magazine

犬にまつわる雑学

2020.02.13

柴公園ってどんな映画?2019年最高の癒し系ドラマ&映画の魅力に迫る

2019年1月からドラマ版が放映され、その年の6月には映画版も公開された「柴公園」をご存じでしょうか? 舞台は他愛ない日常の光景でありながら、かわいい柴犬たちに癒されつつ、ついつい見入ってしまうという中毒性が話題になった作品です。今回はこの作品の魅力をあますことなくご紹介していきます。

#柴犬

Author :明石 則実/動物ライター

この記事をシェアする

「柴公園」とは?

柴公園

「柴公園」は“公園”と言っても、東京にある芝公園のことではありません。物語の舞台は都市開発が進んだどこにでもある公園です。

登場する柴犬ちゃん達にはそれぞれ名前は付けられてますが、主人公をはじめ登場人物にもこれといった人物名はありません。そのくらい展開が緩いドラマだと思って差し支えないと思います。

ところが、中年のおじさんたち3人が毎度のごとく公園でダベり続ける光景がおかしくて、ついつい笑ってしまいます。しかもダベりの内容もくだらないことばかり!3人がそれぞれ知性があるゆえに会話は常にエスカレートし、柴犬ちゃんたちは置いてけぼり。でもそんな柴犬ちゃんたちも良いアクセントになっていて、柴犬好きにはたまらない作品となっています。

ローカル局を中心に放映が始まったドラマは次第に話題を呼び、2019年冬クールの中で最高の癒し系ドラマだと評価されました。そして6月には全国で映画も公開され、11月にDVDが発売されています。

詳しくはこちら

「芝公園」のあらすじ

柴公園

都市開発が進む街の公園。柴犬を散歩するあたるパパ、じっちゃんパパ、さちこパパの中年おじさん達は、朝夕決まった時間にやって来るただの顔見知り。互いに犬の名前しか知らないフラットな関係です。この公園でひたすらダベっていることが彼らの日課なのです。

ドラマのあらすじ

第1~10話まで物語は続きますが、それぞれの回で完結するストーリーです。 物語の舞台がほぼ公園なので、エピソードも他愛もないものが多く、路上に放置されたフンの犯人を突き止める話や、注射が苦手な副院長の担当を避けようという話、あたるパパの柴犬が宝くじ売り場の店番をするや、大繁盛になるという展開だったり、とにかく日常でありがちな光景を描写していますね。

犬と暮らしている飼い主さんなら、普段の生活でも出くわしそうな等身大のストーリーが展開します。そういったほのぼのしたところが人気の秘密なのでしょうね。

映画のあらすじ

ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が!という展開から始まります。お相手は真っ白な柴犬ポチを連れたポチママという歳の離れた美人さん。

なかなか進展せず、もどかしい思いで2人を応援するじっちゃんパパとさちこパパでしたが、そんな時、あたるパパが謎のイケメンと密会しているのを目撃。そのイケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をする2人でしたが、さっぱり要領を得ません。いっぽう、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくることに。

あたるパパに接近してきたイケメンの正体も気になるところですが、ドラマでは紹介されなかったあたるパパの生い立ちもわかるようになっています。また、ポチママとの恋の行方は?といった感じで、ドラマ版とは違ったエピソードがちりばめられていますね。

あの名作「幼獣マメシバ」に登場した佐藤二朗さん演じる芝二郎と、豆柴の一郎も出演しています。

「柴公園」に出演された個性あるキャスト

柴公園

あたるパパ:渋川清彦

1974年7月生まれ。群馬県渋川市出身。

1998年、映画「ポルノスター」でデビュー。2013年に上映された「そして泥船はゆく」で映画初主演。 最近のテレビでは大河ドラマ「西郷どん」や「時効警察」などにも数多く出演しており、コメディからシリアスな役柄まで幅広くこなす個性派俳優さんです。

じっちゃんパパ:大西信満

1975年8月生まれ。神奈川県出身。

2003年、「赤目四十八瀧心中未遂」にて映画初出演にして初主演を務めて注目を浴びます。その後も「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」や「キャタピラー」などに出演して、難しい役どころを難なくこなす貴重な存在となっています。

さちこパパ:ドロンズ石本

1973年10月生まれ。広島県広島市出身。

1997年、お笑いコンビのドロンズ結成後、バラエティ「進め!電波少年」の中で「アメリカ大陸縦断の旅」に挑戦。一躍有名となります。 2003年にはドロンズは解散するものの、その後は映画やドラマに数多く出演するなど、その活動の幅を広げています。

ポチママ:桜井ユキ

1987年2月生まれ。福岡県出身。

24歳で芸能活動を開始。2013年には「寄生獣」「新宿スワン」「リアル鬼ごっこ」など話題作に立て続けに出演し、その存在感を発揮しました。 最近では2017年に映画初主演を果たし、2019年7月にはNHKよるドラ「だから私は推しました」で連続ドラマに初主演されました。

「芝公園」がまだの方は、ぜひDVDを!

柴公園

ドラマの放映も、映画の上映も終わってしまった「柴公園」ですが、「まだ見たことないよ!」という方には、DVDをおすすめしたいですね。テレビシリーズDVD-BOXと、劇場版DVDが発売されていますから、ぜひご覧になってくださいね!

Amazon商品ページはこちら



◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!