magazine

犬を迎える

2020.03.05

ゴールデンドゥードルの子犬はすぐに大きくなる?子犬の全てを解説

ゴールデンレトリバーとプードルの両親をもつゴールデンドゥードルは、たくさんの魅力がある犬種です。その魅力に魅かれて、ゴールデンドゥードルの子犬を迎えたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しかし、ゴールデンドゥードルを迎える前に、子犬の成長スピードなどをしっかりと理解し、どのような成犬になるかをしっかり把握しなくてはいけません。ここではゴールデンドゥードルの子犬の成長スピードに加え、散歩・シャンプーを始める時期について解説していきます。

#ゴールデンドゥードル / #ミックス犬

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ゴールデンドゥードルの子犬選び

ゴールデンドゥードル 子犬

ゴールデンドゥードルのブリーダーは、特定の特徴を持つ子犬を安定して生み出しているものの、スタンダードが完全に固定されている訳ではありません。ゴールデンレトリバーよりの子もいれば、プードルよりの子もいます。
そのため、もし何か見た目にこだわりがあるのであれば、しっかりとブリーダーと相談して子犬を選ぶことが大切です。

抜け毛が多いゴールデンドゥードルもいる?

ゴールデンドゥードルの最も注目される魅力は、抜け毛が少ないということです。

ゴールデンドゥードルは抜け毛が少ないプードルを親犬種としており、この特徴をしっかりと受け継いでいます。しかし、ゴールデンドゥードルは新しい犬種であるため、全てのゴールデンドゥードルの抜け毛が少ない訳ではありません。被毛の特徴をゴールデンレトリバーから受け継いでいるのであれば、毛がたくさん抜けることもあります。

抜け毛が少ないと聞いてゴールデンドゥードルを迎えようと考えている人は、ブリーダーとよく相談しましょう。

性格をしっかりと確認

ゴールデンドゥードルは優しい性格を持っていることから、家庭犬としての人気がとても高い犬種です。しかし、不安定な犬同士を掛け合わせているブリーダーから生まれる子犬のなかには、不安定で恐怖心の強い犬に成長する子も存在します。ゴールデンドゥードルに限ったことではありませんが、自分がブリーダーから子犬を迎えるのであれば、生活環境や親犬たちの状態をしっかりと確認することが大切です。

ゴールデンドゥードルの子犬の成長スピード

ゴールデンドゥードル 子犬

ゴールデンドゥードルは成長が速い犬種です。いくつかのサイズバリエーションがあるので一概に言えませんが、どのサイズのゴールデンドゥードルも1歳までには成犬とほぼ同じサイズにまで成長します。

ミニサイズのゴールデンドゥードルは、生後4ヶ月に達する頃に成犬の半分のサイズにまで成長します。スタンダードサイズのゴールデンドゥードルは、ミニサイズのゴールデンドゥードルよりも数ヶ月長く時間をかけて成長するものの、それでも生後6ヶ月ほども出に大体の成長を終えます。

子犬の散歩・シャンプーを始める時期

ゴールデンドゥードル 子犬

ゴールデンドゥードルだけではなく、全ての犬にとって散歩やシャンプーはとても大切なお手入れです。しかし、方法や時期を間違えてしまえば、子犬の命をも危険に晒してしまうかもしれません。ここではゴールデンドゥードルの散歩・シャンプーを始める時期を詳しく解説していきます。

子犬の散歩を始める時期は?

子犬は免疫が十分ではないため、必要なワクチンを全て終えるまでは散歩に連れて行かないように勧められています。必要なワクチンを終えるのは通常14~16週間頃ですが、場合によっては少しずれる場合があります。そのため、散歩を始める時期は獣医とよく相談するようにしてくださいね。

子犬のシャンプーを始める時期は?

子犬のシャンプーはいつ初めても構いません。しかし、子犬の皮膚や毛は柔らかくデリケートなので、なるべく汚れた時に限ることが大切です。皮膚に以上が見られた場合はすぐに獣医に連れていくことが大切です。

ゴールデンドゥードルの短い子犬期を楽む

ゴールデンドゥードル 子犬

ゴールデンドゥードルの可愛い子犬期は本当に短いです。そのため、小さな瞬間を楽しみ時間を大切にすることが大切ですね。また、ゴールデンドゥードルが立派な成犬にまで成長できるように、ワクチンをきちんと済ませてから散歩に連れていくようにしてくださいね。ゴールデンドゥードルとの生活は楽しく、愛に溢れたものになるに間違いありません。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!