magazine

茶色の毛の犬がしつけのご褒美に飼い主からおやつを与えてもらっている
しつけ
鉛筆アイコン

2021.10.29

【獣医師監修】犬のしつけに音が効果的!アプリやグッズの活用法とは

みなさんは犬のしつけの際に、「音」を効果的に活かしていますか?犬は音にとても敏感なので、音をしつけに取り入れることで効率的になったり楽しさをグンとアップできる場合があります。
ここでは、音を使ったしつけの効果や音グッズを使ったしつけ方法をご紹介していきます。さらに、愛犬のしつけに便利な音アプリも紹介するので、家庭で挑戦してみてくださいね。

#Training

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー)

犬のしつけに音は効果的?

黒と白の毛の犬がおもちゃを咥えている

犬の聴力は人間よりも優れており、人間には聞こえないような小さな音も聞こえます。また、犬は人の声から感情を感じとることができる繊細さも兼ね備えています。

音を効果的にしつけに活用することで犬の注意を引いたり、モチベーションを高めたりできます。さらに、明確なコミュニケーションを可能にし、しつけの効率を高めることができます。

犬のしつけに音を活用するのはとても簡単で効果的なので、挑戦してみてくださいね。

犬の音グッズとしつけ方法

茶色の毛の犬が左前足を伸ばしている

近年では犬の優れた聴力を活かした犬の「音グッズ」が数多く販売されています。それぞれの音グッズは独特の用途があり、犬のしつけなど様々な場面で役立てることができますよ。ここでは、犬の音グッズとしつけ方法についてご解説していきます。

犬ぶえ

犬ぶえは遠くにいる犬に指示を出したり意思疎通をするのに便利な音グッズです。犬ぶえは人間でも聞こえる音から、犬にしか聞こえない高い音まで高さを調整することができます。

犬ぶえでコマンド(「座れ」や「フセ」などの指示に使う言葉)を出すことが可能なのですが、まずは「おいで」の合図として犬ぶえの音を使用するのがおすすめです。

しつけ方は簡単で、犬ぶえを鳴らし、犬をたくさん褒めてあげるだけ。犬ぶえを鳴らした後におやつを与えて褒めてあげることで、犬は「犬ぶえの音=いいことがある」と認識し、犬ぶえが聞こえると飼い主のところにやってくるようになります。

超音波

犬が嫌いな超音波の音を活かしたしつけグッズがあります。超音波を発する犬の無駄吠え防止首輪から強い超音波で野良犬を追い出すグッズまで様々です。

グッズによって使い方は異なりますが、リモコンのような装置でボタンを押すと超音波が発せられるシンプルなデザインが多いです。

超音波を活かした犬のしつけグッズは無駄吠え防止に効果的なのですが、犬のストレスになってしまう場合があるので、よく考えてしつけに使用するようにしてくださいね。

クリッカー

クリッカーは手に収まる小さなボックスのような音グッズで、ボタンを押すとカチッと音がなります。これは褒めて伸ばすしつけに効果的な道具です。

犬に「カチッという音=いいこと」と教えることで、いい行動をどんどんと強化していくクリッカートレーニングに使われています。

犬にクリッカーの音がいいことだと教えるのは、「カチッと鳴らす→おやつを与える」を何度も繰り返すことで行います。応用すればトリックトレーニングなどに活かすこともできるので、犬のしつけをさらに楽しい時間にしてくれます。

この記事もチェック!

犬のしつけは声の高音でする

犬のしつけでクリッカーを鳴らして音を出す飼い主の手

犬は飼い主の声の変化から感情を敏感に感じ取る能力を持っています。これを活かして、状況別に声を変えてみましょう。

飼い主が声を変えることで犬のモチベーションを高めてあげたり、さらに明確なコミュニケーションをとったりすることができますよ。

指示を出す時の声のトーン

「マテ」などの指示を出す際にははっきりとわかりやすい声のトーンを使うようにしましょう。はっきりとした声のトーンは犬にとってわかりやすいだけではなく、犬の注意を引くにも効果的です。

褒める時の声のトーン

犬を褒めるときは高くてハッピーなトーンを使うようにしましょう。飼い主が喜ぶと自然にこのようなトーンになりますが、さらに意識することで「よくできたね!」という気持ちを愛犬に伝えてあげられます。

また、犬のモチベーションをアップし、しつけの時間をさらに楽しむのにも役立ちます。

この記事もチェック!

犬のしつけにおすすめの音アプリ

黒の毛の犬の前にしつけのために音の出るクリッカーが差し出されている

近年では犬のしつけに便利な音アプリがあるのをご存知でしょうか?アプリを活用すると音グッズを購入しなくていいので、いますぐ簡単に音を使ったしつけを始められます。ここでは、犬のしつけにおすすめのアプリをご紹介します。

iTrainer Dog Whistle & Clicker

100〜35000ヘルツの音幅を発する犬ぶえのアプリです。音の高さを自分で設定することができるので、犬に合った音が見つけやすく、どんな犬に対しても使いやすいのがメリットです。

また、犬ぶえの他にも5種類のクリッカー音や効果音など、機能が満載でしつけの様々な場面で役立てることができます。

詳しくはこちら

ペットクリッカー

犬のしつけに便利なクリッカーアプリです。手動だけではなく、自動のクリッカー設定もあり、様々な場面で役に立ちます。また、一番の魅力は何よりトレーニングマニュアルが追加されていることで、初めてクリッカートレーニングに挑戦する初心者でも使いやすいのがメリットです。

詳しくはこちら

犬のしつけは音を活用してみる!

黒の毛の犬と茶色と白の毛の犬と茶色の毛の犬が川遊びをしている

ここでは、犬のしつけに音を使った方法を解説していきました。音を使ったしつけは便利な音グッズを使用したり、声のトーンを変えてみることでもしつけができます。

声のトーンを変えることはいますぐ始められ、犬のしつけには一番大きなインパクトがあります。ぜひ、愛犬と挑戦してみてくださいね。

  • 公開日:

    2020.03.06

  • 更新日:

    2021.10.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。