magazine

犬を迎える

2020.03.11

ニューファンドランドの子犬の成長スピードは?体重変化や散歩を始めるタイミング

飼い主想いで優しく、温和な性格の犬として知られているニューファンドランド。超大型犬のニューファンドランドは、成犬になるまでの期間が小型犬や中型犬と異なります。この記事では、ニューファンドランドの子犬の成長スピードや、育て方について詳しく解説していきます。

#ニューファンドランド

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

ニューファンドランドの子犬が生まれるまで

ニューファンドランド 子犬

はじめに、ニューファンドランドの妊娠期間や、一度の出産で生まれる子犬の数についてご紹介します。

妊娠期間

ニューファンドランドをはじめとした犬の妊娠期間は、交配から約63日です。交配から約1ヶ月すると、超音波検査により妊娠しているかが確認できます。妊娠中は元気がなくなる、食欲減退など、つわりのような症状が現れる場合もあります。

出産頭数

ニューファンドランドの場合、一度の出産で生まれる子犬の数は9頭ぐらいです。超大型犬のニューファンドランドは、小型犬や中型犬に比べて子宮が大きく、体内でたくさんの子犬を育てられるため、このように出産頭数が多いのです。

ニューファンドランドの成長スピード

ニューファンドランド 子犬

ニューファンドランドは、どのような成長過程を経て成犬になるのか、成長スピードについて見ていきましょう。

体重の変化

ニューファンドランドは、生後2ヶ月頃には体重が10kgにまでなります。生後3?5ヶ月頃までは成長が著しく、1ヶ月で10kgも体重が増えていき、生後5ヶ月頃には成犬時の1/2の体重にまで成長します。

生後5ヶ月以降は体重の増加が緩やかになりますが、まだまだ成長を続け、生後1年半?2年でようやく成長期が終わり、成犬の大きさになります。

ニューファンドランドの子犬を迎えたら

ニューファンドランド 子犬

ニューファンドランドの子犬のごはんの量や、初めてのことをしていくタイミングなど、育て方についてご紹介します。

ごはんの量

子犬用フードのパッケージには、体重や月齢に応じて1日の給与量が記載されています。ニューファンドランドの子犬に与えるごはんの量は、記載されている目安量を参考にして与えましょう。

成長がどんどん進んでいく生後3?5ヶ月頃は、成犬の約2倍もの栄養を必要としますが、ごはんの与えすぎで栄養過剰になると、早く成長しすぎて骨格の異常を起こすことがあります。そのため、食事量をしっかりと管理していくことが大切です。

初めてのことをしていくタイミング

散歩やシャンプー、しつけを始めていく時期について解説していきます。

散歩を始めるタイミング

免疫力がない子犬は、生後2ヶ月頃に1回目のワクチン接種をし、それから1ヶ月間隔で2回目、3回目と計3回にわたりワクチン接種をする必要があります。リードを付けて散歩を始めていかれるのは、生後4ヶ月頃に行う3回目のワクチン接種から2週間してからです。

しかし、ワクチン接種プログラムは社会化期(3週齢?12週齢)にかぶっています。さまざまなことに適応しやすい社会化期に家族以外の人や他の犬、車の音など、いろんなことに慣れさせて社会性を身に付けさせておかないと、将来的に問題を起こす可能性があります。

そのため本格的な散歩デビューまでは獣医師に相談のうえ、地面に歩かせないように抱っこ、もしくはキャリーバッグやキャリーカートに入れての散歩で、外のニオイや音に慣れさせていきましょう。

シャンプーを始めるタイミング

子犬のシャンプーを始めるのは、1回目のワクチン接種から1?2週間経ってからが望ましいです。子犬はシャンプーだけでも疲れやすいので、体調が安定しているときに行うようにしましょう。

何もかもが初めての子犬にとって、いきなりシャンプーをすると恐怖心を覚え、シャンプー嫌いになってしまうことがあります。そのため最初はお風呂場で遊ばせ、環境に慣れさせることから始めていきましょう。徐々にお風呂場に慣れてきたら、シャワーの音を聞かせる、部分洗いをするといったように段階的に慣らして、全身のシャンプーができるようにしていきます。

しつけを始めるタイミング

子犬を迎えた日から、しつけは始めていきましょう。社会化期はどんどん情報を吸収していくので、教えたことを覚えて習慣化しやすいからです。なお、社会化期をすぎてから子犬を迎えたとしても、幼齢であればあるほど適応力が高いので、しつけは早く始めるに越したことはありません。

子犬を迎えた日からスムーズにしつけを進めていかれるように、子犬を迎える前から家族の間で統一するルールを決めておくようにしましょう。

気を付けたい病気

子犬期から成犬期にかけて気を付けたい病気は、股関節形成不全です。股関節形成不全は、何らかの原因により股関節の形成に異常が起こり、股関節がかみ合わず関節内に炎症を引き起こす病気です。

遺伝的な要因でなることも多いですが、過剰な栄養摂取による急激な成長や体重の増加が、股関節の形成に悪影響を及ぼし発症に至っていることもあります。そのため、食事管理をしっかりとして予防することが大切です。

成犬との違い

賢くて理解力があり、落ち着いて過ごすことができるニューファンドランドですが、子犬のうちは好奇心旺盛でいたずら好きです。

とはいえ、ニューファンドランドは人が大好きで服従心が強いので、きちんとしつけをすれば温和で優しい成犬へと成長していきます。

ニューファンドランドの子犬を健康に育てよう

ニューファンドランド 子犬

ニューファンドランドは服従心が強く賢い性格なので、しつけは比較的しやすいと言われています。事前に家族で統一するルールを決め、子犬を迎えた日からしつけを始めていきましょう。また、子犬の成長期は体が作られていく大切な時期なので、食事管理をして適切な食事量を与えるようにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 公開日:

    2020.02.04

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする