magazine

犬種図鑑

2020.04.16

【希少犬種】美濃柴犬って知ってる?燃えるような赤毛が魅力的な岐阜の地犬(じいぬ)

私たちが普段よく見かける柴犬の中に、珍しい種類の柴犬がいるのをご存知でしょうか?日本には、地域の地犬として守られ頭数も少なく、地元にいてもめったに出会えないという珍しい柴犬が存在するのです。
その珍しい柴犬は美濃柴犬と呼ばれ、主に岐阜県で保存活動が行われています。今回は、そんな美濃柴犬についてご紹介します。

#柴犬

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

美濃柴犬の歴史

美濃柴犬は、岐阜県の郡上郡、山県郡、武儀郡、稲葉郡、飛騨郡などの土地で古くから生息してきた「地犬(じいぬ)」です。
「岐阜犬」や「飛騨柴」などと呼ばれることもあり、昔は地域の多くの人たちと一緒に狩猟をおこなう猟犬として活躍してきました。しかし、時代の流れと共に猟犬としてのニーズが減り、また他の犬種との交配なども行われるなどして、一時期は絶滅の危機に瀕しました。
そこで、甲信地方の「信州柴犬」、山陰地方の「山陰柴犬」などの地域の柴犬と共に、昭和11年に文部省により国の天然記念物に指定され保存活動が始まりました。

美濃柴犬の特徴

美濃柴犬は、立ち耳で、巻尾のコが大半を占めます。シッポは元々「差し尾」と呼ばれるゆるやかなカーブを描くシッポの形でしたが、現在では一般的な柴犬と同じく「巻尾」を持つ子の比率が高くなっているようです。
猟犬として長く活躍していたという歴史もあり、一般的な柴犬よりも顔つきや体つきが野性味を帯びているのも特徴的です。被毛の色も柴犬とは違っているので、一目見ただけでは柴犬と判断するのは難しいかもしれません。

美しい毛色が特徴の美濃柴犬

美濃柴犬の最大の特徴として挙げられるのは、その毛色です。普通の柴犬が薄い茶色と白であるのに対し、美濃柴犬は濃茶一色なのが大きな特徴です。この毛色は「緋赤(ひあか)」と呼ばれ、朝日や夕日に照らされると燃え上がるような赤色に輝いて見えるという美濃柴犬特有の色です。この美しい毛色に惹かれする愛好家の方も多くいらっしゃいます。
アンダーコートは少し薄い黄土色のような色で、歳を重ねるにつれアンダーコートのボリュームが出てくると、より深みのある毛色になるというのも魅力的ですね。

美濃柴犬の性格

美濃柴犬の性格は、猟犬とは思えないほどおとなしくお利口です。
年に2回行われる展覧会には多くの美濃柴犬が集まりますが、そこで犬同士のケンカが始まってしまうという事もありません。
犬種の持つ元々の性格もありますが、幼いころから周りの犬たちとの触れ合いを多く持つことで、社会性を身に着けられる環境が整っているという所も大きな要因なのではないでしょうか。

美濃柴犬の魅力

美濃柴犬

美濃柴犬は非常に個体数が少ないため、親や兄弟とのつながりが強く、その飼い主さんたちとも気軽に交流できるというのは大きな魅力と言えます。
子犬を迎えてからも、そのつながりは続いていきます。展覧会などで子犬の両親や兄弟に会えるのは、愛犬にとっても私たち飼い主にとっても嬉しいですよね。地域に根付いた地犬ならではの魅力と言えるのではないでしょうか。

遺伝子検査もしっかりと行われる展覧会

美濃柴犬保存会では定期的に展覧会も行われており、その際には岐阜大学の生徒さんや先生による遺伝子検査も行われます。
これは、近親交配を避けるために重要な検査で、美濃柴犬の血統を守り保存していくためのとても大切な活動と言えます。

美濃柴犬の里

美濃柴犬の保存の拠点として「美濃柴犬の里」という施設があります。美濃柴犬を迎えたい場合には、まずはこちらへコンタクトを取りましょう。
施設の見学などもできるそうなので、興味のある方はぜひ事前に予約をして美濃柴犬の里へ訪れてみてくださいね。

詳しくはこちら

美濃柴犬のことを知り保存活動を盛り上げよう!

美濃柴犬

一時は絶滅の危機もあった美濃柴犬ですが、現在では170頭ほどに回復しました。ですが、まだ絶滅の危機を脱したわけではありません。
直接保存活動には参加できなくても、まずは美濃柴犬のことをよく知り、また周りの方にもその情報を広めていくことで保存活動の一助になるはずです。希少な美濃柴犬をみんなで守って行きましょう!

(※参考文献)一般社団法人美濃柴犬保存会

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

  • 更新日:

    2020.04.16

この記事をシェアする