magazine

食べもの

2020.03.22

犬もだいすき砂肝!嬉しい栄養成分と食べさせるときの注意点とは

砂肝は犬が大好きな食材のひとつ。基本的には、砂肝は犬にあげても大丈夫な食材です。茹でてご飯のトッピングにしたり、焼いてジャーキーにしたものをおやつとして与えている方も多いと思います。そんな砂肝にはどんな栄養成分があるのかご存知ですか?また、食べさせるときの注意点や新鮮な砂肝の選び方も是非知っておいてください。
今回は、犬に食べさせてあげたい砂肝について解説します。

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

犬に砂肝を食べても大丈夫?

犬 砂肝

特定のアレルギーや疾患を持っている場合を除いて、犬は砂肝を食べても大丈夫です。
歯ごたえ抜群の砂肝は、犬が大好きな食材のひとつと言えます。最近では、おやつとしてさまざまな形に加工された砂肝やご飯のトッピング用に加工された砂肝が犬用として多数販売されていることからも、砂肝が人気の食材だということがわかります。

犬もだいすき砂肝にはどんな栄養素が含まれている?

犬 砂肝

私たち人間が食べても、コリコリと食感が良く美味しい砂肝。あの歯ごたえは犬にとっても美味しいんですね。そんな砂肝は、低カロリー高タンパクで肥満が気になる犬にも嬉しい食材です。まずは、砂肝は何の肉でどんな部位かを知っておきましょう。

砂肝は肝臓ではない!

肝という文字が入ることから、鶏の肝臓だと思われることも多い砂肝ですが、実は、鶏や七面鳥、アヒルなどの鳥類が持っている砂嚢(さのう)という胃の一部で筋胃と呼ばれている部位です。
歯のない鳥は、餌と一緒に石や砂を飲み込むため、まずは砂嚢に食べたものを溜めます。そして、その砂嚢で食べ物をすりつぶすのです。
ちなみに、東日本では「砂肝」と呼ばれていますが、西日本では「砂ずり」と呼ばれることもあります。

栄養豊富な砂肝

ヘルシーな食材として女性にも人気のある砂肝ですが、そもそもなぜヘルシーと言われているのでしょうか?そこで知っておきたいのが、砂肝に含まれている栄養素です。
鳥の消化器官の一部である砂肝は、筋肉で出来ているためほとんど脂肪分が含まれていません。そのため、低カロリーの食材と言われているのです。犬ご飯のトッピングやおやつに使われることが多いささみと比べてみると、ささみは100gあたり105kcalですが、砂肝は100gあたり94kcal。炭水化物、糖質がゼロという点も嬉しいところです。

ビタミン、ミネラルが豊富

砂肝には、ビタミン、ミネラルが豊富なことが特徴です。特に、タンパク質、ビタミンB12、ビタミンKが多く含まれています。次に多く含まれているのがナイアシン、亜鉛、鉄、パントテン酸で、この他に葉酸、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC、カルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、銅などが含まれています。

砂肝はアミノ酸スコア100の優秀食材

犬にとって重要な栄養素の一つがアミノ酸です。アミノ酸には、体内で合成される非必須アミノ酸と食事から摂取する必要がある必須アミノ酸があります。アミノ酸スコアとは、体の元となる成分である9種類の必須アミノ酸がどのぐらい含まれているかを表す指標です。砂肝には、9種類の必須アミノ酸全てが含まれていることからアミノ酸スコアが100となるのです。このことからも砂肝は、犬にとって優秀な食材であると言えますね。

犬に砂肝を食べさせる際の注意点

犬 砂肝

砂肝は、スーパーなどでも比較的安価に手に入る食材ですが、食べさせる時には次のことに注意しましょう。

生では与えない

食事で生肉を食べている犬の場合でも、砂肝を生では食べさせないようにしましょう。特に、鶏肉にはサルモネラ菌など食中毒の原因となる菌が付いていることが多いため、犬も食中毒を起こす可能性があります。砂肝を犬に食べさせるときには、茹でる、焼くなどの加熱調理をしてから食べさせましょう。

鶏肉にアレルギーがある場合は要注意

最近では、鶏肉に対してのアレルギーを持っている犬が増えてきています。鶏肉を食べて、かゆみが出る、下痢をする、嘔吐する、目が充血するなどのアレルギー症状が出る犬に砂肝を食べさせる場合は、ごく少量を与えて様子を見ましょう。砂肝は、たくさんの栄養素を持った食材ですが、無理に食べさせる必要はありません。また、鶏肉アレルギーではなくても、アレルギーを発症しやすい犬の場合は、初めて食べさせるときには十分に注意してあげてください。

食べ過ぎに要注意

砂肝は栄養価が高い上に、犬が大好きな食材のひとつです。ただし、喜ぶからと言って食べさせ過ぎには注意が必要です。砂肝には、リンが含まれています。ささみや胸肉に比べると、含まれるリンは少ないですが、ご飯に肉をメインに食べている場合は、リンの過剰摂取となる可能性があります。リンを過剰に摂取すると腎臓に負担がかかってしまい、慢性的な腎臓疾患を発症する可能性があるため注意しましょう。

味付けはしない

当たり前のことですが、犬に食べさせるときには味付けをせずに調理したものを与えましょう。特に、焼き鳥の砂肝には塩分が多く含まれているため注意しましょう。

愛犬のために新鮮な砂肝を選ぼう

犬 砂肝

砂肝は、スーパーなどではパックに入って売られていることが多いですね。鳥の内臓の一つである砂肝は新鮮なものを選ぶことがおすすめです。

新鮮な砂肝の見分け方のポイントは、全体に透明感があり光沢のあるものを選ぶことです。パック詰めにされて時間が経っている砂肝は、色がくすんできていたり、皮の部分の色が変色していることがあります。また、パックの中にドリップが出ているものも実は時間が経っている証拠です。

もし、スーパーで新鮮な砂肝が見つからない場合は、お肉屋さんで聞いてみてください。お肉屋さんは、簡単な下ごしらえまでしてくれることが多いので手間も要りません。ぜひ、近所のお肉屋さんに足を運んでみてください。

美味しくて犬もだいすきな砂肝をぜひメニューに加えてあげて!

犬 砂肝

最近では、市販のおやつにも砂肝を使用したものが増えてきていますが、スーパーやお肉屋さんで新鮮な砂肝を見かけたら、ぜひ手作りのおやつやトッピングを作ってみてください。

私たちが食べる時は、食感を良くするために砂肝の表面にある皮をそぎ取りますが、犬が食べるときには下ごしらえ不要です。小型犬には一口大にカットして、大型犬の場合は薄く削いで食べやすいサイズにしてあげましょう。

また、トマトやブロッコリーなどビタミンC豊富な野菜と一緒にあげることで、鉄分や亜鉛を効率よく吸収できます。是非、美味しい砂肝をメニューに加えてあげてくださいね。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!