magazine

グッズ

2020.04.30

犬のトリミングシザーには3種類あるって知ってた?おすすめの商品をチェック!

毎月トリミングサロンに行くと費用がかかるので、愛犬のカットは自分でやってみたい!という飼い主さんは多いと思います。プロのトリマーさんのように完璧なカットはできなくても、道具を揃えられれば自宅でもお手入れができます。ここでは、犬に使用するトリミングシザーの種類や安全な使い方、初心者向けの商品をご紹介します。

#Goods

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

犬用のトリミングシザー3種

犬 トリミングシザー

足の裏やひげなど身体の一部分のみでなく、身体全体をカットしたい場合は、トリミングシザーを複数用意し使い分けると良いでしょう。主なハサミの種類には次のようなものがあります。

1.カットシザー

仕上げバサミとも言います。トリマーさんがカットをするときにメインで使うハサミで、使い慣れるときれいにカットすることができますが、切れ味が良いので被毛の切りすぎや怪我に注意が必要です。

2.セニングシザー

すきバサミのことです。自然なスタイルに仕上げたい場合や毛のボリュームを減らしたいときに使用します。メーカーによっては同じセニングシザーでも目の数が数種類あり、一度にカットできる量が選べます。家庭でカットにチャレンジするときも一度にたくさん切らないので失敗が少なく、ほかのハサミでカットを失敗したときにセニングシザーでぼかすことができます。

3.ミニカットシザー

ひげや足回り、顔周りなどの細かい部分のカットで活躍します。自宅で少しお手入れしたいときに便利です。

犬のトリミングシザーを安全に使うための注意点

犬 トリミングシザー

トリミングシザーは刃物であるため、犬も飼い主さんも怪我をしないよう十分注意して使用しなければなりません。怪我を防ぐために飼い主さんにできることをご紹介します。

刃先を犬に向けない

犬に刃先を向けると、皮膚を挟んで怪我をさせてしまう危険性があります。特に顔周りをカットするときは目を突っつかないよう注意しましょう。

ハサミを大きく開かない

必要以上にハサミを開いて使うと、怪我のもとです。特に足の裏の毛をカットするときはハサミを大きく開く必要はないので、カットする分だけ刃先を開き、肉球を傷つけないようにしましょう。

切れ味の悪いハサミを使わない

切れ味の悪いハサミを使用すると無理な力が加わり危険です。切れるハサミを使いましょう。また、ペット用のハサミは被毛を捉えやすい作りになっているので、ペット専用のハサミを使用しましょう。

ハサミを犬の足元に置かない

複数のハサミを使い分けていたり、ハサミをコームに持ち代えたりしていると、つい犬の足元にハサミを置いてしまいがちです。犬が踏んでしまうと危険なので、犬から離れた場所に置くか、ポケット付きのエプロンを着用しポケットにしまうようにしましょう。

初心者でも使えるトリミングシザーをご紹介

犬 トリミングシザー

いざトリミングシザーを購入しようと思うと、種類が豊富で迷いますよね。ここでは、初心者にもおすすめのトリミングシザーを4種類ご紹介します。

便利な6点セット

カットシザー、カーブシザー、セニングシザー、コーム、収納ケースの便利な6点セットです。ハサミのネジでシザーの締まり具合を調節できます。また、先端が丸いつくりになっているため怪我を予防することができます。

商品名:AUGYMARトリミングシザー

切れ味抜群で細かい作業に向いている

刃がカーブしているので胴体の曲面が出しやすく、顔や足周りなどの細かい作業が簡単にできます。高炭素鋼の440CCという素材を使用しており、刃先の仕上げが鋭く切れ味が良いハサミです。

商品名:Moontayカーブシザー

家庭でのトリミング入門編

カットシザー・セニングシザー・コーム・保管ケースの4点セットです。ハサミはステンレス製で錆びにくく、刃先は丸みを帯び傷つきにくいデザインです。

商品名:LICELペット用シザー・セニングシザー・コームの3点セット

安心の日本製でプロ仕様

美容ハサミ専門のメーカーが作るトリミングシザーです。プロ仕様で切れ味も良いので、取扱説明書をよく読んで使用しましょう。

商品名:富士山シザー

犬のトリミングシザーは、用途に合ったものを選びましょう

犬 トリミングシザー

足周りや目の周りの細かい部分だけ切りたい、プードルなどのカットで丸みのある胴体に仕上げたいなど、トリミングには目的があると思います。トリミングシザーを購入する際には用途を明確にして選びましょう。色々なハサミを試してみたかったり、とりあえず道具を揃えたい場合は複数のハサミがセットになっているものがおすすめです。
どのハサミを選んだとしても、使用方法には十分注意して安全なトリミングを心がけましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.04.30

この記事をシェアする