magazine

犬にまつわる雑学

2020.03.29

名犬ラッシーの犬種コリーとは?名犬ラッシーの物語のあらすじと共にチェック

名犬ラッシーはとても有名で、誰もがその名を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、名犬ラッシーの物語を知っている人は少ないですよね。名犬ラッシーは世界で一番有名な犬と言われることがあり、数十年前から大人気です。ここでは、名犬ラッシーの原作のあらすじや、名犬ラッシーを演じた犬を紹介していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

名犬ラッシーとは?

ラッシー 犬

名犬ラッシーは本やテレビで大人気のキャラクター犬です。近年では映画やテレビドラマで馴染みがある人が多いですが、名犬ラッシーはもともとは雑誌の短編作品としてデビューしたのです。その後、膨大な人気を集め、小説として本が出版されました。そして、間も無く映画やテレビドラマとしての制作が開始されました。

名犬ラッシーはどんな犬種なの?

ラッシー 犬

名犬ラッシーは、ラフコリーという犬種が起用されています。ラフコリーは長毛な大型犬で、とても温厚な性格をしています。子供が大好きなため、家庭犬としての人気は高く、現在でもたくさんの愛好家がいます。また、ラフコリーは非常に忠実で知能が高く、訓練性が非常に高いことで知られています。そのため、日本警察犬協会はラフコリーを警察犬種として公認しているほどです。

本や映画に登場するラッシーはラフコリーとしての特徴がたくさんあり、ラフコリーの鏡のようなキャラクターです。

本とテレビのラッシーの違いは?

本の中では、ラッシーはトライカラーのラフコリーであると述べられていました。トライカラーとは茶色、黒色、白色が全ての色が兼ねてある毛色のことを呼びます。しかし、映画やテレビドラマで登場したラフコリーはセーブルと呼ばれている毛色です。セーブルはラフコリーの象徴的な毛色で、茶色と白がベースになっています。このように、本のラッシーとテレビのラッシーには少しの違いがあるのですね。

名犬ラッシーを演じた犬は問題犬だった?

1943年に発表された初めての映画である「名犬ラッシー 家路」でラッシーを演じたのは「パル」という名のオスのラフコリーでした。パルは血統書付きの純血種でしたが、ショードッグとしての素質はなく、家庭犬としてある家族に迎え入れられました。

しかし、パルはバイクを追いかけるだけではなく、無駄吠えがひどく、トイレなどの基本的なしつけもできないことで家族は困ってしまいました。困った家族はパルをドッグトレーナーの元へ連れて行き、これらの問題行動を解決するように頼んだのです。

パルは最終的にはこのドッグトレーナーに引き取られ、様々な訓練を重ねました。その後、パルは「名犬ラッシー 家路」の2度目のオーデションでラッシーとしての役を仕留めたのです。

名犬ラッシーの原作のあらすじは?

ラッシー 犬

名犬ラッシーはイギリスが舞台のストーリーです。イギリスのヨークシャーに住んでいたジョンという少年は、ラッシーという名のラフコリーを飼っていました。ラッシーは非常に美ししいショータイプのラフコリーです。ジョンはラッシーを愛していました。しかし、経済的な理由で止むを得ずラッシーを裕福な貴族に売らなければいけなくなってしまったのです。

その後、ラッシーを買い取った貴族は、ジョンが住んでいたロークシャーから遠く離れたスコットランドに引っ越してしまったのです。離れ離れになったラッシーとジョンはひどく悲しみました。しかし、ある日ラッシーはジョンの元へ帰ろうと家から脱走するのです。「名犬ラッシー」はラッシーがジョンの元へ帰るまでの冒険の物語です。

今度の休日は名犬ラッシーを観よう

ラッシー 犬

ここでは名犬ラッシーを紹介していきました。名犬ラッシーは心が温まるストーリーでたくさんの人を魅了してきました。ここで簡単にあらすじを紹介しましたが、自分で実際に名犬ラッシーの映画を観たり、本を読んだりすることで、さらに名犬ラッシーの魅力を感じることができるに間違いありません。今度の休日はぜひ名犬ラッシー鑑賞を楽しんでくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!