magazine

健康管理 / 病気

2020.03.13

ダルメシアンの寿命はどれくらい?かかりやすい病気・体重管理のコツとは

白地に黒の水玉模様が美しいダルメシアン。101匹わんちゃんのモデル犬としてもお馴染みですよね。 唯一無二と言ってもいいほど特徴的なダルメシアンの被毛はとても魅力的である一方で、実は遺伝性疾患のリスクを併せ持っているということも知られています。今回は、ダルメシアンの寿命とかかりやすい病気・体重管理のコツについてご紹介したいと思います。

#Healthcare / #ダルメシアン

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

ダルメシアンの寿命はどれくらい?

ダルメシアン 寿命

ダルメシアンを家に迎えたら、健康で長生きしてほしいと願うのはどこのご家庭でも同じですよね。 愛犬とできるだけ長く健康に過ごしていくために、まずはダルメシアンの平均寿命を知っておきましょう。

ダルメシアンの平均寿命は?

ダルメシアンの寿命は、平均して10~13歳ほどと言われています。もちろん個体差やそのコの持つ持病などもあるので一概には言えませんが、ほかの大型犬の平均寿命とほぼ同じと言っていいでしょう。

ダルメシアンの最高齢は?

ペット保険大手のアニコムは、毎年敬老の日に合わせてご長寿のペットたちを表彰するイベントを行っています。そこで表彰されたのは、ダルメシアンの「菅野 ラッシー」さん。お歳はなんと18歳! 小型犬や中型犬よりも寿命が短い大型犬としては、相当のご長寿と言えるのではないでしょうか。

ダルメシアンの健康寿命を延ばすために|かかりやすい病気を知っておこう

ダルメシアン 寿命

ダルメシアンは、残念な事ではありますが遺伝疾患を多く持つ犬種としても知られており、気をつけなければいけない病気がたくさんあります。

ダルメシアンの特徴でもある水玉模様の白色の被毛部分では、メラニンが生成されません。メラニンが生成されないとメラニン欠損型の皮膚炎になりやすいほか、内耳にある蝸牛(かぎゅう)という部分にも影響し、難聴になってしまう可能性もあるというリスクも併せ持っています。

1.聴覚障害

ダルメシアンに多い病気の1つとして、聴覚障害が挙げられます。中には稀にですが生まれた時から耳が聞こえないというコもいるため、自分の愛犬が耳に障がいがあると気づいたらすぐに獣医師に相談しましょう。耳の聞こえないコであっても方法次第では快適な暮らしを送ることが出来るため、不安になる必要はありません。

2.皮膚疾患

ダルメシアンは、アレルギーを持っているコが多く、アレルギー性皮膚炎になりやすい犬種です。 また、食物アレルギーを持っている可能性もあるので、毎日の食事にも気をつける必要があります。

3.尿路結石

ダルメシアンは、遺伝的に尿酸の代謝が悪いため、尿路結石に苦しむコも少なくありません。 体質的なものなので根本治癒は難しいですが、尿酸をできるだけ結晶化させないようなフード選びをして、結石ができる頻度を減らしてあげるような配慮が必要です。

ダルメシアンの健康寿命を延ばすために|体重管理をしよう

ダルメシアン 寿命

体重管理は愛犬の健康に直結するとても大切な飼い主の役目です。愛犬を肥満にしてしまうのはすべて私たち飼い主のせいと言ってもいいくらい、飼い主の意識次第で愛犬の肥満は防げます。適正なフードの量を守ってオヤツのあげすぎには注意しましょう。

ダルメシアンのご飯の量

ダルメシアンは、先ほどお伝えしたように尿路結石になりやすい犬種です。尿路結石を防ぐには、水分を多めに取り、オシッコをたくさん出すというのも有効です。

なので、ドライフードにウェットフードを混ぜてあげるのもおすすめ。ウェットフードを混ぜる場合には、ドライフードはパッケージに記載の適正量よりも少なめにして、愛犬の肥満を防ぎましょう。

散歩の目安

ダルメシアンは運動量が多く必要な犬種です。朝と夜の2回、それぞれ1時間程度の運動が必要です。 たっぷりの運動量が確保できないと問題行動を起こしてしまう場合もあるので、お散歩の量が足りない時にはおもちゃを使って「持って来い」遊びをするなどの工夫をしましょう。

好きな運動

ダルメシアンはとにかく走るのが大好き!体力も持久力もあるのでドッグランなどに行って、思いっきり走れる環境を与えてあげましょう。 運動量の確保のほか、ストレス解消にもなるのでおすすめです。

ダルメシアンの平均寿命は10~13年

ダルメシアン 寿命

ダルメシアンは遺伝的な疾患が多く、ほかの犬種と比べても健康管理には注意が必要なことも多い犬種です。 平均寿命は大型犬の平均と同じく10~13年と言われています。私たち人間と比べても圧倒的に短いその生涯を、ずっと健康で幸せに過ごせるよう私たち飼い主は、毎日愛犬の様子をしっかりと観察して、すぐに体調の変化に気づけるようにしておきましょう。

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

  • 更新日:

    2020.03.13

この記事をシェアする