magazine

犬種図鑑

2021.05.24

犬と過ごす幸せな時間

スモール・ミュンスターレンダーの飼い方は?犬種の性格や特徴・歴史を解説

本国ドイツで定番の最小鳥猟犬であるスモール・ミュンスターレンダー。ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)では英国名であるスモール・ミュンスターレンダー(Small Musterlander)の名で登録されていますが、原産国のドイツではクライナー・ミュンスターレンダー(Kleiner Münsterländer)と表記される犬種です。日本ではまだ知名度の低い犬種ですが、ドイツでは賢い猟犬としての活躍とその堂々たる姿にファンの多い犬種となっています。ここでは、そんなスモール・ミュンスターレンダーの歴史を紐解き、性格の傾向・特徴などをご紹介していきます。

江野 友紀/認定動物看護士

スモール・ミュンスターレンダーという犬種の成り立ち

長い耳の毛がカールしているスモール・ミュンスターレンダーが草原で伏せている

まずは、スモール・ミュンスターレンダーの誕生の歴史についてご紹介します。歴史を遡って犬種の成り立ちを知ることで、その犬種の特徴を解明していきましょう。

スモール・ミュンスターレンダーの歴史

スモール・ミュンスターレンダーの歴史は、ドイツ北西部の田園地帯であるミュンスター地方で作出されたところから始まります。1870年頃、ナポレオンの時代に、フランスから西ドイツに持ち込まれたスパニエル系の犬種に、この地方で名が知れ渡っていたドイツ原産の長毛のジャーマン・スパニエル(ヴァクテルとも呼ばれます)が、スモール・ミュンスターレンダーと血縁関係があると考えられています。

ドッグクラブの設立

1912年、純粋性の追求とスモール・ミュンスターレンダーの正しい繁殖の普及を目的としてスモール・ミュンスターレンダー・ポインティング・ドッグ・クラブという施設が設立されました。当時ジャーマン・スパニエルと同じ犬種と扱われていたスモール・ミュンスターレンダーですが、このクラブ設立により、正式に同犬種の犬種スタンダードの適用や犬種登録への道が進んでいきます。

同じ犬種として扱われていたほど容姿の似ている犬種ではありますが、スモール・ミュンスターレンダーはしっぽの先が必ず白という特徴があります。

優れた能力を持つ猟犬

スモール・ミュンスターレンダーは、いわゆるHPR犬種として活躍をしてきた歴史を持っており、今でもヨーロッパ地方ではその活躍を垣間見ることができます。ハント(狩り)に加え、ポイント(獲物を見つけて合図)・リトリーブ(獲物の回収)までを全て任せることができる大変優れた能力を持っています。

実猟犬としての才能を後世に受け継ぐため、スモール・ミュンスターレンダーを「クライナー・ミュンスターレンダー」と呼び、猟犬能力試験などを行なっている団体が「狩猟犬協会(JGHV)」です。このテストに合格していないクライナーの子犬は、ドイツのケネルクラブでは血統書が発行されません。ドイツの猟犬に対する情熱を感じますよね。

しかしながら、このように猟犬としての資質を高められてきた犬種であるため、家庭犬としての飼育はかなり難しいと考えられます。そもそもドイツやアメリカのブリーダーさんが譲ってくれることはまずないと言っても過言ではありません。

スモール・ミュンスターレンダーの身体的特徴は?

子犬のスモール・ミュンスターレンダーがクッションを噛んで遊んでいる

スモール・ミュンスターレンダーの外見的特徴や能力についてご紹介します。

サイズやカラー

オスの体高の目安は52~56cm、メスは50~54cmです。体格はバランスがとれ、優雅で、直立した時のアウトラインは流れるようです。光沢のある被毛には撥水性があり、密生しストレートもしくは僅かにウェーブがかかっています。垂れ耳で、前足、後足、尻尾には飾り毛があります。毛色にはブラウン&ホワイトまたはブラウンローンがあります。

猟犬としての役割

スモール・ミュンスターレンダーは鳥猟犬であり獲物に対し敏感に反応します。獲物の捜索、ポイント(獲物の場所を示す)、籔入り、フラッシュ(飛び立たせる)といった仕事だけでなく、撃ち落とされた獲物の捜索や回収にも優れた能力を発揮します。

また、最近では鳥猟に留まらずイノシンや鹿猟においても優れた成果を上げています。自分に与えられた仕事を理解し、狩猟経験を活かすことができる犬種と言えます。

スモール・ミュンスターレンダーの性格と飼い方のコツ

3匹の子犬のスモール・ミュンスターレンダーが草原を走ってこちらに向かってくる

感情表現が豊かですが、穏和で安定した性格です。人や犬、ほかの動物に対して友好的で協調性があり、飼い主に忠実なため、家庭に迎えると良きパートナーとなるでしょう。小動物と遭遇すると、狩猟本能に目覚めてしまうことがあります。
狩猟に対しては粘り強く、冷静さと鋭敏さで与えられた役割をこなします。

スモール・ミュンスターレンダーの飼い方のポイント

スモール・ミュンスター・レンダーの飼育上の注意やポイントには次のようなものがあります。

しつけの仕方

知性の高いスモール・ミュンスター・レンダーの従順性や自主性をコントロールするには、飼い主が一貫性をもってしつけ訓練を行うことが重要になります。注意力があり人に誉めてもらうことが好きなので、しつけは覚えやすいでしょう。性格をよく理解した上でしつけることが大切です。

運動量やお手入れ

元来鳥猟犬であるため、運動量が必要です。散歩は1日2回、最低でも1時間は行います。ロングコートの艶のある被毛を維持するには、ブラッシングが必須です。

スモール・ミュンスターレンダーは飼いやすい犬種

浜辺で何かを咥えたスモール・ミュンスターレンダーが意気揚々と走ってくる

日本ではまだまだ知られておらず入手の難しいスモール・ミュンスター・レンダーですが、人やほかの動物と協調性があり、ペットとしては飼いやすい犬種と言えます。本来は鳥猟犬で仕事好きな犬であるため、家庭犬として生活した場合には何らかの役割を与えたり十分に運動させないと暇をもて余し、ストレスが溜まって問題行動を取る可能性があります。スモール・ミュンスター・レンダーについてよく理解した上で飼育を検討しましょう。

  • 公開日:

    2020.03.25

  • 更新日:

    2021.05.24

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 江野 友紀
  • 認定動物看護士
  • 地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。 ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。 普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。 ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。