magazine

白と茶色の毛の犬が体温が高く飼い主の膝の上で眠っている
健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.11.19

犬の平熱は何度?体温の測り方・病院に行くべき症状とは【獣医師監修】

うちの犬、もしかして発熱している?ふと犬に触れたときに「いつもより熱いかも」と、犬の体温が気になったことのある方は多いのではないでしょうか?犬も病気になると発熱してしまう場合があるので、犬の平熱を把握し、犬の体温を日頃から意識しておくことが大切です。
ここでは、犬の平熱や体温の測り方についてご解説していきます。また、体温異常の際に疑われる病気もご紹介していきます。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:ルエス 杏鈴/犬訓練士)

犬の体温を知っている?平熱を把握しよう

茶色の毛の犬が青いソファの上で伏せをしている

体温は犬の健康を把握するためのバロメーターとなるので、犬の平熱を把握しておくと便利です。ところで、犬の平熱は何度程度なのでしょうか?ここでは、犬の平熱について詳しくご解説していきます。

健康的な犬の平熱は38~39℃くらい

健康的な犬の平熱は38~39℃くらいと、人の平熱より数度高いのが特徴です。一般的には39℃以上で微熱、40℃以上で発熱していると言われます。

年齢・犬種による個体差

犬の年齢や犬種によって平熱に±1℃程度の差があり、子犬よりも高齢犬、小型犬よりも大型犬のほうが平熱が低い傾向があります。また、犬の平熱にも個体差があるので、日頃から体温測定を行い、愛犬の平熱を把握するようにしましょう。

1日のうちにも変動

1日のうちにも±1℃程度も平熱が変動することがあります。体温は基本的に朝起きたばかりの時間が一番低く、4時~6時頃の夕方に一番高くなります。

運動後や興奮状態のときは体温が高くなる

犬は運動後や興奮をした際に、40℃近くにまで体温が上昇する場合があります。この場合、犬が落ち着けば体温は自然と平熱に下がるので、心配する必要はありません。

病気の場合は体温が上昇する

犬は人と同じで、病気になったときにも体温が上昇します。体温が高いだけではなく、ぐったりとしていたり、下痢をしていたりなどほかの症状を発症している場合は病気の可能性が高いので、犬を動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の体温の測り方・体温計の使い方

ベージュの毛の犬が体温を計るために診察台の上に乗っている

人間は脇の下や口で体温を測りますが、犬の場合はどうなのでしょうか。ここでは、犬の体温の計り方と平熱についてご紹介します。

直腸温を測る方法

犬にも、犬専用の体温計があります。犬の場合、脇の下で計るのではなく、お尻の穴に体温計を入れ、直腸温で体温を測ります。犬の肛門に体温計を2~3cm程水平に差し込み、直腸を傷つけないようにゆっくりと優しく差し込んでいきます。

体温を測る際は、専用のカバーを使用し、潤滑油を付けてから肛門に挿入することで、スムーズに体温を測ることができます。

慣れないうちは、体温測定中に愛犬が動いてしまうことも考えられます。その場合、体温計が途中で抜け落ちてしまったり、体温計で直腸を傷つけてしまう危険性があるため、体温がきっちりと測定できるまで、尻尾と体温計を一緒に握るようにして持っておくといいでしょう。

また、最初は飼い主さん1人で行わず、動物病院等でお手本を見せてもらうといいでしょう

耳で測るタイプの体温計

もし、肛門に体温計を挿入することに抵抗がある場合・愛犬が落ち着きがない場合には、耳で計る体温計を使用しても問題ありません。ただし、私たちと同じように耳で測定する体温計は、鼓膜から出る赤外線をセンサーで感知して測るため、測定箇所によって誤差が出ることもあるため、何度か測るようにしましょう。

体温計を使わない場合

犬が体温計を使うことで興奮してしまう場合は、正確に体温を測定できなくなるため、無理に体温計を使うことはやめましょう。体温計を使えない場合には、耳・わきの下・お腹を触ってみて、いつもより熱くないか?冷たくないか?をチェックするようにしましょう。

