magazine

連載 / ブログ

2020.04.24

連載|シニアの愛チワワ|vol.23

君がそこにいる幸せ。困りましたね

新型コロナウイルスに関しては、三者三様のご意見があると思います。今回のお話は、私と愛犬が新型コロナウイルスの感染拡大により実際に困ったこと、それに伴う私の私見です。このような考え方もあるんだ、というくらいのお気持ちで読んでいただけたら幸いです。

#シニアの愛チワワ

Author :只野 アキ/ドッグライター

この記事をシェアする

はじまり

横浜港にクルーズ船が停泊したころ、母親から「マスクはあるの?」と電話がかかってきました。最初はなんでマスクのことを聞くのかわからずにいましたが、ニュースを見て驚きました。

私が外出をするのは、愛犬の病院くらいなので、スーパーやドラッグストアがどのような状況になっているのか、わかりませんでした。

「紙ものがお店にないけれど大丈夫なの?」と聞かれ、「昨日ネットストアで買ったから大丈夫」「ネットスーパーにはまだあった・・・」と言いながら、再度いつも頼んでいるネットスーパーを見ると、昨日、買えたものに「売り切れ」の文字が。
1日でこうなる?という驚きとともに、物凄く恐怖を感じました。

これも

私の生活で、いちばん困ったものは「おしりふき」でした。愛犬が排泄をした後、トイレに流せるタイプのおしりふきで拭いて、汚れたものをトイレに流していました。

おしりふきは軒並み「売り切れ」。売っていたものは、とてもセレブなおしりを拭く高額な「おしりふき」だけでした。他のショッピングサイトを検索してみると、驚きの価格。
もとの値段が分からなくなるほど高騰していました。

ただおしりふきは、私よりもっと困っている方がいるはずです。
「愛犬さん、しばらくの間トイレットペーパーでがんばろう」。

ないものを探しても仕方がありません。少しでも販売されたら、私よりもっと必要な人のところへ買われてほしいと思っています。
いつも買えるものが買えないということは、余計に人の恐怖心や不安をあおるものなのだと思いました。

恐怖とリセット

情報を自由に入手できる今、それは便利でもあり危険でもあると思います。特に今回のウイルスは新型ということもあり、何が起きるかわからない恐怖心が伴うからです。
問題になっているフェイクニュースなども、通常時ならフェイクと判断ができても、これだけ世の中が危険性を警告していると、信じてしまうのも仕方ないと思います。

実際に、ネットスーパーの売り切れの表示や、おしりふきの欠品や高額販売、さらに日々増加する感染者数を見て、私自身も頭がおかしくなりそうになることもあります。
そういうときは、愛犬に目を向け、いちどその話題から離れるようにし、気持ちをリセットしています。

こういうとき、純粋無垢な愛犬や動物たちの存在はとても大きく、たくさんの安らぎを彼らからもらっているのだと気づかされます。

今、できること

私と愛犬の願いは、皆さんと同じで「新型コロナウイルスの感染終息」です。
飼い主さんが愛犬と気持ちよくお散歩をしたり、旅行を楽しんだりできる「いつも通り」が戻ってきてほしいと心から願っています。

あくまでも私見ですが「いつも通り」が戻ってくるには、今自分たちができることを、個人が個々に判断し、そのモラルを守ることが大切なのではないかと思っています。

◎ライタープロフィール
只野 アキ ドッグライター

只野 アキ/ドッグライター

犬の素晴らしさを皆様にお伝えし、犬を手放さない社会の実現を目指すドッグライターです。
家庭犬ドッグトレーナーとして、トレーニングやイベント運営を経験。愛犬の病気をきっかけにトレーナー業は休止し、現在はドッグライターとして活躍中。
趣味は犬とたわむれること。愛犬との生活が豊かになる情報や、皆様のこころがほんのりと温かくなるような記事をお届けします。

  • 更新日:

    2020.04.24

この記事をシェアする