magazine

犬を迎える

2020.03.11

チベタンマスティフの子犬はどう育つ?子犬から成犬までの体重変化や上手な育て方とは

チベタンマスティフは“まるでライオン”とも言われる力強い印象を持った魅力的な犬種です。子犬の頃から、被毛の密度が濃く、ムチムチで独特の雰囲気を持っています。ここでは、チベタンマスティフの子犬が産まれるまでの妊娠期間や生まれる頭数を紹介していきます。また、大型犬であるチベタンマスティフの子犬から成犬までの体重推移やはじめて〇〇を始めるタイミングについて詳しく解説していきます。

#チベタンマスティフ

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

チベタンマスティフの子犬が生まれるまで

チベタンマスティフ 子犬

チベタンマスティフの子犬を迎えることになると、ほとんどの人が可愛い子犬に夢中になります。しかし、その可愛い子犬も長い道のりを経てあなたの元へやってきます。ここでは、チベタンマスティフの子犬が生まれるまでの経過を解説していきます。

チベタンマスティフの妊娠期間

チベタンマスティフは妊娠期間は受精後から63日です。しかし、交配日が必ずしも受精日と一致するとは限らないので、明確な予定日を知るには、動物病院で超音波検査を実施しなくてはいけません。

チベタンマスティフの生まれる頭数

チベタンマスティフは平均して5~12匹の子犬が産まれる場合が多いです。犬が産む子犬の数は平均して5~8頭なので、他の犬種よりもチベタンマスティフのほうが子沢山であることがわかります。

チベタンマスティフが子犬から成犬になるまで

チベタンマスティフ 子犬

チベタンマスティフは超大型犬の中でも成長のスピードが非常に遅い犬種です。メスの方がオスよりも体が小さいの成犬のサイズに達するまでスピードが速いです。しかし、オスのチベタンマスティフはゆっくりと成長を続け、成犬になるのに5年以上かかることも少なくありません。

チベタンマスティフの子犬の体重の変化

チベタンマスティフは成犬になると60kg~80kgまでのサイズに成長する超大型犬です。チベタンマスティフの体重の増加は非常にゆっくりで、4~6年をかけてゆっくりと成犬のサイズにまで成長します。

子犬の被毛や体格の変化

チベタンマスティフの子犬はまるで毛玉のような愛らしい姿をしています。しかし、成犬になると被毛は長く伸び、まるでライオンのたてがみのように立派な姿になります。また、体には筋肉がつき、どっしりとした印象を与えます。

チベタンマスティフの子犬を迎えたら

チベタンマスティフ 子犬

チベタンマスティフの子犬が生後8週間を過ぎたら、いよいよ家に迎えることができます。チベタンマスティフが子犬の頃にどのような環境で過ごすかは、どのような成犬になるかを大きく影響します。そのため、しっかりと適切な環境を整えてあげることが大切です。ここでは、チベタンマスティフの子犬の育て方について詳しく解説していきます。

子犬へのごはんの与え方は?

チベタンマスティフの子犬は1日に4カップほどのごはんが必要です。しかし、フードの種類や材料によって必要な量は異なるので、必要な量を十分に確認しておくようにしましょう。

また、チベタンマスティフの成犬は少食気味の傾向がありますが、子犬のうちは3~4食をしっかりと食べさせるようにしましょう。十分に食べることは、健康な体を育むのに欠かせません。

チベタンマスティフとはじめての〇〇

チベタンマスティフの子犬を迎えたら、毎日がはじめてのことがいっぱいです。しかし、はじめてのことばかりだと、始めるタイミングを見極めるのは難しいですよね。ここでは、“チベタンマスティフのはじめての〇〇” と称して、はじめ期をご紹介してきます。

散歩を始めるタイミング

散歩を始めるのは全てのワクチンを終えてからにしましょう。ワクチンをすることでウイルスや感染症を予防し、子犬の命を守ることができます。ワクチンを終えるのは生後12週間頃ですが、念のためにワクチンを終えてから2週間は散歩を控えるように勧める獣医もいます。

シャンプーを始めるタイミング

シャンプーを始めるタイミングは決まっていません。子犬が汚れた時や必要に応じてシャンプーをするようにしましょう。

しつけを始めるタイミング

しつけは子犬を家に迎えた初日から始めるようにしましょう。トイレトレーニングや家のルールのしつけに早いうちから取り組むことで、好ましくない癖や問題行動の発生を防ぐことができますよ。

気を付けたい病気

チベタンマスティフの子犬は肘関節形成不全や股関節形成不全をの症状を発症することがよくあります。これらの病気は遺伝的要因で引き起こされることが多いため、事前に防ぐことは困難です。しかし、手術や環境の管理で、関節への負担を減らすことができます。

また、子犬は皮膚炎や外耳炎を発症してしまうこともよくあります。そのため、異変に気付いたら悪化しないように動物病院へ連れていき、治療に取り掛かることが大切です。

子犬と成犬との違いは?

子犬と成犬の最も大きな違いは、生活リズムです。子犬はごはんの回数やトイレをする回数が成犬よりも多く、はじめのうちは大変です。しかし、成犬に成長するとともに生活リズムが整います。その反面、成犬になると必要なお手入れや運動量が増えてしまうので、チベタンマスティフの年齢に合わせて飼育法を調整しなくてはいけません。

チベタンマスティフの子犬を立派な成犬に育てよう

チベタンマスティフ 子犬

ここでは、チベタンマスティフの子犬ついて紹介していきました。チベタンマスティフは他の犬種と比較して子沢山なのはとても興味深いですよね。また、子犬のうちにしっかりと環境を整えることが大切なので、子犬を迎える前にしっかりと備えるようにしましょう。しっかりと子犬を迎える準備をすることで、さらに立派に成犬に育て上げることができますよ。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 公開日:

    2020.02.17

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする