magazine

しつけ

2020.03.04

【専門家監修】犬のトイレのしつけは成犬でも大丈夫!解決の秘訣とは

昨今、犬を迎え入れる方法の選択肢は増えました。迎え入れる前からトイレのしつけが済んでいる子であれば特に問題ありませんが、そうではない場合愛犬を迎え入れてまずしつけなければいけない項目がトイレのしつけですよね。
とても大事なトイレのしつけですが、実は成犬になってからでも始めることができます。今回は、成犬になってから始めるトイレのしつけについて、悩み別の解決方法を解説をします。

#Training

Author :南 健汰/ドッグライター(監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

犬のトイレのしつけ|成犬のしつけにかかる時間

犬 しつけ トイレ 成犬

犬のしつけは、何歳になってもおこなうことができます。しかしトイレのしつけの場合は、幼犬期と比べると時間がかかるのが事実です。
まずは、成犬のトイレのしつけにかかる時間についてご説明します。

根気強く、2週間

犬のしつけは、毎日の積み重ねにより精度が高くなっていきます。
成犬のトイレのしつけも幼犬と同様で、毎日コツコツとしつけをすることが大切です。最低限必要な期間は、およそ2週間でしょう。
成犬だから覚えにくいのでは、と頭を抱える必要はありません。まずはトイレシートの上でトイレをするということを覚えてもらいましょう。

成犬のトイレのしつけ|悩み別の解決方法

犬 しつけ トイレ 成犬

トイレのしつけを始めるにあたって最も大切なことは、トイレのタイミングを見逃さないことです。成犬のトイレのタイミングは、朝起きた時、食後、遊んでいる時です。床の匂いを嗅ぐ、そわそわと落ち着かいない仕草をしたらトイレのサインです。トイレまで連れていきましょう。
ここからは、成犬のトイレのしつけにありがちな悩みと解決方法をご紹介します。なかなかうまくいかないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

お悩み「室内でトイレをしない」

場合によっては、室内でのトイレが悪いことだと認識してしまっている可能性があります。もしかすると、過去に室内でトイレをして叱られた経験があるのかもしれません。
室内でトイレができるようにするには、まずはトイレをしても良いと覚えさせることから始めます。
方法としては、トイレシートを一面に敷いたケージの中に犬を入れ、トイレをするまでひたすら待つことです。トイレシートの上でトイレをしたら、思い切り褒めてあげます。
何度も繰り返すことで「室内でもトイレをしていいんだ!」と認識するようになるでしょう。

お悩み「トイレシートの上でトイレをしてくれない」

原因は、犬がトイレシートがトイレだと認識していないことがほとんどです。
はじめのうちは、ケージ一面にトイレシートを敷きつめ、犬がトイレの仕草をしたらすぐにケージに入れます。そしてトイレをすることができたら思い切り褒めてあげます。
ただし、少しでもトイレシートからはみ出てしまっていた場合には褒めずに、淡々と片付けるようにしましょう。失敗せずにできるようになったら、徐々にトイレシートの枚数を減らしていきます。

成犬にトイレをしつける秘訣

犬 しつけ トイレ 成犬

成犬にトイレを何度教えてもダメだという場合は、もしかすると教え方に問題があるかもしれません。成犬にトイレを覚えさせるのには、秘訣があります。ここからは、成功するための秘訣についてご紹介します。

トイレシートの上でトイレをしたときは思い切り褒める!

犬のトイレのしつけで一番必要なのは、褒めることです。ただ褒めるのではなく、大げさなほど思い切り褒めてあげましょう。
犬に「私はあなたがここでトイレをしてくれて本当に嬉しい!」ということをしっかりと伝えてあげることが一番の秘訣です。犬は飼い主の喜びを自分の喜びと感じられるほどに、共感性がある動物です。
飼い主が少し大げさなくらいに褒めることで、犬は気分良くトイレシートの上でトイレをしてくれるようになるでしょう。

成犬のトイレのしつけは根気が大切

犬 しつけ トイレ 成犬

成犬からトイレをしつけることは、不可能ではありません。ただし根気が必要です。ポイントは、しっかりと褒めてあげることです。
飼い主がうまく犬を誘導することができれば、早ければ2週間でトイレを覚えることができるでしょう。

◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

◎ライタープロフィール
南健汰

南健汰/ドッグライター

大自然溢れる北海道でドッグトレーナーとして犬を訓練した経験を活かし、2012年より執筆活動を開始。ボーダーコリー2頭、サモエド2頭、猫2頭と暮らしている。犬との生活で大切にしているのは、犬も自分も思い切り楽しむこと。訓練士協会A級ライセンス保持。

  • 更新日:

    2020.03.04

この記事をシェアする