犬の体温が平熱より高い場合

グレーと白の毛の犬の体温が高くてぐったりとしている

平熱よりも体温が高い場合は、細菌やウイルスによる感染症、中毒、炎症性の病気、熱中症など、さまざまな病気が疑われます。ここでは、犬が発熱をしているときの症状、考えられる病気、対処法についてご解説していきます

見られる症状

犬が発熱しているときは、主に以下のような症状が見られます。

  • 呼吸が荒い
  • 元気がなく寝てばかりいる
  • 舌が赤い
  • ふらつく
  • 耳が普段より熱くなっている

疑われる病気

犬の体温が平熱よりも高いときに疑われる病気について詳しく見ていきましょう。

熱中症

熱中症とは体温が上昇し、脱水が進むことで血液が凝縮され血圧が下がる病気です。熱中症の犬はハァハァと苦しそうに呼吸をし、ぐったりとします。そのまま放置しておくと犬は昏睡状態に陥ったり、最悪の場合は命を失う場合もあるので、早急に治療をすることが大切です。

感染症・細菌感染

感染症にはジステンパーやバルボウイルスなど様々な種類があります。このような病気に感染してしまった場合、犬は激しい嘔吐を繰り返したり、ぐったりとしたりなどの症状を発症します。

また、細菌が傷口などを通って体内に侵入し細菌感染をおこすと、傷口が化膿したり全身が免疫反応を起こすことで発熱する場合があります。

悪性腫瘍

犬の悪性腫瘍にはリンパ腫や血管肉腫など様々な種類があり、体の様々な部位でできる可能性があります。そのため、発熱の他にも様々な症状を発症します。悪性腫瘍はそのままにしておくと犬の命を奪う恐ろしい病気なので、必ず動物病院で受診するようにしましょう。

特発性多発性関節炎

特発性多発性関節炎とは、犬の自己免疫の異常が原因で複数の関節に炎症が生じる病気です。特発性多発性関節炎の犬は発熱以外にも関節の痛みなどの症状があり、犬が歩きにくそうにしていたり動きたがらない場合は要注意です。

その他

発熱から考えられる犬の病気はたくさんあります。例えば、犬がチョコレートなどの中毒性の高いものを食べてしまって発熱することがあります。

また、急性肝炎などの場合でも発熱をする場合があります。愛犬が発熱した場合はその前後の様子を明確に獣医師に伝え、正確に診断してもらえるようにしましょう。

犬の体温の下げ方

熱中症の場合においては、とにかく体を冷やしてできるだけ体温を下げることが最優先です。水で濡らしたタオルや水をかけて体を冷やしたり、タオルに包んだ保冷剤を太い血管が通っている脇の下や鼠蹊部(そけいぶ)に挟んで体温を下げたりして応急処置をしましょう。その後、早めに動物病院に連れて行きましょう。

40℃を超えたら病院へ

人間と同様、犬も体温が40度以上になっていたら緊急を要する状態です。急激な脱水症状を起こす場合もあるので、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。もし夜間で診療時間外だった場合は、最寄りの夜間救急動物病院に連絡して連れて行きましょう。

犬の体温が平熱より低い場合

白と茶色の毛の犬の体温が低くて元気がない

犬の体温が平熱よりも低い場合も要注意です。ここでは、犬の体温が低い時の症状や疑われる病気についてご解説していきます。

犬に見られる症状

犬の体温が低い場合は、主に以下のような症状が見られます。

  • 体が冷たい
  • 体が震えている
  • 元気がない
  • 食欲不振
  • 血圧の低下
  • 筋肉の硬直

疑われる病気

犬の体温が平熱よりも低いときに疑われる病気を詳しく見ていきましょう。

低体温症

低体温症とは犬の体温が37.5℃よりも低下し、身体が冷たくなってしまう病気です。低体温症は犬をぐったりさせるだけではなく、凍傷などを引き起こす場合があります。低体温症は犬が寒い場所で長時間過ごしたり、怪我をしたりしたことが原因で引き起こされます。

甲状腺機能低下症・その他

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が低下し、犬が疲れやすくなったり、顔が腫れたりなどの症状を発症する病気です。甲状腺機能低下症は腫瘍をはじめとするほかの病気が原因で引き起こされる場合が多いので、必ず獣医師と原因を突き止めることが大切です。

