magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.02.24

犬も嫉妬することがある?嫉妬サインや飼い主としての正しい接し方とは

犬も嫉妬をすることがあるの?犬を飼っている人なら、一度は「もしかしてこの子いま嫉妬している?」と思った経験があるのではないでしょうか?ここでは、犬が嫉妬をすることはあるのか、嫉妬しているときのサインや、飼い主としての正しい接し方を解説していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

犬も嫉妬することがあるの?

犬 嫉妬

嫉妬する動物は人間だけであると長い間考えられていました。しかし、多くのブリーダーや愛犬家は犬も嫉妬するということを主張し続けました。あなたも、もしかすると嫉妬した愛犬を見たことがあるかもしれません。

最近では、犬が本当に嫉妬するということを実証する研究もされており、科学者が考えていた以上に犬の感情は豊かだということが分かってきました。

母犬が子犬に嫉妬することも

ブリーダーのなかには、母犬が子犬に嫉妬する光景を目撃したことがあると言う人もいます。子犬が生まれる直前までは妊娠中の母犬にたっぷりと愛情が注がれますが、子犬が生まれるとブリーダーの注目は子犬に向けられます。そのため、母犬は嫉妬して子犬を無視したり攻撃的になったりしてしまうことがあるというのです。

犬が嫉妬することを実験で実証

最近では犬が嫉妬することが研究により実証されています。オーストリア、ウィーン大学の実験が最も有名です。

教授は二匹の犬に「お手」を教え、二匹を同じ部屋に入れて順番に「お手」をするように指示し、片方の犬だけにおやつを与え続けました。

お手をしておやつをもらっている犬がいるのに、自分はおやつをもらえないのを目撃したもう一方の犬は、苛立ち、次第にお手をしなくなってしまいました。

その後、犬を一匹ずつ別々の部屋に入れ、どちらの犬にもおやつを与えずに反復的にお手をさせたところ、先ほどおやつを貰えなかったほうの犬の方がより長く継続してお手をしたのです。

この犬はおやつをもらえないからお手をしなくなったのではなく、別の犬だけおやつをもらえることに嫉妬したからお手をしなくったことが分かってきます。

犬が嫉妬してるサインとは?

犬 嫉妬

犬は飼い主が他の人や犬に接しているときに嫉妬の素振りを見せることがあります。ここでは、犬が嫉妬しているサインを紹介していきます。犬の嫉妬のサインを知り、犬の嫉妬に適切に対処できるようにしてくださいね。

攻撃的になる

犬が嫉妬すると、攻撃的になってしまうことがあります。攻撃的になることで、嫉妬している相手を遠ざけようとするのです。普段よりも攻撃的になることで、周りの犬や人が怪我をしてしまうことがあるので注意が必要です。

飼い主の気を引く行動を取る

犬は嫉妬すると飼い主の気を必死で引こうとします。飼い主に体をすり寄せたり、お気に入りの芸を披露して飼い主に褒めてもらおうとします。また、無駄吠えがひどくなったり、家の中でトイレをしたりするなど、飼い主の気を引きたいがために問題行動に発展してしまうこともあります。

犬が嫉妬しないようにする方法とは?

犬 嫉妬

犬の嫉妬は問題行動を引き起こしてしまうことがあります。そのため、飼い主がしっかりと嫉妬対策に取り組み、周りの人や犬の安全を守らなければいけません。ここでは、犬が嫉妬しないようにする方法を詳しく解説していきます。

全ての犬に平等に接するように

犬が他の犬に嫉妬しているのであれば、飼い主が全ての人に平等に接することを心がけるようにしましょう。一匹の犬だけにおやつやおもちゃを与えることはせず、全ての犬に均等に与えるようにすることが大切です。

クレートで落ち着く時間を確保しよう

犬と一対一で訓練や遊びに取り組みたいのであれば、もう一方の犬はクレートで休ませるようにしましょう。クレート中で落ち着くことを犬に教えることで嫉妬を防ぎ、周りの犬だけではなく嫉妬する犬自身をもリラックスさせてあげることができます。

犬が気を引こうとしているときは無視する

犬が嫉妬して飼い主の気を引こうとしているのであれば、飼い主は犬を無視することが大切です。犬が気を引こうとしているときに飼い主が犬に注目すると、犬はその行動をやめなくなってしまいます。犬の問題行動を無視することで、犬はその問題行動に意味がないということを理解し、繰り返し行うのを防ぐことができます。

犬の嫉妬を防いで平和な生活を

犬 嫉妬

ここでは、犬が嫉妬するのかについて詳しく解説していきました。犬は人と同じように他の犬や人に対して嫉妬することがあります。そのため、犬の嫉妬のサインに注意し、犬が嫉妬しないように工夫をすることが大切です。犬の嫉妬対策に取り組み、犬との平和な生活を楽しんでくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.02.24

この記事をシェアする