの動物に慣らして社会性を育てておきましょう。

ポメマルの被毛の特徴は?抜け毛事情を知ろう

ポメマル

ポメマルの被毛は、マルチーズの光沢のあるシルクのような毛質や、ポメラニアンの顔まわりや胸元、尻尾の飾り毛など、両犬種のいいところがバランスよく合わさっている印象です。

なお、ポメラニアンの性質が入っているため、被毛の構造は上毛と下毛が生えているダブルコートです。ダブルコートにおいては春と秋の年2回、下毛が生え変わるので、特にその時期はたくさんの抜け毛が生じます。換毛期は毎日、それ以外の時期は少なくとも週2~3回はブラッシングをするようにしましょう。

バラエティ豊富な毛色

ポメマルの毛色は、ホワイトやクリーム、オレンジ、ブラック、パーティーカラーなどのたくさんの種類があります。その中でも、ホワイトやオレンジ系の毛色が人気を集めています。

抜群のかわいさを誇るポメマル

ポメマル

ポメマルはピンとした三角の立ち耳や、クリクリとした大きい愛らしい瞳、美しいシルキーコートなど、ポメラニアンとマルチーズのそれぞれの魅力が見事に掛け合わさっており、抜群のかわいさを誇っています。見た目も性格も個体差が大きいですが、それぞれ違った個性を持っているのがミックス犬のメリットでもあります。

家族として迎え入れる際は、親犬のことを尋ねてもしっかりと説明をしてくれる、信頼のある販売先を選び、運命のコを見つけてくださいね。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 更新日:

    2020.04.28

この記事をシェアする