magazine

グッズ

2020.03.05

【犬の脳トレ】愛犬の知育や認知症予防に取り入れたい遊び方

子犬の知育発達や老犬の認知症予防に「脳トレ」がおすすめです。愛犬と一緒に脳トレをしながら遊ぶのは、親密なコミュニケーションの機会としてふたりの関係にとってとても重要です。最近のショップには様々な知育トーイが取り揃えられており、おもちゃを使わなくても簡単な脳トレなら誰にでもできます。
今回は、愛犬のための脳トレを初級編から応用編まで解説していきます。併せて、おすすめのおもちゃもご紹介していきますね。

Author :明石則実/動物ライター

この記事をシェアする

犬の脳トレ|誰にでもできる初級編

犬 脳トレ

まずは誰にでも簡単にできる、おもちゃを使わない脳トレをご紹介します。ただし、犬の興味を引き付けるためのオヤツは必要ですので準備しておいて下さいね。

家の中でかくれんぼ

まずは飼い主さんがオヤツをを持ち、家具の隙間やテーブルの下などに隠れて下さい。そして愛犬の名前を呼んで下さい。首尾よく見つけられたらオヤツをあげ、もし見つけられないようなら再チャレンジです。
同じ場所に隠れると犬は学習してすぐに見つかってしまうので、なるべく頻繁に隠れる場所を変えるのがよいでしょう。また慣れてくると引き戸くらいなら簡単に開けてしまうので、隠れる場所を難しくしていくと長く楽しめます。

オヤツはどっちにあるかな?

犬をオスワリさせてから、手のひらの上にあるオヤツを見せます。そして犬にもわかりやすいように左右の手でオヤツをゆっくりと移動させます。
そして「どっち?」または「よし!」と声を掛けて、鼻を近づけてきたほうの手のひらを広げます。もし当たればオヤツを与え、外れなら再チャレンジさせましょう。大事なことは鼻を使うことにより犬に考えさせることです。
だんだん慣れてきたら、見えないように飼い主さんの背中の後ろでオヤツを移動させ、臭いだけで当てさせるようにしましょう。もちろん当たったらたくさん褒めてあげて下さいね。

犬の脳トレ|おもちゃを使う中級編

犬 脳トレ

脳トレでおもちゃを使う理由は「犬が自分で考えて行動できる」ところにあります。飼い主さん主導ではないので、犬の自主性を養う意味でもおすすめです。例えば雨で散歩に行けない日などに、ストレスを発散させるためにも有効です。

転がすとオヤツが少しずつ出てくるおもちゃで夢中に!

中にオヤツを閉じ込め、転がすと少しずつオヤツが出てくるおもちゃがあると便利です。飼い主さんが家事で忙しい時などに与えると自分で遊びますし、転がすとオヤツが出てくるとわかっているので犬は夢中になります。

独立心が強かったり防衛本能の強い犬は、オヤツが出てこなくなってもおもちゃを取られまいと守ってしまう傾向がありますので、取り上げるしつけはしておく方が無難です。

Amazonで商品を見る

マット型のおもちゃで隠されたオヤツを探す

1枚のマットの上に布製のカップや花びら、オブジェなどが縫い付けてあります。それぞれオヤツを隠すことができるので宝探し感覚で遊べます。
また素材はフリースや滑りにくいものを使っているため安全ですし、汚れたら洗濯できるのも嬉しいところ。
市販されている製品もありますが、自作も簡単ですからトライしてみては?

Amazonで商品を見る

犬の脳トレ|おすすめのおもちゃはコレ!

犬 脳トレ

犬の脳トレでおすすめのおもちゃで、Amazonで購入できるものをご紹介します。ボールを転がしたり、オヤツを見つけたり、楽しいおもちゃで遊ぶことが脳の活性化に繋げます。

転がして長く遊べる!オヤツを出して大満足【ビジーバディ】

円盤のような形状ですから、そのままではオヤツは出てきません。縦に転がすことにより少しずつこぼれるようになっているため、どう転がせばいいのか?犬が自分で考える必要があります。
また中央のネジを緩くすることで、オヤツの大きさに応じて隙間を調節できますから非常に便利です。

Amazon商品ページはこちら

狭い場所でもコロコロ転がしてオヤツが出てくる【スナックボールパズラー】

単に転がしてオヤツを出すおもちゃでは、オヤツが転がって家具などの隙間に入り込んでしまうことも。そこでボールを固定させて遊ぶためのおもちゃがスナックボールパズラーです。

最初こそ理屈がわからずに噛んだりするかも知れませんが、犬の足でボールをクルクル回転させることで3つの穴からオヤツが出てきます。飽きずに遊ばせることができますね。

Amazon商品ページはこちら

オヤツはどこにある?まるで宝探しのようなおもちゃ【PETEMOOプレイマット】

Amazon商品ページはこちら

犬が大好きなオヤツをマットの隙間に隠し、臭いで嗅ぎ分けるためのプレイマットです。布地は洗濯機や乾燥機に入れてもOKな素材を使用し、安全性と無害性が保証されています。
マットの裏地には滑り止めが付いているのでフローリング床に敷いても動きません。またオヤツの隠し場所を変えることできちんと嗅ぎ分けのトレーニングができますね。

犬の脳トレには応用も大事

犬 脳トレ

犬との脳トレの中で大事なのは、単なるルーティンで終わらないことです。時には変化を与えて応用力を身に付けさせることもまた大切ですね。楽しく遊んで楽しく学ぶ。やはり人間と同じなのかも知れませんね。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 更新日:

    2020.03.05

この記事をシェアする