magazine

犬を迎える

2020.03.11

豆柴の子犬を迎えたら。魅力・ごはんの量・散歩やシャンプーを始める時期とは

豆柴の子犬をお迎えする場合、ペットショップや専門のブリーダーさん経由が多いでしょう。そうすると、生まれて数か月の子犬ですから、環境に慣れさせたり、おさんぽデビューしたり、健康管理をしたり、飼い主さんは考えることがいっぱいです。
今回は、豆柴の子犬が成長していく過程や健康管理、お散歩デビューの時期などについて解説します。

#柴犬

Author :明石則実/動物ライター

この記事をシェアする

豆柴の魅力とは?

豆柴 子犬

豆柴は、柴犬より体のサイズが小さいタイプの子たちを指します。
その愛くるしい雰囲気やコロコロした姿で、少し前から人気が急上昇しています。まずは、そんな豆柴の魅力から探っていきましょう。

CM出演や豆柴カフェなどで大活躍中!

かわいい豆柴の姿は、メディアなどでも頻繁に目にすることがありますよね。CMにも起用されていますし、図書カードのポスターモデルにもなっています。

さらには豆柴カフェも続々と全国で新規オープンしていますから、その人気はまさに全国区と言ってもいいのではないでしょうか。

身体の小ささは魅力のひとつ

最近は小型犬ブームということありますが、マンションなどの室内で飼育できる小型犬が非常に人気です。

日本犬の中でも柴犬は唯一の小型犬で、豆柴はさらに一回りから二回りほど小さい体格をしていますから、ちょうどトイプードルやミニチュアダックスフントを迎える感覚と同じなのでしょう。

身体の小ささから散歩をさせやすいということで、日本犬好きだけど大きいと飼いづらいな、という人からすれば、サイズ的にもちょうど良い具合というわけです。

豆柴の子犬|散歩やシャンプーデビューはいつがいい?

豆柴 子犬

トイレトレーニングや「マテ」「オスワリ」などのしつけは、家にお迎えしてからすぐに始めましょう。
では実際に、お散歩に連れて行き、シャンプーをするのは、いつから始めるのが良いのでしょうか。順を追って解説していきますね。

お散歩デビューは、すべてのワクチン接種後に

お散歩は全てのワクチン接種が終了する、月齢4か月あたりから始めるようにしましょう。最初はリードを繋いで室内で歩く練習をしながら、リーダーウォークを繰り返します。

また外出する際はいきなり歩かせずに、抱っこしたり、スリングバッグに入れて外の雰囲気に慣れさせるところから始めましょう。慣れてきたら実際に歩かせ、少しずつ歩く距離や時間を延ばしていくようにして下さい。

家庭の雰囲気に慣れてきたらシャンプーを

家族や家の雰囲気に慣れてきたら、シャンプーを始めてもかまいません。

最初は水を怖がると思いますので、出す水の量も加減しながら優しく体を濡らしてあげて下さい。また、不安にならないように「大丈夫だよ。気持ちいいね。」というふうに声を掛けてあげることもポイントの一つです。

シャンプーはなるべく低刺激性のものを使用してください。もしアトピーなどのアレルギー症状が見られるようであれば、皮膚バリア機能を維持させるペプチドシャンプーの使用をおすすめします。

皮膚の弱い子におすすめ。アトピー体質などをサポートするシャンプー

肌が弱い子には「ビルバック アデルミルペプチドシャンプー」がおすすめです。皮膚バリア機能の維持のために、セラミドやコレステロールなどが配合された皮膚に優しいシャンプーです。
使用を検討する際は、かならずかかりつけの獣医師に相談してからにしましょう。

Amazon商品ページはこちら

豆柴の子犬を迎えたら|ごはんの量はどのくらい?

豆柴 子犬

子犬から成犬になるまでに、ごはんの量は徐々に変わっています。webサイトなどには便利な計算式も公開されていますよ。

生後4か月で体重が1キロの子犬の場合、一日に必要なカロリーは約200kcalですから、100gあたり200kcalのフードを与えるとして、一日に約100gのフードが必要となりますね。一日二回に分けて与える場合、一度に50gのフードが必要だという計算になります。

おやつなどは計算に入れていないため、その分を考慮した上でフードの量を調整してあげて下さい。

豆柴の子犬と楽しい生活を

豆柴 子犬

豆柴と言えど、性格は柴犬とほとんど変わりませんし、必要なケアも同じと考えておきましょう。
魅力的な豆柴だからこそ、子犬を迎える際はしっかりと準備や心構えをする必要があります。家族みんなでしつけやお手入れ、散歩などに参加して、愛情たっぷりに育てることで、必ずや飼い主さんにとってオンリーワンな愛犬になってくれることでしょう。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 公開日:

    2020.02.04

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする