magazine

犬にまつわる雑学

2020.02.07

パトラッシュの犬種を知ってる?涙なしには語れないフランダースの秘話を特集

有名な物語「フランダースの犬」ですが、主人公ネロと一緒に生活している愛犬パトラッシュが何の犬種かご存知ですか?
アニメを見て、セントバーナードだと思っていらっしゃる方が多いようですが、実は違います。今回は、アニメ「フランダースの犬」の準主役でもあるパトラッシュについて詳しくご紹介していきます。

#Lifestyle

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

パトラッシュってどんな犬?

パトラッシュ 犬種

フランダースの犬の最後のシーンはあまりにも有名ですが、実際に物語全体をご存知の方は少ないかもしれません。

というのも、「フランダースの犬」のアニメが日本で放送されていたのは1975年。なんと今から40年以上も前のことになります。その後、再放送などもありましたが、若い世代の方はアニメを見る機会に恵まれなかった方が多くいらっしゃると思います。

ここで簡単に物語のあらすじと、パトラッシュはどんな犬なのかを簡単にご紹介したいと思います。

フランダースの犬のあらすじ

物語の前半

フランダースの犬の舞台は19世紀後半のベルギー。幼いころに両親を亡くした主人公ネロは、足の悪い祖父と一緒に貧しいながらも楽しく暮らしていました。
そんなある日、道に弱って傷ついた犬が放置されていました。それがパトラッシュです。かわいそうに思ったネロは家に連れ帰り、祖父と看病をすると何とか元気に回復し、祖父とネロの2人でしていた牛乳売りの仕事もパトラッシュが荷を引いて手伝ってくれるようになりました。

物語の後半

貧しい育ちではありましたが、ネロには大きな夢が2つありました。1つは将来画家になりたいという夢、もう1つはルーベンスの祭壇画をその目で見たいという夢です。画家を目指すべく絵を描いていたネロは、その絵を絵画コンクールに応募しますが、残念ながら落選してしまいます。
さらにその日、町の風車小屋が火事になり、ネロはその犯人に仕立て上げられてしまうのです。もちろん濡れ衣ですが、クリスマス前日に家を追い出されてしまったネロは無意識のうちに憧れのルーベンスの祭壇画のある教会へ向かいます。その先に待ち受ける運命とは・・・。

フランダースの犬の有名なセリフ

パトラッシュ 犬種

「パトラッシュ……疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ……パトラッシュ……」

という主人公ネロの最期のセリフが有名ですよね。物語の全容を知らなくてもこのシーンだけで号泣できるほど、私たちの胸に迫る印象的なセリフです。弱ったネロの下に駆け付け、隣に寄り添うパトラッシュの健気さにも心打たれる名シーンです。

フランダースの犬の原作は「暗い」という評価であまり有名にはなりませんでしたが、日本のアニメとして今も愛され続けるネロとパトラッシュの深い絆は、いつの時代も私たちの心を強く揺さぶる不朽の名作と言えるでしょう。

パトラッシュの犬種って?

パトラッシュ 犬種

日本のアニメではパトラッシュは白と茶色の大型犬として描かれているため、セントバーナードだと思っていらっしゃる方が多いのですが、実は「ブービエ・デ・フランダース」という犬種だというのが通説です。
実際に、ベルギーのホーボケンという街にあるフランダースの犬の銅像は、ブービエ・デ・フランダースがモデルになっています。

日本人がパトラッシュの犬種を勘違いしてしまう理由

ブービエ・デ・フランダースの写真を見ると、アニメのパトラッシュとは似ても似つかないことに驚きます。色も違えば毛並みや耳の形もまるで違います。では、どうしてパトラッシュはこのように描かれたのでしょうか?

実際のブービエ・デ・フランダースは真っ黒の巻き毛の犬ですが、アニメにした時にこの風貌だとあまり日本人になじまないのではないかという制作側の意図があったようです。

そのため、アニメのパトラッシュは前年に放送されていた「アルプスの少女ハイジ」でもなじみのあるセントバーナードと、日本犬を足したようなオリジナルの犬種として描かれたという説が有力です。

パトラッシュの「ブービエ・デ・フランダース」ってどんな犬種?

パトラッシュ 犬種

ブービエ・デ・フランダースはベルギーが原産の大型犬です。フランダースというのは地域の名前で、ブービエとは「牛飼い」の意味です。つまりベルギーとフランスにまたがるフランドル地方の牛追い犬という名前がつけられています。

もともと牛を追う牧畜犬として重用されていたブービエ・デ・フランダースですが、戦争中にはその立派な体格と体力が高く評価され、軍用犬として活躍していたという歴史もあります。

性格は、賢く落ち着きもあり、まさにパトラッシュのモデル犬といった特徴を備えています。飼い主さんに忠実な分、知らない人には強く出るという一面も持ち合わせているので、番犬も務まる頼もしい犬種です。

パトラッシュの犬種は強くて優しいワーキングドッグ

パトラッシュ 犬種

パトラッシュのモデルになったブービエ・デ・フランダースは、見た目こそアニメの中の犬とは違いますが、性格はパトラッシュの特徴とよく似ています。飼い主に忠実で賢く、よろこんで仕事をする様子はまさにパトラッシュそのもの。
日本ではあまりなじみのないブービエ・デ・フランダースですが、本当はこの犬種がパトラッシュのモデルだったんだという目線でアニメを見てみると、また違った見え方があるかもしれませんね。

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!