magazine

犬にまつわる雑学

2020.03.03

折り紙で作れる「犬」の折り方とは?難易度別に3つのタイプを作ってみよう

折り紙は折るのが楽しく、家に飾るととても可愛いですよね。折り紙は外国人にも人気のある日本文化の一つで、友達と折り紙を降りながら楽しんだことがある人も多いのではないでしょうか?折り紙では様々なものを作ることがdきますが、ここでは、犬の折り方を解説していきます。自分のお気に入りの折り紙犬を見つけ、折り紙で折りながら楽しんでくださいね。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

【初級編】超初心者でも簡単な折り紙犬の折り方

折り紙は簡単なように見えますが、実は説明を見ても分からないような難しい折り方がたくさんありますよね。あまりにも難しいと失敗してしまうことがあり、初心者にはチャレンジしにくいことがあります。ここでは、まず折り紙の超初心者でも折れる簡単な折り紙犬の折り方を解説していきます。この折り紙犬は細かい折り方がないので、指先が不器用な小さな子供とも楽しむことができますよ。

※再生すると音が流れますので、ご注意ください。

初級編の犬の折り方

手順1

折り紙の白い面を上に向けて机の上に置き、三角になるように折り紙の角と角を合わせて折ります。

手順2

できた三角の角と角をまた合わせて折り、さらに小さな三角形を作ります。小さな三角形を広げ、大きな三角形に戻します。これで大きな三角形の頂点から底辺にかけて折り目できます。

手順3

三角形の頂点を内側の3分の1まで折り込みます。

手順4

真ん中の折り目から少し離れたところに両側の角を折り込みます。

手順5

裏返して犬の顔をペンで描いたら完成です。

【中級編】置き物のような可愛い犬の折り紙の折り方

折り紙の犬を作ったら家で飾りたいですよね。ここでは、家の棚や玄関に飾れるような可愛い置き物の折り紙犬の折り方を紹介していきます。折り方は少しい難しい箇所もあるので、説明を読んだ後にビデオを見ながら折ってみてくださいね。仕上がりのイメージとビデオは以下の通りです。

中級編の犬の折り方

手順1

折り紙の角を合わせて折り、三角形を作ります。その三角形を開き、反対側の角を折り合わせて折り紙の対角線になるような折込を入れます。

手順2

4つの角を中心に合わせて折り、小さな正方形を作ります。

手順3

中心に折込んだ角の一つを開き、角に最も近い折込線まで角を折ります。そして、そのまま、中心に折込んだ折込線に合わせて再び折ります。

手順4

(手順3)で折込を入れた角と反対側の角を半分だけ外に向かって折り出します。

手順5

折込んだ二つの角を中心にして、半分に折ります。その後、折込を入れていない角を両側から出し、上側の長方形の長い方の対角線に合わせて上に折ります。そして三角形の角を下に向けて折ります。

手順6

一度下向きにし、尖った部分の折込部分を外に出します。そうするとシュナウザーに似たような形になりますよ。

手順7

最後にしっかりと立つための幅ができるように底に折込を入れて完成です。

【上級編】奥深くミステリアスな犬の折り紙の折り方

寂しそうに座る牧羊犬の折り紙犬です。シンプルでミステリアスな雰囲気を醸し出し、ユニークな折り紙犬を作りたい人におすすめです。尻尾の長さを調整しながら、自分好みの折り紙犬を作ってみてくださいね。

上級編の犬の折り方

手順1

角と角をそれぞれ合わせて対角線の折込を入れます。

手順2

折り紙を完全に広げた後、一つの角を中心に向けて折り込みます。

手順3

折り紙を裏返し、折込んだ角の両側にある折り紙の端を縦の対角線に合わせて折り込むと正方形ができます。

手順4

正方形を半分に折り、(手順2)の折込部分を少し引っ張り出します。そうすると三角形が2つと長方形が一つある模様ができます。

手順5

大きい三角形の部分を長方形の間に折込、一部だけをまた折り出すと完成です。

犬の折り紙を折って家中に飾ろう

犬 折り紙

ここでは「犬」の折り紙の折り方を解説していきました。自分が気に入った折り紙犬を見つけることはできましたか?折り紙は手先を使うので、脳にもいい効果があると言われており、たくさんのメリットがあります。折り紙で可愛らしい犬を折って楽しい時間を過ごしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.03.03

この記事をシェアする