magazine

食べもの

2020.03.08

犬がわさびを食べたらどうなる?どんな症状が出てどう対処すべき?

犬が誤ってわさびを食べてしまった!積極的に与える飼い主さんは少ないでしょうが、チューブ入りのわさびを好奇心でかじってしまう子はいるかもしれません。
人間ですら、わさびを付けすぎると涙が出るほどツンとするのに、犬が舐めたり飲み込んでしまったら大変なことになってしまうかも?今回は、犬がわさびを誤って食べてしまった場合、体調に影響するのかを解説します。

Author :明石則実/動物ライター

この記事をシェアする

犬はわさびを食べても大丈夫?

犬 わさび

結論から言うと、わさびは刺激物に当たるために犬が食べてはいけない食材の一つです。そもそもそんな刺激物を犬が自ら食べたりすることはないのですが、物を噛む癖があったり、ストレスが溜まっている時など、興味本位から歯ごたえのあるものを噛んでしまうことがあります。

もしそれがわさび入りの容器だったら、ついつい舐めたり口に入ったりすることは考えられますよね。特にわさびはペーストですから、犬は固形物のように吐き出せず、飲み込むしかないのです。

犬にわさびはなぜ食べさせてはいけない?含まれている成分とは

犬 わさび

人間にとってわさびは、ほんの少量だけを用いて風味や味覚を変えて楽しむ薬味です。しかし犬にとっては少量であっても刺激物ですし、胃腸の健康を損なうことにもなりかねません。
その刺激物はどういったものなのか?その成分を見ていきましょう。

実は豊富な栄養成分を含むわさび

わさびにはタンパク質やカルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどが含まれているため、栄養成分に富んでいると言えるでしょう。
確かに体には良いのですが、人間が食べる分には少量しか摂取しないため、やはり風味を楽しむものでしかないのです。

独特の辛み成分が刺激の元

わさび独特の辛み成分は「アリルからし油」という辛子油の一種だとされています。
そのままかじっても辛さはあまり感じませんが、すりおろすことでわさびの細胞が破壊され「ミロシナーゼ」という酵素が働いて辛子油配糖体(グルコシノレート)が分解され辛く感じるようになります。

揮発性が高いため、時間を置くと徐々に辛みはなくなっていきます。おろしたてのわさびを使うのはそのためなのですね!
しかしチューブ入りのわさびの場合、鮮度を保つ工夫がしてあるためおろしたての風味が生きたままなのです。犬が誤ってチューブ入りのわさびを食べてしまった場合は、辛み成分をきちんと摂取してしまうということになります。

犬がわさびを食べてしまった時の症状と対処法とは?

犬 わさび

普段から気を付けていても、犬はいたずらしたり異物を飲み込んだりしてしまうものです。もし愛犬がわさびを食べてしまったら、どのような症状が出るのでしょうか?
また、その際の正しい対処法も合わせて見ていきましょう。

胃腸に変調をきたしてしまう恐れも

わさびの辛み成分が胃の中に入ると、胃粘膜を刺激して嘔吐したり胃炎になったりする可能性があります。また、腸の働きに変調を来たして下痢を引き起こすこともあります。
胃腸が悪くなってしまうと食欲不振になり、体の調子自体が悪くなることもあるので注意が必要です。

わさびが口に入っても吐き出せない?

チューブ入りわさびはペースト状になっていて簡単には吐き出せないこともありますが、吐き出せないのは犬の味覚構造にも大きな要因があります。
人間と比較して犬の味覚の感度は1/5程度だと言われており、辛いものかそうでないのかが感知しにくい構造になっています。そのため、口に入れた瞬間は辛さをさほど感じず、気付かないうちに飲み込んでしまうということが起こります。
また、辛みや苦みを感じる味蕾細胞は舌の奥の方にあるため、辛みを感じた時にはすでに喉の近くに流されている状態で、飲み込まざるを得ないということになります。

症状が出た場合の対処法とは?

もし愛犬の様子に異常があったなら、適切な処置が必要になります。かかりつけの動物病院等で診察してもらいましょう。
半日~1日絶食させたり吐き出させたりなどの対処法がありますが、まずは獣医師にどれだけの分量を口にし、どんな症状が出ているのかをきちんと説明するようにしましょう。

わさびを食べてしまっても慌てないこと

犬 わさび

刺激物とはいえ、ほんの少量であれば中毒性はありませんし神経質にならなくても大丈夫ですが、もし嘔吐や下痢などの症状が出たとしても決して慌てないことです。
わさびもそうなのですが、マスタードやカレー粉、胡椒なども刺激物にあたるため、犬が誤飲しないように普段から気を付けることが大切ですね。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 更新日:

    2020.03.08

この記事をシェアする