magazine

住まい / 生活

2020.03.18

愛犬と暮らす人のための庭づくり|注意したい法律や植物の種類まで紹介

愛犬と一緒に暮らす人にとって、愛犬がくつろげる庭をつくるのは憧れではないでしょうか。太陽の下で愛犬が嬉しそうに遊ぶ姿を想像しただけで、幸せな気持ちになりますね。
今回は、犬と暮らしている人のための庭造りにフォーカスを当て、庭造りのポイントと注意しておきたい植物について考えてみましょう。

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

犬のための庭造り|事前に確認するポイントは?

犬 庭

愛犬のための庭造りを始める前に、確認しておきたい大切なポイントを2つご紹介します。

フェンスや柵で犬の行動範囲を囲う

犬にノーリードで庭の中を自由に動き回ってもらおうと思うなら、フェンスや柵で庭をきっちりと囲って愛犬が間違って外に出てしまわない環境を目指すのが飼い主の責任です。国が定める「動物の愛護及び管理に関する法律」(通称:動物愛護管理法)では、柵で囲われた自己保有地以外の場所で犬を放し飼い状態にすることを禁止しています。
隙間をすり抜けて外に出て行ってしまうことがないように、フェンスの高さや隙間が愛犬に合っているものを用意しましょう。フェンスや柵の取り付けが出来ない場合でも、愛犬にリードを付けたままであれば愛犬を庭に出すこともできます。

安心して走り回れる地面かどうか

地面が土であれば、ガラスの破片や尖った石などの危険な物がないかどうかのチェックをしておきましょう。
モルタルなどのセメント素材の床面は、夏は温度がとても高くなり肉球をやけどする原因になりますので適していません。またその硬さから、足や腰への負担も心配です。

犬のための庭づくり|取り入れたい装備

犬 庭

愛犬と庭で快適に過ごすために、設置しておくと便利なものを見ていきましょう。

地面にはウッドチップがおすすめ

地面の素材には、手軽で管理も楽なウッドチップがおすすめです。ウッドチップを敷くことで、次のようなメリットが得られるのが嬉しいポイントです。

・クッション性があるため、犬の足腰への負担がかかりにくい
・犬が寝転がって遊んでも、被毛に汚れが付きにくい
・夏の暑さを軽減できる
・防虫効果で蚊が少なくなる
・ヒノキや杉の優しい香りで、リラックス効果がある

ウッドチップを選ぶ際は、国内木から作られた品質の良いものを選ぶようにしましょう。価格が安価過ぎるものは、木片が細か過ぎたりささくれがあったりとケガの原因になることもあるので注意が必要です。

庭用のトイレ

庭のあちこちで排泄をしないように、庭用のトイレを置くのがおすすめです。
庭の木やフェンスにオシッコをしてしまうと、枯れたり腐敗の原因になってしまいます。犬がいつも排泄するお気に入りの場所にトイレを置いてあげてくださいね。

洗い場

庭に水栓付きの洗い場があれば、散歩から帰った時など汚れた手足などをサッと洗えて便利です。
夏場は愛犬と水遊びを楽しむことができますよ。

くつろげて日差しを遮れる空間

犬がくつろげる場所や夏の日射しを遮れる場所を作ってあげましょう。
犬小屋を置いたり、屋根のある場所があればその下に毛布やタオルなどを敷いてあげるとよいですね。愛犬にとっても、落ちつけて安心できる場所になるはずです。

実は犬にとって危険かも|気をつけたい庭の植物

犬 庭

庭でガーデニングを楽しんでいるご家庭も多いでしょう。四季折々の花が庭に咲いているのは素敵です。
しかし、植物の中には毒性があり犬にとって危険な場合があるのをご存知ですか?ここでは、気をつけておきたい植物をご紹介します。

特に気をつけたい危険な植物

最悪の場合、命にも関わる危険な植物です。
毒性が強いため、絶対に犬が食べないように注意しなくてはいけません。

・すずらん
・スイセン
・ユリ
・チューリップ

これらは花や葉だけではなく球根にも毒性があり、土の中に埋まった球根を掘り出して食べてしまうことも考えられます。すでに庭に植えている場合は、球根から全て取り除く必要があります。

こんな花にも注意が必要

ここでは、下痢や嘔吐に加えて接触皮膚炎の危険性がある植物をご紹介します。庭だけでなく、散歩道にも自生して咲いていることのある植物ですので注意しておきましょう。

・アサガオ
・アジサイ
・ベゴニア
・アネモネ
・パンジー

愛犬が安心して遊べる素敵な庭

犬 庭

今回は、愛犬のために庭造りを考えている方に向けて、事前に考えておくべきポイントや知っておきたい危険な植物をご紹介しました。
安全なお花を植えて、愛犬が喜びそうな遊具を置いてみるのもいいですね。自宅の庭で愛犬と一緒にくつろいだり、遊んだり。
飼い主さんにとっても幸せな時間になるよう、愛犬の安全を確保できる庭造りを楽しみましょう。

(参考文献)
「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)

◎ライタープロフィール
安田ハル ドッグライター

安田 ハル/ドッグライター

愛犬のトイプードルと暮らす楽しい毎日。
家族に寄り添って生きてくれている、健気で愛おしいこの子のために「何かできることはないだろうか」これがドッグライターを始めたきっかけでした。
幼い頃から、小型犬・中型犬・大型犬と様々な犬種と暮らした経験を活かし、愛犬家の皆さんに役立つ情報や、楽しく共感していただける記事を発信していければと思っています。
さらに知識を深めるために、動物に関する看護学・栄養学などの資格取得を目指して勉強中です。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!