magazine

健康管理 / 病気

2020.03.18

犬にもほくろができる?見つけたときに飼い主が取るべき行動とは

愛犬の被毛のお手入れをしているときに、皮膚にほくろのような黒い斑を発見したことことはありませんか?人間と同様、犬にもほくろはできます。しかし、ほくろができる箇所や状態によっては、楽観視できない場合もあるので注意が必要です。
犬にできるほくろに関して、正しく理解しておきましょう。

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

そもそも、犬のほくろってなに?

犬 ほくろ

犬のほくろとは、メラニン細胞が局所的にたくさんあり、メラニン色素が過剰に皮膚の表面に沈着したものを言います。オス・メス問わずほくろはできますが、歳を取ってくると現れやすくなると言われています。

メラノサイトーマとメラノーマ

犬にできるほくろのような黒い斑のほとんどは、メラノサイトーマ(良性腫瘍)と言われています。
しかし、メラノーマ(マリグナントメラノーマの略)と呼ばれる悪性黒色腫である場合もあります。つまり、単なるほくろだと思っていたものが、メラニン細胞が癌化した悪性腫瘍である可能性もあるので、楽観視しないように気を付けなければなりません。

ほくろができる原因

ほくろができる原因は明確に分かっていませんが、メラノーマにおいては、日常的に外部から刺激が加わる行為が関係しているのではないかと言われています。

犬のほくろができる部位

犬 ほくろ

犬にできたほくろがメラノサイトーマかメラノーマなのかは、素人では判断できません。しかし、メラノサイトーマとメラノーマは異なる特徴を持っており、現れやすい箇所が異なります。

体表にほくろができる場合

稀に体表にメラノーマができることもありますが、体表に現れるほとんどのほくろは、メラノサイトーマと言われています。良性腫瘍であるメラノサイトーマは、以下のような特徴があります。

・背中などの被毛が生えている体の一部にできる
・皮膚との境目がはっきりしている
・大きくなったりせず、同じ大きさのままである

口腔内や足裏にほくろができる場合

メラノーマは、口腔内や足裏にできやすい傾向にあります。口腔内にできるのは、骨ガムや噛むおもちゃによる慢性的な刺激が、足裏にできるのは、アスファルトの熱や足裏への刺激が強すぎる散歩コースを日常的に歩いているなどが原因になっているのではないかと言われています。

メラノサイトーマとの大きな違いは、皮膚との境目がはっきりしていない、大きくなったり盛り上がったりしている点です。発見してから「以前よりも大きくなっているのでは?」と感じたときは要注意です。

犬にほくろを見つけたらどうすればいい?

犬 ほくろ

愛犬にほくろのようなものを発見したときは「ほくろぐらい大丈夫だろう」と楽観視せず、以下のように対応しましょう。

早めに獣医師に診察してもらう

メラノーマはどんどん転移して進行が速いので、見慣れないほくろを発見したときは早めにかかりつけの獣医師の診察を受けるようにしましょう。初期の段階では、ほとんど自覚症状がないため、早期発見、早期治療をすることが非常に重要です。

また、メラノサイトーマは良性腫瘍で転移はしませんが、稀に生活に支障をきたすほど大きくなってしまうことがあります。そのため、ほくろができている箇所を問わず、ほくろを見つけたときは獣医師に診てもらうことをおすすめします。

むやみに触らない

愛犬にほくろができているのを発見したときは、むやみに触らないようにしましょう。というのも、メラノーラは触ったり鋭利なもので突いたりなど刺激を与えると、成長が早まることがあるからです。

見覚えのないほくろが愛犬にできていたら気になってしまうかもしれませんが、触ったりせず速やかに獣医師に診てもらうようにしましょう。

愛犬にほくろができていたらすぐに受診をする!

犬 ほくろ

犬はフサフサの被毛で覆われているので、ほくろがあるのか分かりにくく、いつの間にかできていたと驚くことも少なくありません。特に口腔内や足裏にほくろのようなものができているときは、メラノーマの可能性が高いので、早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 更新日:

    2020.03.18

この記事をシェアする