magazine

健康管理 / 病気

2020.03.14

犬の噛み合わせの種類とは?犬種による違いや気を付けるべきことを解説

愛犬の歯並びを見て、生え方が気になったことはありませんか?人間同様、犬の中には歯の噛み合わせが変わっているコも存在します。子犬の乳歯が抜けて永久歯になるとき等は特に、飼い主さんにとって「うちのコのは変じゃないかな?」と不安になってしまう材料になりますよね。ここでは、犬の噛み合わせの分類(種類)や犬種による違い、飼い主さんが気を付けるべきことについてご紹介します。知っておくことで、過度に不安になることなく、愛犬との穏やかな暮らしを実現しましょう。

#Healthcare

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

犬の噛み合わせの種類|オーバーやアンダーとは?

犬 噛み合わせ

犬の永久歯は42本で、その噛み合わせの状態は、大きく4種類に分類されます。

シザーズバイト

ほとんどの犬で正常とされる噛み合わせで、上の門歯の裏に下の門歯の表面がわずかに接します。鋏状咬合(はさみじょうこうごう)とも呼ばれます。

レベルバイト

上の門歯の先端と、下の門歯の先端がぴったりと合った噛み合わせです。切端咬合や水平咬合とも呼ばれます。

オーバーショット

いわゆる「出っ歯」のことです。口を閉じた際に上の門歯が下の門歯よりも前に位置し、上下の門歯に隙間ができた噛み合わせです。オーバーバイトや上顎前出咬合(じょうがくぜんしゅつこうごう)とも呼ばれます。

アンダーショット

いわゆる「受け口」のことです。口を閉じた際に、下の門歯が上の門歯よりも前にでてしまっている噛み合わせです。下顎突出咬合(かがくとっしゅつこうごう)とも呼ばれます。

犬の噛み合わせ|犬種による違い

犬 噛み合わせ

噛み合わせは、犬種による違いがあります。アンダーショットが認められている犬種や、犬種ごとの細かい規定についてご紹介します。

アンダーショットが正常とされる犬種

ブルドッグやパグ、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、ボクサー、シーズーなどの短吻種(たんふんしゅ、いわゆる鼻ぺちゃの犬)は、アンダーショットが正常とされる子が多く存在します。

犬種によって細かい規定がある

同じアンダーショットでも、犬種によって規定に違いがあります。犬種標準を定める団体によって多少異なりますが、ここではアメリカンケネルクラブ(AKC)が定める、その一例をご紹介します。

●ブルドッグ

顎はがっしりして広く四角く、下顎が上顎の前にかなり突き出て上を向いた状態が理想とされます。歯は大きく丈夫で、犬歯は互いに離れて位置し、その間に小さな切歯が6本平らに揃って並びます。

●シーズー

顎は広く幅があります。歯並びの悪さはあまり重大な欠点にはなりません。口を閉じているとき、歯と舌が見えてはいけません。

●パグ

ほんのわずかなアンダーショットが理想とされます。

犬の噛み合わせ|飼い主さんが点検するべきこととは

犬 噛み合わせ

最後に、愛犬の噛み合わせの状態について、飼い主さんが見ておきたいポイントをご紹介します。

乳歯が残ったら

小型犬種は、歯の生え代わりのときに乳歯が残ってしまうことがあります(乳歯遺残)。この状態を放置しておくと、基本的な歯並びが正常であっても乳歯が残った部分の歯並びが悪くなる「クロスバイト」と呼ばれる状態になります。

犬の乳歯は生後4~8ヶ月の間に永久歯に生え変わります。もし乳歯が残り抜歯をする際には全身麻酔が必要になるため、避妊手術や去勢手術のときに同時に抜歯することを検討しても良いでしょう。

コツコツ歯磨き

噛み合わせが悪い子も、歯の健康維持に努めましょう。きちんと歯磨きをして歯周病などのリスクは減り、噛み合わせが悪い子でも他の子と同じ様に口腔内の健康を守ることができます。永久歯が抜けてしまうと再び歯が生えることはなく、人のように義歯を入れることはできません。今ある健康な歯を大切にしましょう。

犬の噛み合わせが正常でなくとも過度に心配しないで

犬 噛み合わせ

噛み合わせが悪かったとしても、必ずしも影響が出るわけではないので、食生活に支障がければそのままでも問題ありません。もし上手に食餌が摂れなかったり、歯が口の中を傷つけてしまうようなことがあれば動物病院を受診し、必要な治療を受けましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!