magazine

連載 / ブログ

2020.03.23

【8頭飼い体験者】犬の多頭飼いは幸せなの?2頭目を迎える前に知っておきたいこと

犬を飼うと「もう1頭迎えたいな」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか?本来犬は群れで行動していた動物ですが、現在では、家族の一員として可愛がられていることもあり、簡単に多頭飼いできるとは言えないようです。今回は、実際にミニチュアダックスを多頭飼いをしている私が、犬の多頭飼いについてご紹介します。

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

犬の多頭飼い|2頭目を迎える前の心構え

多頭飼い

私が2頭目を迎えることを決めたときに参考にしたのは、実際にミニチュアダックスを多頭飼いしている方からお話です。犬を通して知り合った方だったので、多頭飼いの生活はどういうものなのか、いろいろと教えてもらうことができました。なので、しっかりと心の準備し、2頭目を迎え入れることができたと思います。新しい犬を迎える前に、本当に迎えても問題がないか確認しましょう。

先住犬との相性

1頭目の犬を選ぶときは、自分が気に入った犬を迎え入れますが、2頭目を迎え入れるとなると、先住犬と仲良くしてくれるかという相性も関係してきます。万が一、相性が悪くケンカをしてしまったらどのようにしたらいいのか、仲良くしてもらうためにはどう接したらいいのかということを、しっかりと考えることが必要です。

時間や費用の負担が増える

犬が2頭に増えるということは、お世話をする時間やかかる費用が2頭分になるということです。私は、2頭になったときにかかるおおよその金額を試算してみました。自分の収入でも生活していくことができるか、突然病気になってしまっても支払うことができるかなど、いろいろな場面を想像しながら、時間的にも金銭的にも余裕を持った生活ができると確認したうえで2頭目を迎える決心をしました。

犬の多頭飼い|2頭目を迎え入れるときの注意点

多頭飼い

多頭飼いになると、これまでと同じ生活という訳にはいきません。先住犬からすると知らない犬と突然一緒に暮らすことになりますので、接し方には特に注意してあげましょう。

同じ犬種か?違う犬種か?

先住犬と同じ犬種の場合、ある程度の性格や成犬時のサイズなどがわかっているので比較的迎え入れやすいと言われています。ただし、同じ犬種でもそれぞれ性格の違いがありますので、多頭飼いに向いていない性格の犬もいるということ忘れてはいけません。 違う犬種の場合、性格の違いから相性が合わなかったり、サイズの違いから思わぬケガをしてしまうこともあります。迎え入れる前に、どんな犬種なのかをしっかりと理解しておきましょう。

先住犬を優先する

2頭目を迎えると、どうしても2頭目の犬に注目してしまいます。家族みんなが2頭目の犬にかまってしまうと、先住犬はストレスを感じ、攻撃的になってしまったり、体調を崩してしまう可能性があります。 何をするにも先住犬から順番に接するようにしてあげましょう。

落ちつける場所は別々に用意する

先住犬の生活リズムと、2頭目の犬の生活リズムは同じとは限りません。年齢や運動量などの違いもありますので、ゆっくりと落ち着ける環境を整え、別々に休まる場所を作ってあげましょう。

犬の多頭飼い|仲良く暮らすために必要な工夫

多頭飼い

我が家のミニチュアダックスたちはとても仲良しです。しかし、たまにはおやつの取り合いをしてしまったり、しつこくしすぎて怒られてしまうことはあります。私が、多頭飼いを始めたときにしたことをご紹介します。

主従関係をしっかりと築く

主従関係を築くことは、犬を飼ううえで大切なことです。私と先住犬の間に主従関係ができていないと、2頭目の犬にも影響を与えます。主従関係をしっかりと築くことで、私がリーダーだと認識しレクれたと思います。

犬社会のルールは犬から学ぶ

2頭目を迎えて、しつけで困ったことはほとんどありませんでした。先住犬が面倒見がよかったためか、2頭目の犬に教えてくれたのです。トイレの場所や散歩のやり方など、2頭目の犬も一緒についていって覚えてくれました。しかし、2頭目は女の子なのにトイレで少し足をあげるということまで教えてくれたようです。

犬の多頭飼いならではの幸せ

多頭飼い

多頭飼いは簡単にできることではありませんが、実際に生活してみて、幸せを感じることができます。

憧れの犬に囲まれた生活

私から見ると、たくさんの犬に囲まれた生活をしたいという夢がかなったということになります。大好きなミニチュアダックスたちに囲まれて暮らせることに毎日幸せを感じています。

社会性が身につく

人と暮らすようになってからは、1頭で飼われることが多くなりましたが、犬は本来群れで生活をする動物です。群れで行動することで、上下関係を学び、犬の社会性を身に着けることができます。

犬の多頭飼いはしっかりと考えてから

多頭飼い

犬の多頭飼いについてご紹介しました。実際に多頭飼いをしてみて、大変なところもありますが、楽しいことや嬉しいことも犬の数だけ増えていきます。しかし、無理して多頭飼いしてしまうとかわいそうな結果を生むだけになってしまいますので、迎える前にしっかりと考えることが大切です。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

  • 更新日:

    2020.03.23

この記事をシェアする