身体を温める方法

低体温になってしまったときは、愛犬の体を毛布でくるんだり、湯たんぽやペット用ホットカーペットなどを使ったりして体を温めてあげましょう。また、加湿しながら室温を暖かく保つ必要もあります。

そして、体の外側からだけでなく、体の内側から温めることも大切です。食欲があれば、チキンの煮汁などを飲ませて温めてあげましょう。 なお、場合によっては点滴が必要なこともあるので、早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

36.6℃以下なら病院へ

犬の体温が急激に低下してしまうと、発熱している時と同じくらい急を要します。犬の体温が36.6℃以下になれば、犬の命が危険な状態なので、速やかに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の体温異常が起きやすい特徴とは?

ベージュの毛の犬が芝生の上でお座りをしている

どんな犬でも体温異常を起こしてしまう可能性はありますが、その中でも特に注意が必要な犬もいます。体温調整が苦手な犬の特徴を把握し、適切な環境管理ができるようにしましょう。

短頭種

犬は舌を出してハァハァと息をする「パンティング」で体温の調整を行います。しかし、短頭種は口腔内が他の犬種よりも狭く、パンティングで効果的に体温調整をすることができません。そのため、体温が上昇しやすく、熱中症のリスクが他の犬種よりも高いので注意が必要です。

肥満の犬

肥満の犬は健康体の犬よりも気道が圧迫されてしまうため、パンティングが効果的にできず、体温調整を上手に行うことができません。また、皮下脂肪が多いと熱が体内にこもりやすく、体温が上昇しやすいです。

大型犬

大型犬は肺が大きいので、肺の中に高温の空気が溜まりやすく、体温が上昇しやすいのが特徴です。運動後は特に空気を吸い込む量が増えるので、暑い時間の運動はなるべく避けるようにしましょう。

寒い地方出身の犬種

寒い地方出身の犬種は厳しい寒さに耐えられる、ふさふさな被毛が特徴です。寒い場所では、体の熱を逃がさないようにこの被毛が大活躍するのですが、気温が高めの地域では逆に熱が放出できず、体温を上昇させてしまう場合があります。

室内飼いの犬

空気が常にちょうどいい気温に保たれている室内で過ごしている犬は、自分で体温調整を行うことが少ないため、上手に自分で体温調整ができない場合があります。

シニア犬・持病がある犬

シニア犬や持病がある犬は体温調整が上手にできず、体温が外気温の影響を受けてしまう場合があります。そのため、日頃から温度調整を念入りに行い、犬が安全快適に過ごせるようにしましょう。

犬の体温に関するQ&A

ベージュの毛の犬が芝生の上でお座りをしていて首を傾げている

ここでは、犬の体温に関する疑問について詳しくお答えしていきます。

人間用の体温計を使ってもいいの?

できれば動物用の体温計を使うことが望ましいとされていますが、もし手に入らない場合はデジタル式であれば人間用の体温計で代用することも可能となります。水銀タイプは割れたりすると危ないのでやめましょう。

また、人間用の体温計を用いる場合は、衛生上の観点から、犬と人で体温計を共用せずに、必ず使い分けるように注意しましょう。

発熱の際、人間だと様子を見ることもあるけど、犬も様子を見ていいの?

犬が運動後で体温が上がっていて、すぐに体温が低下した場合は心配する必要はありません。また、犬の体温が40℃以下で、発熱以外の他の症状がない場合はそのまま様子を見て大丈夫です。

しかし、犬がぐったりとしていたり、熱がなかなか下がらない場合は動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の体温を把握して体調をチェック!

グレーと白の毛の犬が遠くを見つめている

ここでは犬の平熱や体温の測り方について解説していきました。犬は人よりも平熱がやや高く、触ったときに温かいのが特徴です。
しかし、それでも病気になったり運動の直後は人と同様に体温に異常が生じてしまう場合があるので、日頃から犬の体温を確認しておくことがとても大切です。
みなさんも愛犬の平熱を把握し、犬の体のちょっとした変化も感じ取れるようにしましょう。

参考文献
  • 公開日:

    2020.02.10

  • 更新日:

    2021.11.19

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。