magazine

食べもの

2020.03.31

犬はパセリを食べても大丈夫?含まれる栄養素・注意点を解説

洋食料理にそっと添えられているパセリ。鮮やかな緑は料理を彩り、爽やかな香りを添えます。苦手な人も多いですが、実は栄養価が高い野菜と言われています。犬がパセリに興味をもって近付いてきた場合、与えても良いものか迷いますよね。ここでは、パセリに含まれる成分や、犬にパセリを与えた場合に起こり得る症状についてご紹介します。

#Foods

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

愛犬に食べさせる前に知っておきたい|パセリの成分とは?

犬 パセリ

パセリに含まれる成分にはβカロテンやカリウムなどのミネラル、ビタミンCなどがあります。

βカロテン(※)

パセリにはβ(ベータ)カロテンが豊富に含まれています。カロテンには体内の活性酸素を減らす抗酸化作用があります。またβ-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので「プロビタミンA」とも呼ばれています。

カリウム(※)

人体に必要なミネラルの一種で、浸透圧の調整などの働きをする成分です。ナトリウムを排出する作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節する上で重要です。

ビタミンC(※)

ビタミンCは水溶性ビタミンで、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。活性酸素は動脈硬化を起こしやすくする過酸化脂質を作り出したり、がんや老化、免疫機能の低下などを引き起こします。

犬にパセリを食べさせる際の注意点

犬 パセリ

犬にパセリを与える場合の注意点は主に次の2つが挙げられます。

与えすぎに注意

料理の付け合わせであるパセリを犬に大量に与えることはないと思われますが、与えすぎには注意しましょう。栄養価が高い野菜ではありますが、犬は基本的にパッケージに「総合栄養食」と記載された栄養バランスの良いドッグフードを適量与えている限り、犬に必要な栄養素が不足することはありません。パセリを与える場合には少量を刻んでドッグフードの上にかけるなど、トッピングのような与え方で十分です。

パセリを与えた後は犬の体調の変化に注意

パセリを食べても問題のない子もいますが、個体によっては体調に何らかの変化が現れることがあります。特に、初めて与えた際には犬の様子をよく観察する必要があります。飼い主さんが外出する前や犬を観察する時間が取れないときには与えない方が良いでしょう。

犬がパセリを食べることによって起こり得る症状と対処法

犬 パセリ

犬がパセリを食べた後は、何らかの症状を引き起こす可能性があります。気を付けたい症状と、その対処法についてご紹介します。

パセリに食べることにより引き起こされる症状

パセリは食物繊維が豊富で、犬にとっては消化しにくい食材のひとつです。食べた後に消化不良を起こし、下痢や嘔吐などの症状が見られる可能性があります。

症状が現われた場合の対処法とは

もし下痢や嘔吐の症状が現われてしまった場合には、早めに対処することが大切です。

軽度の場合

症状が軽度で一過性なものであれば、パセリを与えることを中止すれば症状は自然に改善します。この場合は様子を見ても問題ありません。

重度の場合

少量のパセリを摂取する程度で重い症状が出ることは滅多にないと考えられますが、もし下痢や嘔吐が酷かったり、何回も繰り返すようであれば早めに動物病院で適切な治療を受けることが大切です。症状が長引くほど脱水が進み、大力も消耗してしまいます。

犬にパセリを与える際に気をつけたいこと

犬 パセリ

パセリに限らず、食べ慣れない物を与えたり過剰に摂取することにはリスクが伴います。犬に必要な栄養素は食餌の基本である総合栄養食のドッグフードに十分含まれているので、敢えてパセリを与える必要はありません。もし与えたい場合は、消化しやすいよう細かくしてドッグフードにトッピングする程度に留めておきましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.03.31

この記事をシェアする