magazine

食べもの

2020.03.14

栄養豊富な大豆製品で愛犬に手作りおやつを!みんなの手作りおやつも紹介中

日本人にとってソウルフードとも言える大豆は「畑の肉」とも言われるたんぱく質豊富な食材です。そんな大豆を加工した大豆製品は、私たちの食生活に欠かせない食品といえます。栄養豊富な大豆は、犬にも食べさせてあげたい食材のひとつ。市販のおやつは添加物や食材に不安がある方は、大豆製品を使って愛犬のために手作りおやつを作ってみませんか?今回は、大豆製品に含まれている栄養素や特徴に加えて大豆製品を使ったみんなの手作りおやつをご紹介します。

#Foods

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

愛犬の手作りおやつに大豆製品を使うメリット

大豆を主原料とした食材たち

味噌、醤油をはじめ豆腐、納豆、豆乳、おから、きな粉など大豆製品にはさまざまな種類があります。そんな種類豊富な大豆製品の中でも、手作りおやつに向く製品として、使い勝手のいい豆乳やおから、きな粉また少しの工夫でおやつ作りができる豆腐があります。まずは、大豆に含まれている栄養素と大豆製品の特徴、上げる際の注意点をご紹介します。

たんぱく質

たんぱく質は、筋肉、血液を作ってくれる犬の生命活動に欠かせない栄養素。犬の健康な体作りに欠かせない栄養素の一つと言えます。大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれています。大豆に含まれているたんぱく質はアミノ酸スコア100と必須アミノ酸が全て含まれている優秀食材なのです。大豆たんぱく質は、肉に含まれている動物性たんぱく質に比べて脂質が少ないことも特徴です。

ビタミン類

大豆には犬の健康を維持しエネルギー源として役立つビタミンB群が豊富に含まれています。糖質の分解を助けエネルギー代謝に役立つチアミンと呼ばれるB1、犬の口腔内、皮膚、目の粘膜保護や脂質の代謝に役立つビタミンB2、たんぱく質の分解・再合成に役立つビタミンB6、造血のビタミンと呼ばれ赤血球を作る葉酸が大豆には含まれているのです。このほかにも、ビタミンK、ビタミンEが含まれています。

亜鉛

新陳代謝に欠かせない栄養素の亜鉛。亜鉛は、たんぱく質の代謝に欠かせない栄養素で、血液中のビタミンAを運搬する役割を持っています。肝機能の向上や皮膚や被毛を健康に保つ必須ミネラル。手作りごはんで不足しがちな亜鉛ですが、大豆に多く含まれているため、大豆製品のおやつで栄養を補ってあげましょう。

カルシウム・リン

犬にとって必要な栄養素カルシウムを上手に吸収するために必要なリン。大豆にはカルシムとリンがバランスよく含まれています。

大豆サポニン

大豆サポニンは、天然の界面活性剤、乳化剤と呼ばれることもある大豆の苦味成分。このサポニンは、抗酸化作用、ナチュラルキラー細胞の活性化、肝機能の向上に役立つとされています。

他にも犬に有効な栄養が多く含まれている

皮膚や被毛の健康に役立ち女性ホルモン「エストロゲン」と似ている働きをする大豆イソフラボン、食物繊維、カリウム、マグネシウム、鉄、銅などたくさんの栄養素が小さな大豆には含まれています。

愛犬の手作りおやつで使いたい大豆製品

おやつを食べている犬の画像 ミニチュアダックスフンド

栄養豊富な大豆から作られる大豆製品は、手作りおやつに取り入れたい食材です。そこで知りたいのが手作りおやつに向く大豆製品。ここでは、手作りおやつの食材として扱いやすい大豆製品をご紹介します。

豆乳

豆乳は、大豆を水に浸し吸水させて、スリ潰して煮詰め絞ったいわば大豆のジュース。ここににがりを入れると豆腐ができます。豆乳は、手作りおやつを作る時の牛乳代わりに利用できる食材です。市販されている豆乳には、調整豆乳と無調整豆乳の2種類がありますが、犬のおやつに使用する場合には、香料などの添加物が加えられていない無調整豆乳を使用しましょう。また、豆乳には、カリウムが多く含まれるため、腎臓に問題がある場合には注意が必要です。

おから

豆乳を作る時にできる豆乳の搾りかすがおからです。おからには、生の生おからと乾燥した乾燥おからの2種類があります。最近では、乾燥おからをパウダー状にしたおからパウダーも売っています。ダイエット食品として女性に人気があるおからには、食物繊維が豊富に含まれています。ご飯のかさましに生のおからを上げている方も多いと思いますが、手作りおやつを作るにはおからパウダーがおすすめです。

