magazine

食べもの

2020.03.19

犬がプリンを食べるのはNG?食べることによるリスクを知っておく!

定番スイーツの1つであるプリンは、子どもだけでなく大人にも人気がありますよね。そんなプリンを愛犬が欲しがるようなときは、与えてもよいのでしょうか。この記事では、犬がプリンを食べることによるリスクや、食べたときに引き起こる可能性のある症状などを解説していきます。

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

犬がプリンを食べても大丈夫?

犬 プリン

基本的にプリンには、犬が食べると中毒を起こす食材が含まれていないため、少量を食べた程度で危険な状態になるような心配はありません。とはいえ、以下のようなリスクがあるので、犬にプリンを与えるのはよくありません。

アレルギーの心配がある

プリンには卵や牛乳が含まれていますが、それらを摂取するとアレルギー症状が出る犬もいます。卵も牛乳(乳製品)も、犬のアレルギーが出やすい代表的な食材です。アレルギー検査をしていない場合は、どの食材に対してアレルギーを持っているのかが分からないので、与えないのが無難です。

肥満や糖尿病の原因になる

プリンには、砂糖がたくさん含まれているため、肥満や糖尿病の原因になってしまいます。肥満や病気になって一番辛い思いをするのは犬自身です。愛犬の健康を害さないために、プリンを与えるのは控えましょう。

ドッグフードを食べなくなる

人間の食べ物と比較すると、ドッグフードははるかに薄味です。そのため、プリンを日常的に食べていると、濃い味や香りに慣れてしまい、ドッグフードを食べなくなることがあります。偏食になり必要な栄養をしっかりと摂取できなくなると健康を損ねてしまうので、プリンを安易に与えるのはよくありません。

愛犬がプリンを食べてこんな症状が出たら注意

犬 プリン

プリンを食べた後に、しきりに身体や口の周辺を痒がる、脇の下や内股が赤くなる、脱毛するなどの症状が見られたら、アレルギーの可能性が高いので、早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

また、牛乳に含まれている乳糖を分解する能力が低い犬もいます。そのような犬がプリンを食べると下痢を起こすことがあるので注意が必要です。

プリンを食べたがるときの対処法

犬 プリン

愛犬にプリンを与えたことがあり、プリンを食べたがるようになってしまったときは、犬用のプリンを与えるのがよいでしょう。ただし、犬用であっても与えすぎはよくありません。しつけのご褒美や特別なときのおやつとして、少量をあげる程度にしましょう。

犬用のプリンを与える|わんわんプリン カスタード風味

犬用プリンの一例として、「わんわんプリン カスタード風味」などがあります。こちらのプリンは卵が使われていないので、卵アレルギーを持っている犬でも食べられます。また、オリゴ糖が配合され、お腹に優しく低カロリーなことから、幼犬から老犬まで安心して与えられます。

Amazon商品ページはこちら

手作りするのもおすすめ

愛犬のために、プリンを手作りするのもよいでしょう。犬用プリンのレシピは、ネット上にたくさん載っていますが、素人のレシピは犬の体に合っているか疑問なところがあります。そのため、獣医師やペット食の専門家が執筆、もしくは監修しているレシピサイトやレシピ本を参考にすることをおすすめします。犬用のプリンは作り方がシンプルなので、初心者でも簡単に作れますよ。

犬に人間用のプリンは与えないように!

犬 プリン

犬に人間用のプリンを与えるのには、アレルギーや肥満、偏食など、さまざまなリスクがあるので、食べさせるのは好ましくありません。どうしても欲しがる場合は、犬用のプリンを与えるようにしましょう。ただし、犬用であっても1回に与える量は、少量にとどめることが大切です。愛犬の健康を害することがないよう気を付けましょう。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 更新日:

    2020.03.19

この記事をシェアする