きな粉

きな粉は、大豆を丸ごと炒って粉にした食材です。豆乳やおからと違い、丸のままの大豆から作られるきな粉は、大豆の栄養を丸ごと摂取できる優れもの。香ばしい香りがするので犬も大好き。手作りおやつのトッピングとしても利用できる使い勝手の良い食材です。

豆腐

いつでもどこでも手軽に手に入る豆腐は、コストパフォーマンスに優れた私たちの食卓に欠かせない食材です。そんな豆腐には、絹ごしと木綿の2種類があります。この2種類の違いは滑らかさ。豆乳ににがりを加えて固めて作られる絹ごし豆腐に対し、さらに圧力をかけて水分を抜いて作られるのが木綿豆腐です。

栄養素にも違いがあり、豆乳そのものの栄養が詰まっている絹ごし豆腐はビタミンB群が豊富、水分を抜き栄養分が凝縮されている木綿豆腐にはたんぱく質、脂質、ミネラル、繊維質が多く含まれているのです。豆腐を手作りおやつで使用する場合は、他の食材との混ざり具合、愛犬の好みに合わせて使い分けてください。

大豆製品を犬にあげるときの注意点

栄養豊富な大豆製品ですが、大豆に含まれている不溶性食物繊維は、上げすぎると消化不良や下痢を起こす原因にもなるので注意が必要です。また、犬によってはアレルギー症状を起こすことがあるため、初めてあげるときには少量にして、様子を見ることがおすすめです。特に、シャーペイ、アイリッシュセッター、シベリアンハスキーは大豆に対して耐性を持っていない犬種とされているため注意が必要です。

大豆製品を使ったみんなの犬用手作りおやつレシピ

大豆でつくったおやつ・クッキーの型抜き

みなさんは愛犬の手作りおやつには、どのような大豆製品を使ってどんなおやつを作っているのでしょうか。ここでは、みんなの手作りおやつをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

バナナとおからパウダーのお焼き

赤ちゃんの離乳食メニューとしても人気のあるおからパウダーで作るおやき。バナナの甘さとやさしい口当たりが、犬にも嬉しいおやつです。材料は、おからパウダーとバナナですが、うまくつながらない場合は、卵やヨーグルトを入れるといいかもしれません。

・材料:おからパウダー、完熟バナナ

豆乳&バナナの米粉クッキー

クッキーは小麦粉を使うからあげたくないという方に是非トライしていただきたい米粉クッキー。豆乳、バナナ、米粉、オリーブオイルとシンプルな材料で作るグルテンフリーのクッキーなら安心ですね。米粉はまとめる時にポロポロしやすいので、オリーブオイルを多めにするのがコツです。

材料:豆乳、バナナ、米粉、オリーブオイル

フレンチトースト

厳選した材料で手作り食パンで作られたご褒美おやつのフレンチトースト。おやつにパン?と思われる方もいると思いますが、飼い主さんは、夜ご飯の穀類を減らすなど栄養バランスの工夫もされています。豆乳とシナモンパウダーを使用して、健康のことも考えられたおやつです。

材料:手作り食パン、無調整豆乳、シナモン

キャロブマフィン

小麦粉の代わりに大豆粉を使用したキャロブマフィンです。犬にチョコレートはNGですが、チョコレートケーキのように見えるキャロブパウダーを使用したマフィンは、愛犬のバレンタインプレゼントにぴったり。キャロブは「いなご豆」と呼ばれているマメ科の植物。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富でスーパーフードトしても注目されています。中でも、ピニトールという鞘に含まれている栄養素は、ビタミンB群の一つで、血糖値や肝機能の改善に効果があるとされています。

大豆製品の犬用おやつが紹介されているレシピ本

犬の手作りおやつのレシピ本を見ている2人の女性

大豆製品を使ってみたいけど、どうやって使えばいいのかわからない、とんな時に役にたつ本が「かんたん・ごきげん!おいしい犬ごはん+おやつ」です。味付けをすれば飼い主も一緒に食べられるレシピをコンセプトに書かれている一冊。豆腐のチーズケーキ、かぼちゃとおからのクッキーなどのおやつレシピから豆腐のメンチカツやおからハンバーグのロコモコなど大豆製品を使用したごはんレシピが紹介されています。フードコーディネーターと獣医師が執筆した人気のレシピ本です。

Amazon商品ページはこちら

大豆製品で愛犬にヘルシーなおやつを作ってあげよう!

犬におやつをあげている様子

さまざまな種類がある大豆製品は、愛犬のおやつ作りに最適な食材。普段のおやつはもちろん特別な日のケーキも、大豆製品を使用すれば、栄養満点で愛犬も喜ぶおやつが作れます。小麦粉に比べてまとまりにくいですが、水分や油分も足しながら、自分で作りやすい分量を見つけてくださいね。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!